ブルトレ撮影の鉄道ファンが死亡

2008/11/29 | 投稿者: 7000系元白帯車

ヤフーのトップにもなるぐらいのニュースでしたが、本日朝、東海道線茅ヶ崎駅付近の踏切で廃止が噂される「富士・はやぶさ」の撮影に来ていたと思われる鉄道ファンが、撮影用の三脚を踏切内でセットして撮影しようとしたところ、三脚が線路に倒れて直そうと線路内に入り込んだら、併走中の貨物列車に轢かれて死亡したようです。
しかしなんであれほど言ってるのに踏切内で撮影を試みるのでしょうか・・・
よく罵声合戦が行われる大宮駅とかもそうですが、これで撮影規制が掛かってしまったらどうしろと・・・
これから半年、日本は鉄道フィーバーに包まれることが予想されます。0系の引退、私鉄ながら全国的に人気なパノラマカーの引退、富士・はやぶさの廃止(確実)など・・・
明日は日本の高度経済成長以降を支えてきた世界の新幹線・0系の営業最終日という大切な日です。ホームからの転落事故だと起きてほしくないものです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ