踏切事故から復活 3525F

2010/8/21 | 投稿者: 7000系元白帯車

2週間ほど前の夜、名古屋本線の宇頭〜新安城の踏切を通過中に3525Fの前から2両目の3575号車の側面に飲酒運転の車が追突しました。

3525Fはその後舞木検査場に入場し修理を受けていましたが、修復されて運用に戻っているのを確認しました。
DSC01239
DSC01239 posted by (C)7000系元白帯車

車に突撃されたと思われる床下部分はちょっと綺麗になっています。
DSC01240
DSC01240 posted by (C)7000系元白帯車

一方、7月11日に黒田〜木曽川堤の踏切で軽トラに衝突し、先頭部が一部炎上した6501Fは重傷だったようで、事故から1ヶ月以上経った今でも舞木検査場に入場しています。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ