2008/9/17 | 投稿者: 7000系元白帯車

さよなら運転もまもなくフィナーレを迎えます。
名鉄一の有名撮影スポットと言っても良い神宮前駅は果たしてどんな状況になっているのか?と思って撮影してみました。
ぬぁんじゃぁこりゃああ!!!!
車内からは今日最大のどよめきが起こっていました。
てかこれ、後の方の人ちゃんと撮れているのか?
神宮前も黄線の上は撮影者で埋まっていました。
神宮前駅お立ち台
神宮前駅お立ち台 posted by (C)7000系元白帯車

ここから金山までは乗務員さんの感動のアナウンスがあります。
「皆様本日はありがとうP67000系パノラマカーの6両さよなら運転に乗車いただきました誠に有り難うございました。まもなく終点の金山でございます。
ただいまP6で営業運転をできる唯一の組成となっておりますこの7007編成ですけれども、本日には廃車準備のため舞木検査場へと入ります。この乗車機会を、最後の乗車機会を皆様とご一緒できて、私たち係員一同嬉しく思っております。
なおこのイベント、運営にあたりまして、皆様私ども係員の案内誘導に従いまして、無事無事故で終わることが出来そうです。ご協力誠に有り難うございました。今後とも、皆様の笑顔を見るために、私たちイベントを考えてまりますので、今後も名古屋鉄道・ご愛顧賜りますように、どうぞ宜しくお願いします。
パチパチパチパチパチパチ。。。。(車内から惜しみない大拍手!!!!!)
このアナウンスと、最後の大拍手に私は鳥肌が立ちました・・・

さあ、7007Fはついに終点金山に到着!!!
もちろんここでも鉄の方々のカメラの砲列を浴びながら入線しました。

このイベントを往復とも運転した運転士が多くの皆さんに迎えられて降車です!! ここでも大拍手でした!!
運転士降車
運転士降車 posted by (C)7000系元白帯車

そして7007Fは構内運転士の手により、ミュージックホーンフルコーラスで北側の留置線へと回送です。
パチパチパチ・・・アリガトッー!!! オツカレッー!!! パチパチパチ・・・と、大きな拍手で7007Fは見送られていきました。本当に感動的でした。

それから約20分後、7007Fは豊明経由で舞木検査場へと旅立っていきました。ここでの写真撮影はありません(一応ビデオは撮りましたが)。ここでは先程の留置線への回送の時以上に、今日一番の大拍手によって送り出しが行われました。一部泣いている人もいました・・・ めっちゃ鳥肌モノでした・・・。
車内ではこのイベントを支えてくれた係員の方が反省会を行ってました。どうやら豊明で打ち上げっぽく記念撮影会とかやっていたそうで・・・。


P.S:2008年平成20年9月14日日曜日、47年間続いた名鉄7000系パノラマカーの6両編成の歴史は幕を閉じました。
最後に残ったのは1・2・5・6号車が1962年製の二次車、3・4号車が1975年製の九次車で構成された7007F。今残っているパノラマカーの中では唯一の非解結編成で、一番登場時の姿を保っているはずです。
まだ多くの編成が残っていた2007年春までは正直陰が薄かった7007F。2007年夏頃に火災事故を起こし廃車の危機に陥りました。しかし11月には重要部検査を受けて奇跡の復活を遂げました。それ以後はパノラマカーがどんどん消え、一躍注目編成になりました。
2008年6月のダイヤ改正以後は主に予備編成として唯一のこったP6編成として多くのファンの脚光を浴びました。7月20日は団体列車としても活躍しました。
他の編成が陰で引退していく中で、重要部検査を受けたばかりの綺麗な姿でさよなら運転というイベントで引退できるってのは本当に幸せだと思います。

多くのファンの案内誘導を行ってくれた係員の皆さん、沿線含めて参加者の皆さん、そして・・・主役の7007F!!!  本当におつかれさまでした!!!

鉄道には興味のないはずの我が嫁も大満足のようでしたよ! 名鉄さん、これからもガンガンとイベント宜しく!!
0

2008/9/17 | 投稿者: 7000系元白帯車

さよなら運転も前半を終え、ついに後半がスタートしました。
復路も多くの乗客を乗せ出発しました。1号車、6号車はすし詰め状態、その他の車両も立ち客で通路は埋まりました。私たちは何とか座席を確保!
最初の長時間停車駅は富貴。ここでは特急を待避しますが、構内踏切の凄いこと・・・。と言うわけで私は半田方から撮影しました。
7007F7008@富貴
7007F7008@富貴 posted by (C)7000系元白帯車

半田方もこの人の数です
富貴駅に集まるファン
富貴駅に集まるファン posted by (C)7000系元白帯車

復路も快調な走りを見せて続いての長時間停車駅・阿久比に到着です。駅北側の陸橋は往路ほどではなかったですが、それでも多くの撮影者で賑わっていました。その代わり、待避線横の駐輪場からの撮影者が多かったです。
7007F7008@阿久比
7007F7008@阿久比 posted by (C)7000系元白帯車

往路と同じく特急停車駅の知多半田を通過しましたが、復路は太田川に停車。ここもどえらい数の撮影者でした。ホームの点字ブロックの上はほとんど撮影者で占めてました
そしてついに最後の長時間停車駅である大江に到着。約1ヶ月後にはここに戻ってくることになるのか? 乗車組にとってはゆっくり撮影できるのは最後ということで、運転席ドア開放も行われてホームは人で溢れました。
7008運転席ドア開放
7008運転席ドア開放 posted by (C)7000系元白帯車


さあ、さよなら運転復路「ありがとうP6」号走行区間はあとわずかに!!!
0




AutoPage最新お知らせ