リバーシーバスフィッシング、2005年頃からはじめた。 これまで色々な釣りをしてきたが当時の自分は釣りと言う事を何も考えずにただ漠然とやっていた。 しかし、シーバスフィッシングをはじめて次第に考えが変わってきた。 ポイント移動で釣果が左右すること、経験や考えで釣果を上げられること、気が付けば完全にはまっていた。 今となっては釣行が日課になっている。 しかしなんと奥が深いのだろう、一生かけてこの釣りを完全にマスターできるのだろうか? いや!無理だろう。 自然が相手、かなうはずもない。 だが、無理だと言ってやめられない! それほど自分にとってシーバスフィッシングには魅力があり離れられないことなのだ。 この歳になってこんなにも楽しい事を見つけたこと、釣りという事を心から楽しめることをとても嬉しく思う。 

2010/1/4

ハニートラップ70S  LURE




Lenght:70mm
Weight:14g
Fook:ST46-#6

クリックすると元のサイズで表示します

このルアーは普段ウエイトチューンして使っています。

もちろんチューンなしでも使っていますが、あくまでこのウエイトチューンは釣れる動きにすると言うわけではなく
釣れる魚の居るところまでルアーを正確に届かせるためと風に強くするためです。

ウエイトを貼るという事は必然的に泳ぎやレンジが変わってしまうので特性をしかり把握しておくことが大切です。

タックルバランスが合えばメタルジグのような軌道でかっとんでいきます。

橋脚などの明暗部を狙うような釣りの場合、先行者がたたききった後や手前側の流れが弱くなってきたような時など
でも圧倒的な飛距離を生かして活性の高い魚が居るところまで届かせてやって魚を取る。

アングラーの多い(プレッシャーの高い)河川などでは、このような魚の取り方も有効です。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ