クラッチ盤交換しました、  TLR200

クリックすると元のサイズで表示します
ぱわあくらふとさんから、ハンドルバーアップキットが
届きました。
早速取り付けよう・・・・・・

あ。

その前に、クラッチ盤も交換しなくてわ。。。
部品番号わからないので、ぱわあくらふとさんで調べてもらって
一緒に送ってもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

クラッチ盤の交換なんて、ちょちょいのちょいだと思っていたんですよ。
それが、なんでかクラッチカバーが外れなくて、
エンジン降ろさなきゃならなくなって、大変でした。

クリックすると元のサイズで表示します
基本的にはエイプ系とおなじようなエンジンですが、
クラッチカバー側からクランクシャフトへオイルが送られる前、
ここに遠心フィルターみたいなのが付いてます。
開けてびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します
鉄粉や繊維質のゴミがいっぱいです。
30年以上開けられることが無かったんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
クラッチプレートはNSR50系と同じものでした。
フリクションは5枚仕様です。
NSR系のオープンエンジンに使えないかな?
と思ったけど、ハウジング周りは別物で流用は無理なようです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここも磨耗が激しいので、修正しました。

エンジン積むまでは出来たけど、
結局今日はハンドルバーアップキットは
取り付けることが出来なかった。。。。

また明日頑張ろう。




1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ