美波。ポルトガル語では Onda Bonita サーフィン命のpapaiが名づけました。 (オリジナルのOndaBonitaもあるよ)

2010/3/25

festa do peixe(お魚フェスティバル)  evento

へぇ〜 festa do peixeだって〜…3月25日から4月4日まで…。
ここcassinoにもフェスタがあるんだ…。どこでやるのかしらねぇ?
なんてナミッチと話していた学校の帰り道。

っが、しかし…玄関を開けたら目の前が会場でした…
家の前は普段は何もありません。草が生えているだけ。隣は馬のレンタル屋さん(馬もレンタルできるのね…ここでは)
なので馬が草を食べて、ポコポコと散歩して、お客さんを待っているだけの場所。
そんな大きな空き地に いきなり設営されたテント。

papaiは青くなっています。今日から10日間、騒音に悩まされるからです。
festaといっても お魚食べて、ビール飲んで…だけではすまないのです。
毎晩夜中過ぎまでバンドのshowが繰り広げられ 音楽がガンガンっ!
ママイは比較的音には鈍感ですが、papaiは無理っ!
初日…木曜日なのに夜中の2時までガンガンだったらしいです(ママイはスヤスヤなので知りませんでした)
金曜、そして土曜日、日曜…どうなるのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します早速土曜日に行ってきました。でもお魚を食べずにdoce(甘いチョコ)を食べるナミッチ。そしてshowを見ずにトランポリンで遊ぶナミッチ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します日曜日、お友達を見つけ(お父さんに)駆け寄るナミッチ。お客はいなくてガラガラだね。そしてやっぱりshowを見ずに、魚も食べずにお友達と遊ぶのでした…。

楽しい週末を過ごしたのはナミッチだけ…papaiは眠れぬ夜を過ごしています。がんばれpapai!!


0

2010/3/24

Páscoa(パスコア)  evento

最近、町中でやたらウサギを見かけます。
そうです、もうすぐPáscoa(復活祭)です。
「ウサギが卵のチョコをたくさん持ってきてくれる日…」と認識しているナミッチ。
イースターの由来や慣わしはとりあえず措いておいて…チョコレートとウサギのお祭りだと言う事になっているようです。

ここcassino、小さい町だけど公園がたくさんあります。学校へ行くまでに3ヶ所も公園を通るので帰り道はとっても嬉しいナミッチ。その公園内もウサギ達が集まりだしました。毎日 なにかしらウサギの飾りが増えていきます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますAvenid(並木道)にもウサギの人形がチラホラと…。でも雨が降ったら濡れちゃうのかしら?
そういえばフロリッパに住んでいた時はセントロ(中心街)や大きなショッピングセンターまで行かないとパスコアらしい催しが無かったなぁ…。と思ったママイ。
そんなママイの心を読んだのか?ナミッチが一言
「ママイ、cassinoって結構いい町じゃんっ!」と…。
そうね、住めば都ね…cassinoっていい町かも…。文句ばっか言っていたママイ、少し反省

今日は学校へ行く途中 新たな発見が!ウサギの足跡が増えていました。(もちろんペンキで描かれた物だけど)
公園へ入っていく足跡、公園から逃げていく足跡、足跡の先には籠に入った大きな卵!
結構凝った仕掛けにママイも微笑んでしまいました。ナミッチは足跡が嬉しかったらしく 明日は本当のウサギが公園にいるかも!と頭の中は期待と夢でいっぱい!
5歳って…こんな足跡信じないと思ったけど、ナミッチはすっかり信じている様子。5歳って…まだまだお子様ね!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますでは ちょっくら家でも何か仕掛けをしようかね…とpapaiと企んでいます。
ちなみに今日学校へ行ったら 本当のウサギが居たそうです。明日は人参を持ってくるよう先生に言われたよ!と嬉しそうに人参をかばんに入れていました。


0

2010/3/20

cajón(カホン)  outros

「cajón」って楽器です。もともとはペルー(?かな?)の楽器だと思うのですが…。

papaiのお仕事仲間&生徒さんが ちょっと演奏でもするか…という事で集まったところへナミッチとママイもお邪魔しました。
こっちの人はギター一本、もしくは何か叩くものがあればすぐにワインやおつまみもって集まってしまうのです。
本当は子供は寝る時間なので連れて行きたくないのですが、預かってくれるベビーシッターもいないし…(あぁぁ おばあちゃんがいたらなぁ)。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますギターに合わせてカホンを練習するナミッチ。手や「はけ」のような物を使ってボンボン・カシャカシャ♪と叩くのです。リズムが命です…。

クリックすると元のサイズで表示します
音楽が止まると(もう入ってイイの?)と犬が顔を出します。ちょっと笑えます。

0

2010/3/18

スーパーで…!  minami

毎日楽しく学校へ行くナミッチ。
学校は家から自転車で15分ほどの所にあるのですが、もう一つ別の園舎が家から徒歩5分と近い所にあるのです。
そこでは作業(工作や料理)を行ったり、誕生会、放課後のクラブなどで使ったりします。先日もその別の園舎でaula(授業)があると連絡帳にあったので そちらへ直接送っていきました。

(今日は何をしてるのかなぁ〜?)と思いながら(近いのでちょっと覗いちゃおうかな?)なんて欲求を抑えながら スーパーで買い物をしていたママイ。
ふっと見ると見覚えのある顔が…ぞろぞろ。
先生に連れられてナミッチのクラスは買い物の途中でした。
(そうかっ 今日は買い物の授業か??)それにしても何を買っているのか気になるママイ。一行様の後を隠れながらついて行くと どうやら果物を皆で購入しています。
ナミッチはリンゴとパパイヤを手にしています。
(あぁぁカメラがあればなぁ…)なんて 隠し撮りする気満々だったママイです。

後でナミッチに聞いたらsalada de frutas(フルーツ・ポンチ)を皆で作ったそうです。
「なっちゃん、リンゴ切ったよ。でもmamão(パパイヤ)とバナナは入れたくなかった…」とさ。でもたくさん「おかわりっ!」をしたナミッチの今日のおやつでした。

0

2010/3/15

ママイの旅  vida

近頃、朝晩めっきり冷えます。もうフリースを着ているママイに「!!本当の冬が来たら生きていけないよ!」とpapai。そういう自分もクシャミばっか。
ここcassinoという町。海辺の町なので冬には人口が減ります。
秋になると段々とお店が閉まり、夏だけ滞在していた人たちが内地へとまた戻っていくのです。夏に比べるともう40%くらいになりました。町がとっても寂しいです。冬になるとあと20%減るらしいです。怖いです…。
開いているのは郵便局とスーパー一軒、パン屋に薬局…とかだけ?とpapaiに聞いたら「…もう少しマシかな?…」と肯定でもなくでも否定でもなく…。

という事で なにか買い物があるときはわざわざ内地の街まで行かなくてはなりません。
怖がっているママイにその日が訪れました。ナミッチのお友達の誕生日会が今夜あるので なにかプレゼントを…。
(もっと早く言ってよ〜!!)と思うのですが それがブラジル。いつも物事は急なのです。
さっそく午後、ナミッチを学校に預け その足で街へ向かうママイ。
この土地でバスに乗るのは初めてです。とりあえず来たバスに乗り街へ行くか確認し、何分かかるか聞いたところ「えぇぇ!??50分も乗るの!?」と、聞いただけで酔ってしまいました
凸凹の砂利道、砂埃を巻き上げながら進むバス、周りは牛と馬だらけ…まだまだ「街」のかけらも見えません。30分でママイはリタイア…。もう気持ち悪くて、バスを一旦降ります。そしてちょっと休憩&考え中・・・・。
(ここでリタイアしても また戻るのに30分)(行くとしても さっさと次のバスに乗らないと…50分×2、プラス買い物時間=迎えの時間!!)(大丈夫、日本であんなに二日酔いだった日も ちゃんとお弁当作ったし、仕事もできたし…)(ビニール袋もお水もあるし、バスであと20分…がんばれママイ)(手ぶらで誕生会…それはヤバイでしょ!)(あ、でも日本からのお土産が…探せば何かあるかもっ!)
横を見ると次のバスが煙を巻き上げて迫ってきます…。思わず手を上げて反射的にバスを止めてしまいました。

さて市街地に突入したバス。これがまたもや最悪…。
降りる人がチラホラ出るので停車する頻度が上がります。止まる度、発車する度に「おえぇっとなるママイ。さらに信号もチラホラ現れます(cassinoは信号が1ヶ所だけ!それも停車した事ないし)。さらにquebra-molaという凸(スピードを落とす為、)が道中にあり もう死ぬかと思いました…。
初めてバスで行くので最終停留所まで行って乗り場を確認したかったのですが、もう限界!街っぽさが出てきたところで降り、少し歩きました。
帰るバスを確認し、急いで何かプレゼントを…。もう迷っている時間はありませんっ!最初につけたloja(店)、それはブラジル中どこにでもある「RENNER」。
助かった…ここで洋服&小物を買って プレゼントはok!終了。
帰りのバスに乗る前に一服…(なんて余裕は無いのですが)お茶とアイス。
帰りの車中はガラガラ。きつい日差しを顔面に受けながらグースカ寝るママイ。ようやくcassinoへ到着。きっちり50分!家について一息、シャワーを浴びて、時計を見ると…もうナミッチを迎えに行く時間。
(また留守番かぁ〜とがっくり肩をおとすハル…ごめんね、散歩は帰って来てからね!)

何かひとつの事をするのに丸一日かかった気がしたママイでした。
…っていうか 本番(誕生会)はこれからなのよね…。プレゼントを買うだけでものすごく疲れた…。festa(誕生会)で挽回するぞ!食べるぞ!飲むぞぉぉぉ!(子供のfestaなのに…)
1

2010/3/12

おやつ  minami

毎日元気に学校へ通っているナミッチです。
ブラジルでは幼稚園も学校もだいたい2部(午前と午後)に分かれています。
ちなみにナミッチが前に通っていた所は朝から夕方まで通しでした。
おかげでお昼の心配もオヤツの心配もなく 朝8時半から夕方5時(だっけ)までたっぷり遊んでくれてとても嬉しかった(あ、ママイがね)のを覚えています。

今回の幼稚園は午後から。なのでお昼ご飯を食べてからの通園になります。
でも3時のオヤツ(lanche)を持って行く事になっているのですが・・・。
先生からは毎日食べなれている物を持たせて下さい!と言われました。
papaiは「おにぎりでも持たせれば」と言っておりますが、ママイとしては他人のオヤツが気になります。
初日は無難にサンドウィッチとリンゴを持たせ帰って来たナミッチに「皆 どんなオヤツもってくるの?」と探りを入れました。
ナミッチは「う〜ん、普通のヤツ」とどうでもイイ返事。
「・・・じゃ 明日は何がイイ?」と聞いても何でもイイ!と。
どうやら他人のオヤツが気になるのはママイだけです。

しかし 最近ナミッチが「ママイ、lancheの時、なっちゃんは いっつも一番最初に食べ終わってしまうの」とコメントするようになりました。
(それってオヤツが少ないって事?)
もっとゆっくり噛んでゆっくり食べなさいね…と言ってみたもの次の日
「今日はすごくゆっくり噛んで、ゆっくり食べたけどやっぱり一番に終わった…」と。
(では 明日は「ミカン」を丸ごと入れてみよう!)と思い、実行。
さすがにミカンを剥くのに手間取って(白い渋皮まで丁寧に剥くナミッチ)一番最後だったようです。
「もうミカンは丸ごと入れないで!」とリクエストされ、この手が使えなくなりました。
で、「皆はどんな物持ってくるの?」と再び聞いたところ、ピザ!ビスケット!bolo(ケーキ)!Pastel(揚げ餃子)…。
という事で今日はpastelを作って持たせたら喜んでいました。
「でも皆のpastelはもっと大きくで焦げてないよ!」とまたチクリとコメント。
(…悪かったワネ、焦げてて!ママイのpastelは揚げずに焼くので少し焦げるのです)

ちなみにlancheを持ってこない人の為の給食もあります。
3月の献立が…(カロリー高いよ〜)
月曜日 bolo、pastel、オレンジジュース。
火曜日 bolo、piza、オレンジジュース
水曜日 pastel(特大)、ゼリージュース(?)
木曜日 frito(揚げ物)、ゼリー、bolo(小)
金曜日 バナナsplit(イチゴ&チョコ)、オレンジジュース

そしてナミッチ、「木曜日は給食がイイ!」だって。
気の無いふりをしながらも、ちゃんと他人のオヤツを吟味していたちゃっかり者のナミッチでした。
それから「ママイ!明日はおにぎりとゆで卵にして!」とリクエスト。
それって、もう「オヤツ」の域を超えています…。

クリックすると元のサイズで表示しますリンゴを持って行く時は幼稚園の時みたいにウサギさんの形に切ってあげていましたが、「ママイ!リンゴはみんな丸ごと食べてるよ!なっちゃんも練習するね!」とがんばっています。もうウサギさんはイイの…?

1

2010/3/11

通園開始!  minami

閉め出しのショックからそろそろ立ち直ってきました。
あの日は結構ショックで、未だ外に出るとき何回も鍵を確認してしまうママイです。

さてナミッチの学校、ようやく決定し、通いはじめました。
ナミッチの第一希望(葡萄の木、うっそうとしている)はママイが却下…。
ママイの第一希望(キレイでプログラムがしっかりしている)はナミッチが却下。
という事で必然的にpapaiが(いいんじゃな〜い…と)軽く思ったところに決定しました。

初日は慣らし保育。(どうしよう…嫌がったり、帰る!とか言い出したら)と思ったのはママイだけ。
学校に着くと門のところで「ママイ、もうイイから、帰っていいから」と軽くあしらわれ、スタスタと一人で入って行くナミッチ。
それはまずいでしょ…とママイも急いで同伴します。
今日は早めの4時ごろ迎えに来て下さいと言われ、言われた通り、4時に迎えに行くと「早い!なんでナッチャンだけ早く帰るの?!!プンプン」と怒っています。
なかなか帰りたがらないナミッチに先生も「明日からは皆と一緒に帰りましょうね」となだめられ渋々帰ってきました。

とりあえず 学校が楽しいようです…(良かった)

1

2010/3/9

逆境に勝つ!?  outros

今日、ママイ&ナミッチ 閉め出し…くらいました。
ここcassinoという町、どんなに危険なの?というくらい門やドア、ガレージから窓まで檻に囲まれて暮らしています。
今まで住んでいたFlorianopolisという街も観光地ながらそれなりに施錠して泥棒さんに注意していましたが、ママイ達の住んでいた地域はものすごく治安が良く、ママイは鍵どころかドアまで開けっぱなしでパン買いに行ったり 隣に遊びに行ったり…。窓も常に開いていたので鍵を忘れたpapaiはいつも窓から出入りしていたくらい!

さて本日 鍵を忘れて出かけてしまったママイ&ナミッチ。
出かけた…のではなく、鍵を持たずに外の扉を閉めてしまったのです。
ママイはよく外にゴミを出しに行った時にうっかり閉めてしまう事もあり、いつも中から開けてもらうのです。

でも今回、中に居てほしかったナミッチも外に居た現状…。中にはハルだけ…。
スーパーDogでもない限りこの扉を開ける事できません。
さらにココは外と言っても家の外、玄関前なのです。
本当の外(道路)に出るにはもう一つ鉄格子を開けなければ外に出る事ができないのです。つまりナミッチ&ママイ、家にも入れず、外にも出られず…。真っ青になるママイ。いつも鍵の束をジャラジャラと肌身離さず持っているのに、ナゼこんな事に!
財布や携帯は忘れても鍵は忘れるな!とあんなに言われていたのに…。
とりあえず高い塀&鉄格子に挟まれ、ウロウロとするママイ。窓から入れないか?と考え、ガタガタ揺らすママイ。誰かに通報されそうであまり大げさにできない小心者のママイ。
さらに!なんと雲行きが怪しい…雨が…。ここ2、3日、夕方から大雨が降る天気。
ここは屋根といっても玄関先の出っ張りがあるだけで雨もしのげない!大ピーンチです。

こんな時、神様っているのね。なんと外に出る鉄格子の鍵が開いている!
用心深いpapaiが施錠し忘れるなんて! 玄関先には自転車もpapaiの二輪車も置いてあるのでいつもは必ず施錠してあるのですが、今日は開いている!
外に飛び出し自由の羽を得たママイ&ナミッチ。なんと自転車もあるよ!急いで近所のスーパーへ雨宿りに行きました。

さて、まだ心配はあります。
まず所持金の少なさ…今回は出かけるつもりではなかったので財布を持っていません。
でもポケットに少しだけ直にお金を入れています。
そしてココは田舎!スーパーが一軒あるだけで、netカフェも屋内で時間を潰す場所もありません。海しか無いって!
それから雨が天敵です。ママイだけなら我慢するのですがナミッチも一緒…なんか寒そう…。どうすりゃいいの?

ここで第二の神様現れます。まず自転車の籠に ママイが朝使ったジャンパーが!とりあえずこれをナミッチに着せます。(ママイなんかタンクトップ一枚!部屋着で閉め出されたんだから!)
所持金あわせて10reais。テレフォンカードを4reaisで買ってpapaiのオフィスに電話。

(ここで神様去っていきます…)なんとpapai、夜までオフィスには戻らない…って。
ちなみに今3時です…。あれほど携帯を持って!と頼んでいたのに、携帯嫌いのpapaiは持っていません!

さて皆様ならココでどうします?
まだ着いて一ヶ月の土地で知り合いもいなく、旦那とも連絡がつかず、雨も降ってきて、子連れで所持金少ない状態で閉め出しくらうって…
旦那いわく こういう場合は消防署に行って窓を叩き割ってもらうんだよ…って。
そうね、もし料理の途中でガスとか使っていたりしたら考えたかも…。

で、本題。ナミッチ&ママイはどうしたか?というと…
まず雨が止んだら公園で遊ばせ、お腹が空いた〜と訴えてきたらサンドウィッチ買って、トイレ…と言ったらスーパーへ…。喉が渇いた…と言ったらやはりスーパーの水のみ場。
あぁぁ!ジャスコがあれば一日中閉め出し喰らってもいいのに…。
夜になり、疲れてきたナミッチ。公園のベンチで横になります。
まるでホームレスだゎ!ふっと見ると明かりが点いている店が…美容院室が一軒。
「すみませ〜んコレコレこうで…」と訳を話してソファーに寝かせてもらうナミッチ。
9時、もう閉店だけど親切な美容室の方はpapaiが帰るまで居ていいよと。
でもママイは断りバスターミナルへ…。ここなら屋根もありベンチもある。野良犬がウジャウジャいる中、ベンチに座る日本人親子…。(どうしよう、お金とか投げられたら)と心配するくらいナミッチは小汚い子供になっています。すでにビーチサンダルも脱いで裸足で真っ黒!
でもひと寝入りしたからまた元気が出てきたナミッチ。
裸足でダルマサン転んだ!を一人でやりだします。このまま逆境に強く育ってほしいわ。

っちゅー事で9時過ぎにようやく連絡がつき、慌てて帰ってきたpapai。
いやぁぁ〜6時間もナミッチよくがんばったねぇ!
というかママイ がんばったよ、うん。
神様、助けてくれた方、どうもありがとう。帰る家があるってイイね…。
さて、明日は合鍵作ってどこかに隠しておこう…と。

1

2010/3/8

学校選び  minami

ここブラジル、カーニバルが終わると夏休みも終わり、子供たちは新学期が始まります。ナミッチも もうすでに学校が始まっている…頃です。
が、実はまだ決まっていません!
学校といってもまだpré(幼稚園)なのでこんなにチンタラとしているのですが。
でも毎日ママイと二人っきりなので そろそろ爆発しそうです(二人とも)

今 3校ほど下見に行ったのですが ナミッチ、papai、ママイの意見がバランバランっ!
ママイの第三希望をナミッチは行きたがり、ナミッチの第一希望はpapaiの第二希望。papaiの第一希望はママイの第二希望…もうゴチャゴチャです。
という事で本人に選ばせました(そう、ママイの第三希望校)
どちらにしても午後だけ(1時〜5時半)なのでお昼を食べてからの登校になります。

子供に選ばせるのはどうかと思いましたが…ナゼそこがいいのか?聞いたところ「葡萄の木があって美味しそう」って。

ま、しばらく通ってみるか。
ちなみにナゼ ママイは第三希望だったのか?この学校。
ただ単に「暗い…」ってイメージかな?
うっそうとしていて(まぁ 葡萄の木があるくらいだから)それにSALA(教室)も暗い。生徒も6人…!午後はもっといるらしいけどね。

ママイの希望する学校は新しくて校舎がキレイ(清潔)。そして生徒の数もほどほど(ナミッチのクラスは10人)。
お弁当(おやつ)も好きな物を持って行ってイイし。
そしてなんと9歳まで通えるのです。来年、学校を探さなくてすむっ!
pedagogia(教育学?)のプログラムもあり 好き勝手に遊ばせる…という考えより、時間割があり、先生方もしっかりしてそうで気に入っていました。
で、ナミッチに何でココ嫌なの?綺麗で二階建てで、先生も美人?だよ。と勧めてみたら「お庭に遊び道具が無いっ!」と。
あ、確かに無いかも…。そこは盲点でした、はい。

で papaiのお気に入り校は 人数が多すぎ!なんと午後は60人にもなるそうで 園庭も狭い!

という事で明日 午後にもう一度見学に行ってみようかな?と未だ踏み切れないママイ&ナミッチです。

今回 ナミッチは学校に行く事に消極的!!信じられない!!学校大好きなナミッチだったのに…。やはり年齢なのかな?転校って皆嫌だったよね…。
ちょっと可哀相に思えてきたママイでした…。(でも毎日喧嘩ばっか!)
早く学校へ行ってくれないかな…トホホ

0

2010/3/3

ひな祭り  evento

♪今日は楽しいひな祭り〜♪

クリックすると元のサイズで表示しますだからって「菱餅」も「雛あられ」も「ちらし寿司」もありませんが…。
お雛様とお内裏様、飾りました。
日本を発つ時、お友達から頂いた品々です。
どうもありがとう。大切にします。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ