入鹿用水跡や謎の石碑

2009/1/30 | 投稿者: 7000系元白帯車

ちょっと間が空きましたが、小牧市特集の続きです。

本庄小学校南方・文津のあたりで撮ったのですが、そのあたりはあまりなじみが無いのではっきりした場所は分かりません。
かつて入鹿用水がちゃんとした用水だった頃は、道路のギリギリまで迫っていたんでしょうね。
かつての幅が伺える道路脇の石
かつての幅が伺える道路脇の石 posted by (C)7000系元白帯車

昔は小松寺あたりの入鹿用水でザリガニなどの生物を獲ったんですがね・・・。今では狭く深くなって流れもなくなり、単なる汚いドブと化しています。
狭くなった入鹿用水と注意看板
狭くなった入鹿用水と注意看板 posted by (C)7000系元白帯車

その入鹿用水の脇の茂みに謎の石碑が・・・私では解読不能です。ただ裏を見ると“日”“清”“戦”という感じが目に付きますが、日清戦争に関係しているのでしょうか? 
石碑表
石碑表 posted by (C)7000系元白帯車
石碑裏
石碑裏 posted by (C)7000系元白帯車

明治40年(1907年)建いうことで、なんと102年前に建立された石碑です!!! 日清戦争が終わってから10年以上が経ってから建てられたそうですが、何の目的だったのでしょうか?
明治40年建立
明治40年建立 posted by (C)7000系元白帯車

そこからかなり西に歩き、小松寺あたりに出ました。工事予告看板が立っていますが、ここも“入鹿用水おしゃべり小径”になるのでしょうか?
入鹿用水跡歩道
入鹿用水跡歩道 posted by (C)7000系元白帯車

今回撮影した写真は場所をはっきり覚えておらず、かつ地図を貼るとブログトップページが重くなるのでやめました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ