2009/11/22  11:55


祝 拙著「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」 完売!

 拙著が、2年8ヶ月の時を経て、ついに完売致しました!お買い上げ頂いた皆様方、読者の皆様方、本当にありがとうございました!

 今朝、久しぶりにアマゾンで拙著のコーナーを見たら、中古の在庫のみで、新品入荷予定の記載がない。不思議に思って、出版元の学研HPで検索してみたら、「在庫切れ」の表示。ああ、ついに完売させて頂いたのだと、深い感慨に包まれました。

 制作に携わってくださった皆様方、改めてありがとうございました!

 追伸:手元に最後の新品26冊の在庫あり。購入ご希望の方は、ご連絡ください。
2

2009/9/9  10:28

週刊現代に掲載されました!  拙著「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」

本日発売の「週刊現代」(秋の大合併号9/19・26)に、私のイラク自衛隊体験記が掲載されました!

 福田和也氏が、「平成フラッシュバック第63回:イラクの夜明けA秘密裏に選任された民間人通訳が見たイラクの『自衛隊』」(p132-133)と題する、私のイラク自衛隊体験記を執筆してくださいました!!

 福田和也氏といえば、日本を代表する文芸評論家の一人。現在は、慶應義塾大学教授としても活躍中だ。記事は、インタビューと拙著「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」をもとに、具体的な言葉とエピソードを交えながら、私のイラク自衛隊体験の粗筋を描いている。

 インタビューを受けることで、福田氏のインタビューの仕方をも学ぶことができました!

 皆様、是非、ご覧になってくださいね!
4

2007/6/8  15:13

「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」特別書評  拙著「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」

 本の冒頭に登場する「ナイルストーリー」さんから、メールで感想文を頂きました。

 「報道できなかった・・・」の出版おめでとうございます。

 赤と黒の過激な表紙で タイトルも目を引きますね。
 新宿図書館は私の前も後も予約者が入っていました。
 (借りずに 買えって?すみません)

 拝読して感じられたのは アラブに対する金子さんのとても率直な愛情でした。
 「大人」だったら あるいはあちこち世界や戦場を見て廻っているジャーナリスト
だったら もっとハスに構えて 一歩も二歩も引いて見るのかもしれませんが、
金子さんはいつもストレートに、驚き悲しみ喜び憂え、そして また いつか必ずここに戻るよという 固い決意と愛情を覗かせながら 非常に素直にイラクに接していたのだと
思いました。

 きっとそれは
金子さんの後ろに見え隠れするご両親の揺らぐことのない支えが
あるからこそ、背伸びすることなくイラクを見る目と姿勢があったのだろうと
思いました。

 自衛隊のように、あるいは外務省のように組織を背中に抱えることなく
のびのびと驚き、悲しみ、恐怖を感じていた金子さんは 本当に
たくましい人なのだと感じました。
 
 だいぶ前イラク帰国後の某氏の報告を拝聴したことがありました。
誰もが日本とは違う非日常の中でご苦労なさったのだとは思いますが
なにかの組織を背負うと 大上段に構えてアラブ人を見る目が最初からあり
「イラクは山賊ですよ・・・」という論調で、なんだか理不尽だなあと 思いまし
た。

 確かに、イラクのような部族組織は山賊と呼ぶこともできますし 
金子さんのように尊重すべき血族集団と見ることもできるのでしょう。
その違いは きっと
金子さん側にあるアラブへの愛、あるいは異文化への好意的な好奇心なのかも
知れません。だからこそ、彼らにこころが通じたと感じることができたのではないで
しょうか?
 
 本を一冊書きあげることで終わる報道の姿勢、というのもあるのかもしれませんが
この本は 金子さんとイラクとの長い道のりの「途中経過」なのでしょうね。

 本当に(いまさらですが)お疲れ様でした。気軽に「イラク、行きませんか?」などと、
なんてことを頼んでしまったのだと、本を読んで知りました。
お怪我もせず、柔らかな精神もそのままに日本に戻ってこれたこと、
(いまさらですが)ほっとしました。

 イラクの混乱はますます泥沼に入るのでしょうか?
 日本のマスコミが忘れたアフガンは?レバノンは? 
 豊かさ貧しさの差はあれど、若者が明るい未来を夢見ることのできない国は
本当に不幸なことです。

 日本はどうなのだ、自分は何をしてきたのだ?と、50を過ぎてただおろおろするばかりの今日この頃です。

 四半世紀以来の友人より
0

2007/5/7  23:39

「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」の書評  拙著「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」

クリックすると元のサイズで表示します

 初めての単独著書「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」(学研刊)も、発売より2ヶ月が経ちました。

 雑誌・新聞やネット上には、多くの温かい書評が出ております。拙い私の本をお買い上げくださった方々、貴重なお時間を割いてわざわざ書評を書いてくださったり、推薦してくださった方々に、厚く厚く御礼申し上げます。様々なテーマを含有するこの本が、書評にもあるように、もう一歩深く考えるきっかけになれば、望外の幸せです。

 書評の幾つかをご紹介させて頂きます。(順不同、一部重複しているところがありますがご了承ください)

 活字出版:
 週刊朝日(4/13)、Jウィング6月号(イカロス出版、著者インタビュー)、ワールド・インテリジェンスVol.6(ジャパン・ミリタリー・レビュー、著者インタビュー)、中国新聞「論説室から」4/15朝刊など。

 ネット:
アマゾン

『報道できなかったイラク自衛隊従軍記』に関する認知調査
 
オンライン書店ビーケーワン

みんなの書評「本が好き!」

厄年の未踏プログラマー

BLOG<<FFsPaMs>>

Mark 23rd Street

軍事情報のオススメ本

Laksablog 4月17日
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ