2014/12/3  23:35

妻の故郷高知の大日如来様が上京  仏教

「四国霊場開創 1200年記念
祈りの道へ
〜四国遍路と土佐のほとけ〜」


2014/11/22〜2015/01/18
多摩美術大学美術館

 妻の故郷高知に帰る度に気になっていたにも関わらず、ご開帳の時期に巡り会えず、拝観することが出来なかった慶派作の金剛界大日如来像。それが、なんと展示会の目玉として上京されたというではありませんか!早速、妻と行って参りました。

 帰り際、妻は小声で、「無事にお帰りください」と語りかけていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
地元ではこんな簡素なお堂に祀られ、年に2回ご開帳が行われている。

 もう一つ素晴らしかったのが一宮神社の七星剣!破邪と鎮護のための道教の儀式用の剣で、刀身に北斗七星が彫り込まれており、5世紀に朝鮮半島で作製されたと考えられているという。

 小さくとも、印象に残る展示会でした。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ