イナバウアー阻止

2010/1/30 | 投稿者: こたつねこ

はい、今回もまたラップを使った保持力強化のプチ改造など。
↓のような、膝立ちのポージングの際に役に立つと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

↓改造は丸円の箇所。
クリックすると元のサイズで表示します

ラップを挟むため、まずは分解。
1.足首を外す
2.フトモモの外皮パーツを外す

外皮を外す際、写真のようにひねって、下にぴっぱると簡単に外れます。
外すと右の状態。
クリックすると元のサイズで表示します

次にネジを2箇所外します。
ただ、Aで示したパーツが接着剤で固定されてるため、パーツ単位にバラせません。

都合、ラップを挟むスペースが確保できればいいので、力を加えスキマを作ります。
クリックすると元のサイズで表示します

挟むラップは約3×3cm四方にカット、2回折って1.5×1.5cm四方に。
ラップを隙間にはさみ、ネジ締め。
元に戻して完了です。
クリックすると元のサイズで表示します

片足の作業が終わった時点で、比べてみると違いがわかりやすいですよ。

なお、DD素体はロットによって関節強度のブレが大きいので、これでも緩い場合は、ラップの折数を増やして厚くするといいですね。
逆の場合は最初から1.5cm四方で切るか、やる必要無し。

本当は足首もやろうと思ったのですけど、ガワが外れない罠。

クリックすると元のサイズで表示します
7



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ