2009/10/17 | 投稿者: 7000系元白帯車

去る10月12日の航空自衛隊岐阜基地の航空祭は好天に恵まれて多くの人が来場されたと思います。
私は残念ながら当日は小学校連区の運動会だったので、木曽川を挟んだ向こうから聞こえる、かすかなエンジン音だけを楽しみました(^_^;

航空祭の目玉といえば、華麗な飛行展示をする「ブルーインパルス」。航空祭前日、各務原線に乗っていたとき、翌日に向けて最終調整をするブルーインパルスの飛行隊を見ることができました。
少しでも操縦をミスすると大惨事に繋がってしまうような編隊飛行は、車内の乗客の目を完全に奪っていました。

そして犬山駅に到着すると、上空では実際にスモークを出して練習をしている姿がありました。
雲一つない秋晴れの空に、真っ白なスモーク。そして架線柱と、芸術そのものを醸し出しています。
翌日も素晴らしい青空で、ブルーの演技を見学した多くの子供たちは目を輝かせていたことと思います。
DSCN9386
DSCN9386 posted by (C)7000系元白帯車

・・・小牧基地ブルーインパルスの飛行を無理強い中止にして、地元の子供たちの夢をぶち壊したクソ市民団体よ、死んで償えや!!!

★☆皆さん、F5連打でもなんでもやってやりましょう☆★
19

2008/5/31 | 投稿者: 7000系元白帯車

1959年より1989年のデザイン変更があったものの49年間日本の空を飛び続けてきた日本航空の「鶴丸」塗装機が先程ラストフライトを終えてしまいました。
国際線のラストであったJA603J(B763ER)は一足先にラストフライトを終えていますが、今日は国内線のラストのJA8985(B772)が晴れあるラストフライトの日を迎えました。
今日は羽田〜福岡を2往復、最後に羽田〜伊丹を往復する運用でしたが、実は羽田〜福岡の2往復目と羽田〜伊丹は、出発時刻などのダイヤは若干異なるものの、1985年8月12日に墜落したJA8119(B747SR)の墜落当日の運用と全く同じだったのです・・・。(JA8119の当日の最初の運用は羽田〜札幌一往復)もう狙ってやったとしか思えません。

私もたくさんお世話になってきた鶴丸、いくら123便墜落でイメージが下がったとは言え、JALも含めて日本の航空史を飾った鶴丸がなくなってしまうと悲しいものです。
ちなみにJAL系列のJAL WAYSのJA8186(B743SR)が残る最後のJALグループ旧塗装(リゾッチャなので鶴丸は勿論ない)ですが、来年までには退役です。
0

2008/1/26 | 投稿者: 7000系元白帯車

今朝の新聞にも記事がありましたが、日本航空で1959年から様々な所に使われてきた「鶴丸」が垂直尾翼に残る旧塗装機が5月下旬に鶴丸塗装でのラストフライトを行い、これで旧塗装機が完全に消えることになりました。
現在は国内線と国際線で一機ずつが旧塗装で残っていますが、国内線用機(B777-200?)は4月に、国際線用機(B767-300ER、JA601J)は5月末に入る検査で新塗装に塗り替えられる模様です。
「鶴丸」は1959年から1989年までは社章として使われ続けました。本格的に飛行機に描かれたのは1960年のDC-8ですが、その頃はとても小さかったのであまり目立ちませんでしたが、1970年から導入した“旧々鶴丸ストライプ塗装”のB747からは垂直尾翼に大きく描かれるようになりました。1989年には民営化のためにデザインを一新することになりましたが、「JAL」の書体を変えても“旧鶴丸ホワイト塗装”として残りました。2002年のJAL・JASの経営統合の際に現在のJ-Jグループ塗装が発表され、旧JAS機、グループのJTA機を含めて順次塗装変更が行われました。

どうせなら新塗装でも尾翼に白抜き文字で残して欲しかったです・・・。
鶴丸
鶴丸 posted by (C)7000系元白帯車
0

2007/12/28 | 投稿者: 7000系元白帯車

ANA(全日空)は1998年から2000年まで導入した195人乗りのA321-100・7機(JA101A〜JA107A)のうちの最後まで残って現在も活躍中のJA101AとJA102Aを来年2月29日の羽田〜函館線を最後に退役させると発表しました。
この機体は登場当初はB737とB767の中間を担う存在として、一時期はスーパーシートも設置されましたが、数年前にANAが機材統一計画を出してからはA321は中途半端な存在となってしまい、兄貴分のA320よりも早い退役となってしまいました。
登場当初は“日本の風景”を身に纏い、中距離ローカル線の主役となるはずだったのですがね・・・。その後B737NGシリーズにやられてしまいました。
0

2007/12/2 | 投稿者: 7000系元白帯車

昨日12月1日から日本航空(JAL)は東京・羽田〜大阪・伊丹間の一部の便に使用されるボーイング777-200にファーストクラスを導入しました。
ファーストクラスは従来のプラス1000円のクラスJに比べてプラス8000円とかなり高いですが、専用ラウンジや高級料亭が作る機内食が出されます。これはANAのスーパーシートプレミアムに喧嘩を売っているのだろうと思いますが、そのANAも来年からさらに格上のクラスを作るようです。
ちなみにJALは来年以降、羽田〜福岡線などにもファーストクラスを導入する予定です。
0

2007/10/28 | 投稿者: 7000系元白帯車

さっきから飛行機のエンジン音がゴーゴー響いていますが、本日は待ちに待った年に一度の航空自衛隊岐阜基地航空祭です!!
昨日の小牧基地航空祭は生憎の天気でしたが、今日は雲一つない快晴!!
私は一番人気のブルーインパルス飛行から出撃し、友人らと待ち合わせします。
今日は昨日の日本シリーズの悪夢を忘れさせてくれる最高の演技をしてくれるだろうと思います!
F/A-18が来てくれたらもっといいな〜

今回の航空祭は鉄道ファンとしての見方も楽しめ、三柿野駅に滅多に来ない(っていうか初入線?)2200系や1200系の入線もあります。三柿野駅ではミュージックホーンも炸裂するだろうと思います。
0

2007/10/4 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日朝、関空で羽田から飛来したJL173便が着陸の際に滑走路に機体後部の「テールスキッド」と呼ばれる部分を擦りました。
テールスキッドはしりもち事故が起きた場合に機体の損傷を最小限にとどめる為に機体最後部に設置されているもので、今回はこれのおかげで被害が少なくて済みました。
なお、事故機は今年の5月に導入したばかりのB737-800(JA304J)です。
関空はとても着陸しやすい空港なんですがね・・・
しりもち事故はその後遺症が後に重大事故を引き起こす引き金となる場合があるので、しっかりと修理してもらいたいです。日航123便墜落事故も該当機体が事故7年前に起こしたしりもち事故が原因とされています。
0

2007/8/20 | 投稿者: 7000系元白帯車

会社の昼休みにテレビニュースを見てビックリ仰天ギョギョテンテン・・・

中華航空の最新鋭の飛行機が炎上している!!!!
What's this?? これはどういうことなんだ!!!

本日午前10時27分に那覇空港に着陸した中華航空CI120便が「41番スポット」到着後すぐに左第一エンジンから出火し、3度の爆発を伴い炎上しました。現在では鎮火しましたが、機体は完全に折れてしまい再起不能といった状態です。
当該機はボーイングのベストセラー機B737のうちの最新鋭機に区分されるB737-800(レジB-18616・台湾登録)でなんと2002年に導入されたものです。そして昨年の秋に主翼先端にウイングレットを装着する改造工事を受けました。中華航空のB738は東南アジアや日本(中部・関空など)から台湾を結ぶ路線に使用されていました。
B738は操縦席はほとんどが液晶画面を用いた機器で埋められており、勿論のこと航空機関士は不要です。
肝心の事故原因ですが、今のところ分かっていません。しかしスポット到着直前に近くにいた整備士が左主翼からのオイル漏れを確認したようで、それが第一エンジンに引火したようです。
乗客乗員157人が搭乗していましたが、死者は出ていないようで何より良かったです。
機体はジュラルミンが完全に溶けてしまっており、グニャグニャになっています。左半分は完全に焦げてしまっています。

中華航空と言うと、記憶に新しいところで、1994年に名古屋空港で当時最新鋭のA300-600Rが操縦士と飛行機のケンカ(操縦士は手動モードで着陸態勢に入っていたが、何かが引っ掛かり飛行機のコンピューターはゴーアラウンドモードになってしまい、最後まで操縦士はそのことに気付かなかった)で墜落事故を起こし、JAL123便に次ぐ264人の死者を出しています。2002年にはB747-200Bが金属疲労・老朽化の影響で空中分解を起こしています。
0

2007/8/12 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日で1985年8月12日に発生した日航123便墜落事故から22年が経ちました。
昨年も同じ記事を書きましたが、本当に時の流れは早いです。あと2年で干支が2周してしまうのですから。
午前中に各遺族が毎年恒例の慰霊登山を行いましたが、今年は2005年4月25日に発生したJR西日本尼崎線脱線事故の遺族や、2001年夏に発生した明石花火大会連絡橋圧死事故の遺族も123便遺族と共に慰霊登山を行いました。
年々遺族の高齢化が進んでおり、登山したくてもできない方が増えていますが、人々の思いはただ一つ。多くの命が奪われる航空事故がなくなってほしいことです。


そしてこの事故を風化させないこと・・・。
0

2007/7/9 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日、アメリカのボーイング社で次世代旅客機B787一号機が公開されました。B787は日本の企業も多くの部品を製造している“準国産”と言っても過言ではないです。
B787はANAがローンチカスタマーしており、来年度から羽田〜北京線で使用するようです。早くセントレアにも乗り入れて欲しいですね。どうやら窓が新幹線車両並みに大きいとか・・・

そんなB787の国内線用機にも設置されると思われるスーパーシートプレミアムの座席が名鉄一宮駅サービスセンターに設置されていました。
誰でも気軽に体験ができます。
やっぱり座り心地がいいです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/14 | 投稿者: 7000系元白帯車

スカイデッキには数十分しか滞在していませんが、一応飛行機も見てきました。

JALのB767-300(JA8267)です。
クリックすると元のサイズで表示します

ANA(ANK)のB737-500(JA301K)です。
クリックすると元のサイズで表示します

中国東方航空のA300-600R(B-2324)です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/3/14 | 投稿者: 7000系元白帯車

昨日の全日空(ANA)のボンバルディアDHC8-Q400のJA849Aのギアダウン出来なくなった事故は、機種のギアドア部分のボルトが脱落していた事が主たる原因だと分かりました。
今後、日本航空、全日空が所有するボンバルディア製の機体は一斉点検を行う予定です。

・・・今日、早速職場で、事故には関係ないにも関わらず「大丈夫だったか?」とか聞かれました(爆) ある航空ファンの同僚は、昨年の春に名古屋から四国に旅行に行った時に、事故機(JA849A)に乗ったと話していました。
0

2007/3/5 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日3月5日日本時間午後3時25分ごろ、中国の天津国際空港で中部国際空港行きNH114便のB737-700の右主翼の先端(ウイングレットのあたりでしょう)が、隣の同じく中部国際空港行きJL788便のB767-200の左主翼の先端に接触しました。
ANAの機体がプッシュバック中に目測を誤ってJAL機に接触したようです。
両機は主翼を損傷したため、NH114便とJL688便は欠航となりました。
ANA機を牽引していた牽引車は中国の下請け会社が運転していたようですが、本当にこの手の事故は後が怖いです。
主翼の損傷の修理が甘かったために、後になってから大事故に繋がらないように、しっかりと修理をして貰いたいものです。
0

2007/3/4 | 投稿者: 7000系元白帯車

今月末よりANA(全日空)が名古屋〜広州線などに導入するB737-700ERが先日、日本に飛来し、ANAにデリバリーされました。
この機体はビジネスクラス24席、エコノミークラス24席の合計48席で、愛称は「ANA BusinessJet」です。機体の塗装も特別なものです。
間合い運用で名古屋〜福岡線などに入ることがあったら、福岡出張が楽しみになりますね・・・ってそんなことは無いか。。。
ちなみに今月の福岡出張ですが、3月12〜13日の1泊2日となりました。往路はNH217便(予定機材B737-500)、復路はNH232便(予定機材B767-300)です。

0

2007/1/31 | 投稿者: 7000系元白帯車

日本航空(JAL)は、今年4月より、国内線10路線を順次路線廃止することを決定しました。また、減便・増便を含める路線再編計画を発表しました。
該当する路線は以下の通りです。

<廃止>
小牧〜北九州(JAL単独運行)
名古屋〜長崎
伊丹〜石垣
鹿児島〜那覇
神戸〜仙台
神戸〜熊本(JAL単独運行)
札幌〜松本(JAL単独運行)
札幌〜三沢(JAL単独運行)
福岡〜青森(JAL単独運行)
福岡〜花巻(JAL単独運行)

<減便>
小牧〜高知
名古屋〜札幌
名古屋〜福岡
名古屋〜鹿児島
仙台〜福岡

<増便>
関西〜札幌
関西〜那覇
関西〜福岡
神戸〜札幌
神戸〜石垣(新設)

また、運行機材の見直しについては、約130人乗りのMD87を07年度中に8機全機を売却、そして就役から20年以上が老朽化したB747-200B、300or300SRを計10機売却する予定です。そして新型のB737-800、B777を順次導入していきます。

・・・どうも今回の運行見直しは名古屋(中部・小牧)が大打撃を受けていますね。他にもJAL単独運行の路線の廃止も多く、なかなか影響は大きいと思われます。
0




AutoPage最新お知らせ