2016/8/20

カントリーマーケット2016夏 in 牧の原モアに出店  手作り市

クリックすると元のサイズで表示します

千葉県印西市牧の原にある牧の原モアで開催される『カントリーマーケット2016夏 in 牧の原モア』に出店してきました。印西といえば千葉ニュータウン。私の大好きな場所での手作り市という事で朝から楽しみです♪

クリックすると元のサイズで表示します

出店準備中の会場前の通路には行列ができていてびっくり。手作り市で行列なんて初めて見ました。私達のブースは商品を並び終わったのでモーニング…にしようかと思いましたが、暑いのもあってあまりお腹がすいてなくてこちらにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

「ドトール」のアイスコーヒーとキャラメルオレンジミルクレープです。アイスコーヒーで生き返りましたwキャラメルオレンジミルクレープは、キャラメルのミルクレープの上にオレンジがのっています。ミルクレープなのであっさりでしたし、オレンジですっきり感もありました。敷地内の「ドトール」に入りましたが、きれいで居心地の良い店舗でした。窓から通路や駐車場を眺めつつコーヒブレイクできます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

会場に戻るとお客さんで賑わっていました。入口ではメダカすくいを開催中。会場の奥とサイドの一部ではワークショップを行っていました。子ども達が参加していましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが私達のブースです。今回は屋内なのでとても快適でした。ただ屋内なので、たくさんお客さんが入ってきた午前中は良かったんですが、午後はだんだんとお客さんが少なくなっていきました。それと全体的に若い人向けの商品が多めでして、お客さんも若い人が多め。どうもうちは合わないかなという事で、こちらは今回限りにしようかなと。でも大好きな千葉ニュータウンでの手作り市、記念になりました。さてここまで来たら行きたい場所があるんですよね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

横にあるジョイフル本田に移動しました。千葉ニュータウンというと、うちはここかイオンモールですね。まずはガーデンセンターで花苗など買いました。花苗以外もガーデニング用品など色々売っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ゆっこも私もランチがまだだったので、2階の「プレストンカフェ」へ。自家焙煎珈琲のお店で、入口横では珈琲豆の販売も行っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここ来たらピタサンドとデザートピザにする予定でしたが、どちらもすでに終了していました。あら〜。なのでサーモンとアンチョビのディル風味パスタに。ゆっこもこれにしました。季節メニューなので、サラダ・デザート・ドリンクもセットで付けられます。セットは2種類あって、私達が選んだセットはこれで¥1000でした。お得でしょ。それとコーンポタージュも付けました。あ、はじめに載っているのは車を運転してくれた父の選んだスイーツです。手作り市をやっている間、ここらを散策しつつ昼食もすましたとの事でした。

パスタはごろごろっと入っているサーモン(焼いてありました)とオリーブが美味でした。ディルで爽やか。コーンポタージも美味しいんですよ〜。あとコーヒー、いつもながら良い味わいです。サラダとケーキも美味しかったです。

カフェがある2階にはアート&クラフトの専門店JOYFUL-2があります。手芸用品が豊富に揃っています。向かいにあるファッション市場「サンキ」でも、安く手芸用品を販売しています。「サンキ」は行った事がないので、いつか行ってみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の手作り市でもお買物しちゃいましたよ。手前のヘアゴムはくるみボタンに貝がらやストーンがくっつけてあります。夏にぴったり。左上のヘアゴムはスエード紐かな。和風なので、和風の服や渋めの色合いの服に合います。可愛いおうちはバッチです。青い屋根の部分が透明感があってとてもきれい。

大好きな千葉ニュータウンでの手作り市、楽しかったです。ついでにジョイフル本田も行けて最高でした♪千葉ニュータウンの他の場所でも手作り市があるそうなので、そちらも行ってみたいです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ