リバーシーバスフィッシング、2005年頃からはじめた。 これまで色々な釣りをしてきたが当時の自分は釣りと言う事を何も考えずにただ漠然とやっていた。 しかし、シーバスフィッシングをはじめて次第に考えが変わってきた。 ポイント移動で釣果が左右すること、経験や考えで釣果を上げられること、気が付けば完全にはまっていた。 今となっては釣行が日課になっている。 しかしなんと奥が深いのだろう、一生かけてこの釣りを完全にマスターできるのだろうか? いや!無理だろう。 自然が相手、かなうはずもない。 だが、無理だと言ってやめられない! それほど自分にとってシーバスフィッシングには魅力があり離れられないことなのだ。 この歳になってこんなにも楽しい事を見つけたこと、釣りという事を心から楽しめることをとても嬉しく思う。 

2010/3/11

中川釣行  MAIN REPORT








バチ抜けの期待できる中川へ














3月2日



弟の後を追い自分がポイントに着いたときにはすでに8本上げていた

状況を聞くともう結構バチが少なくなってるらしい














真っ先にコモモスリム130をセレクトし2投目














水面がもり上がると同時に ガツン!!














クリックすると元のサイズで表示します

45cm位














その後、また数投で ガツン!!














クリックすると元のサイズで表示します

45cm位














3月3日



上げ止まり辺りからポイントへ














しばらくキャストしないで水面の様子を観察しているとバチが少々抜け始めた

下げ始めたタイミングで良型がライズ!!














キャスト開始!!

コモモスリム130をしばらくキャストを繰り返していると














ガツン!!














30cm位セイゴサイズ(写真なし)














その後、同行者がジョイントルアーで良型3連発!!














自分はルアーチェンジを繰り返しキャストするも反応なし

今日は表層よりも少しバイトレンジが数センチ下な感じ、リトリーブ速度を考えるとコモモスリム130では上すぎカーム110ではぜんぜん下すぎカーム80やにょろにょろ8.5cm辺りがいい感じ

しかし、持ってきていない

使えそうなルアーで持っているのはライジングミノー8.5gとコモモスリム95

この2つのルアーをローテーションしながらキャストを繰り返す

バチの数が少なくなってきたタイミング、アップにキャストしダウンに入り明暗とブレイクがクロスする所でルアーがターンした瞬間!!














ガツン!!














クリックすると元のサイズで表示します

62cm














その後、バチが結構減り流れが緩くなってくると岸際でのライズしかしなくなった














そこで、コモスリ95で岸際10cmにアップでアンダーキャストし流れと同じスピードでリトリーブしてくる














1投目で  がつん!!














しかし、足元でバイトしてくるため痛恨のバラし














そして、数投目  ガツン!!














慎重にファイトしたがまたもバラし














その後、このパターンでバイトが無くなりこの日は終了しました















3月5日



下げ8分位のタイミングでポイントに入る














バチの数はちょうどいい感じですでにブレイクの上と橋脚のヨレをメインにライズが結構出ている














この日はGクラのベイトロッドSEVEN SENCE MWB-902-MLRFとダイワのリールDAIWA Z 2020SHで臨んだ














だが、ベイトには不慣れなためスピニングの様に使いこなすにはかなりの練習が必要だ














まず、コモモスリム130をキャストして1投目














ガツン!!














40cm位(写真なし)














同じパターンで同じ位のサイズを2本追加














そして、やはりコモモスリム130にて















クリックすると元のサイズで表示します

65cm位














この日は6ヒット4キャッチでした

ベイトを使った感想は、キャストにはやはり訓練が必要、手返しが良い、思ったよりルアーの飛距離が出る、ドラグ性能はスピニングの方が上、魚とのファイトしている感覚がスピニングとぜんぜん違う、キャストが楽しい















4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ