2007/12/8 | 投稿者: 7000系元白帯車

色が退色しきった大きな看板があります。
リトルワールド・明治村看板
リトルワールド・明治村看板 posted by (C)7000系元白帯車

新羽島駅構内からはこのように東海道新幹線岐阜羽島駅ホームを確認することができます。この駅、利用客が少ないくせに無駄に広いのですが、この駅が本領を発揮するのは、冬の雪の季節なのです。関ヶ原越えが出来なくなった車両達を留置できるようになっています。
新幹線岐阜羽島駅
新幹線岐阜羽島駅 posted by (C)7000系元白帯車

東京行きの「ひかり」300系が停車中です。新幹線のモーター音はデカイので、VVVFインバーターの特徴的な音を容易に聞くことができます。
岐阜羽島駅に停車する300系
岐阜羽島駅に停車する300系 posted by (C)7000系元白帯車

名鉄に戻りますが、江吉良駅を出てすぐにはかつて大須方面に伸びていた竹鼻線の廃線跡を見ることができます。江吉良〜大須も廃止から早6年が経過しましたが、まだ大分残っています。
竹鼻線旧大須方面廃線跡
竹鼻線旧大須方面廃線跡 posted by (C)7000系元白帯車
0

2007/12/8 | 投稿者: 7000系元白帯車

無人化前は懐かしい書体の看板がありましたが・・・
「新幹線のりかえ」看板
「新幹線のりかえ」看板 posted by (C)7000系元白帯車

※新羽島駅から一宮行きの電車は出ていません。
「笠松・岐阜・一宮方面」看板
「笠松・岐阜・一宮方面」看板 posted by (C)7000系元白帯車

無人化された後は普通の看板に変わってしまいました。しかし伝統は一部受け継がれているようで、新羽島駅からは出ていないはずの「名古屋方面」との表記があります。以前は上の写真のように「一宮方面」でした。
マグサイン入り新看板
ピクトグラム入り新看板 posted by (C)7000系元白帯車
0

2007/12/8 | 投稿者: 7000系元白帯車

新羽島駅は新幹線の岐阜羽島駅と隣接しているのですが、乗客はとても少なく、今年ついに無人化されました。
新羽島駅改札
新羽島駅改札 posted by (C)7000系元白帯車

ホーム高さを新幹線のホームに合わせたかったのかどうか知りませんが、無駄に長い階段を上がらされます。
新羽島駅階段
新羽島駅階段 posted by (C)7000系元白帯車

新羽島駅ホームは一面一線です。2002年の1月の大雪の時に3100系がスリップして危うく高架から落ちそうになる事故がありました。その影響が現在でも出ており、停車位置がかなり奥です。
新羽島駅ホーム
新羽島駅ホーム posted by (C)7000系元白帯車
0

2007/12/8 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日は名鉄で一編成しか存在しない異端児7100系7101Fの特集を行います!
この車両の種車は1975年に7000系7050型7100番台に製造されましたが、1984年に7101と7104に6000系風の運転台を取り付けて改造されました。当初は7102、7103を中間車として組み込み4両編成で走っていましたが、後に2両となり、最近では三河線ワンマン対応改造を受けました。なので現在は三河線から出ることは稀だったのですが、つい一ヶ月ほど前に1800系ループ運用の代走に入り、竹鼻線の運用に就きました(現在はループ運用を外れた模様)
その時の写真を紹介します。

一応標準装備の幕なので、「新羽島」とかもちゃんとあります。先頭部は6000系と似ていますが、ライトは6500系一次車にかつて付けられていたもの、6000系八次車に現在付けられているものです。
7101F@笠松
7101F@笠松 posted by (C)7000系元白帯車

車内は改造前とほとんど変わっていません。カーテンはワンマン化工事の時に変えられました。
7101F車内
7101F車内 posted by (C)7000系元白帯車

7100系の運転席の後ろ部分です。3人掛けのロングシートになっています。しかし、この柄の化粧板がこんなに貼られているとちょっと不気味です。
7101F運転席後ろ
7101F運転席後ろ posted by (C)7000系元白帯車

銘板は種車が製造された1975年に取り付けられたものです。
7101F銘板
7101F銘板 posted by (C)7000系元白帯車

座席の形状は登場時と変化がなく、肘掛けのデザインもかなり古く感じられます。
7101Fボックスシート
7101Fボックスシート posted by (C)7000系元白帯車
0




AutoPage最新お知らせ