2009/10/2 | 投稿者: こたつねこ

はい、今回はお湯パーマでバンスのクセを矯正してみたので、それを。

クリックすると元のサイズで表示します

↓元々はサイドテールがこんな感じに「ピョーン」となってました。
クリックすると元のサイズで表示します

DD等をお持ちの方ならば経験があると思いますが、ウイッグって最初から変なクセがついてる事が多いです。
生産上のバラつきとか、構造上の仕様とか理由はいろいろですけど。

今回もそれなワケですが、このウイッグは耐熱仕様なのでお湯パーマでレッツ修正です。

↓矯正方向を間違えないよう、円筒状の物に巻きつけてラップで覆います。
で、お湯をはった鍋にドボン。
クリックすると元のサイズで表示します

お湯の温度は小さい泡が出てきた程度。
お湯に浸してる時間は30秒くらい。
なお、これは私のやり方なので、あくまで参考程度にて。
ちなみにコンロで煮ながらは絶対にダメ。チリチリになります。

↓出来上がり。
やっぱり、顔に向いてる方が見栄えがいいかなー、と。
クリックすると元のサイズで表示します

基本的には耐熱ウイッグが前提ですが、ノーマルでも一応成功したことはあります(舞のウイッグとか)。
が、もし、実践される方がいらっしゃっても、自己責任にてお願いしますね。
9




AutoPage最新お知らせ