2014/1/19

南総里見八犬伝  ちぎり絵

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。新年の記事という事で、今回は和風な作品を紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

家族で房総旅行に行った時に立ち寄った道の駅「富楽里とみやま」の階段横の壁に飾ってあった作品です。

クリックすると元のサイズで表示します

富山町にゆかりの深い『南総里見八犬伝』を題材とした和紙ちぎり絵です。渡辺風沙絵さんが制作しました。八犬士(仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌)及び伏姫と八房の9点で構成されています。絵はちぎった和紙を色紙に貼り込み仕上げたもので、和紙独特の風合いが生かされた精巧な作品となっています。写真は八犬士の智です。カッコイイですね〜。
0
タグ: ちぎり絵



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ