2019/2/4  21:26

西遊主催「古代オリエント諸宗教の魅力」無事終了!  講演会

2019/2/1(金)16:00〜18:00 西遊旅行主催
「金子貴一スライドトーク 一神教の魅力シリーズ」 
「第2回 古代オリエント諸宗教の魅力」
無事興味深く終了!30名様がお越し下さいました!

会場:西遊旅行 東京本社新オフィス 

堅い内容にも関わらず、募集開始後すぐに満席になったそうです。2時間ぶっ続けの講演でしたが、皆様、目が爛々と輝いていました。終了後、「とても面白かったです!」と話し込んで帰られたご婦人もいらっしゃいました。さて、アンケートはどの様な結果になっているのでしょうか?

配布資料 「季刊アラブ 2000年夏(No.93)」より。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
マンダ教最高指導者へのインタビューを終えて。
(2002年、バグダッドのマンダ教総本山にて)


内容:
◎古代オリエント世界とは?
◎オリエント神話
◎古代オリエント宗教 紀元後2〜3世紀に激変
・西方 vs 東方の変化の違い
◎南下するインド・ヨーロッパ語族 vs 北上するアフロ・アジア語族の宗教の相互作用
・語族とは?世界には7097言語、141語族がある。
・インド・ヨーロッパ祖語の人々の宗教
・アフロ・アジア語族とは?
◎アフロ・アジア祖語の人々の原郷と拡散
・セム語派の歴史
・古代セム系宗教
◎古代オリエント諸宗教と共通点
・ペルシアとアルメニアの宗教
・ヒッタイトの宗教
◎シリア・カナンの宗教
・バアル神話
・古代アラビア人の宗教
◎古代メソポタミアの宗教
・マンダ教
◎古代エジプト宗教の変遷
・宗教の誕生
・太陽神信仰のはじまり
・オシリス神信仰の広がり
・アモン・ラー神と新たな展開
・イクナトン王の宗教改革
・伝統宗教への回帰
・王と神官の最終対決「アモンラー神の妻(斎王)」
・ギリシア・ローマとエジプトの宗教間対立と協力

主な参考文献:
・青木健「古代オリエントの宗教」講談社現代新書、2012。
・Rosalie David “Religion and Magic in Ancient Egypt”, Penguin Books, 2002.
・ブリタニカ on line 百科事典。
・コトバンク
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ