鉄仮面ロングシート改造車 6048F

2009/9/30 | 投稿者: 7000系元白帯車

1984年に6000系7次車として初めて“鉄仮面”スタイルでデビューした6048F。登場から約10年後の1990年代半ばに、将来の6000系列全車ロングシート化を見据えての試作を兼ねたロングシート改造が行われました。
しかし1990年代の6000系列のロングシート改造はこの6048F、6804F、6500系鉄仮面車の一部を最後に中止されました。

これらの編成は当初からドア間がセミクロスシートであったため、クロスシート部分を撤去して従来からのロングシートと接続する方法での改造となりました。
なので、このように仕切の金属棒が残っています。
DSCN9024
DSCN9024 posted by (C)7000系元白帯車

運転席後ろの元からのロングシートは撤去され、車いすスペースが造られています。
6048F運転席後部車いすスペース
6048F運転席後部車いすスペース posted by (C)7000系元白帯車


DSCN9020
DSCN9020 posted by (C)7000系元白帯車
DSCN9028
DSCN9028 posted by (C)7000系元白帯車
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ