2019/9/13

兵庫大開小学校環境体験学習  

9月13日金曜日、今年も兵庫大開小学校の3年生の子供たちが、環境体験学習に兵庫運河にやってきました。
あいにくの雨模様でしたが初めて訪れた育成実験場にみんな興味津々です。
始まりの会の後、いよいよ環境体験学習の始まりです。
クリックすると元のサイズで表示します


最初は、会長より兵庫運河のお話です。昔はこの辺りはどんな場所だったのか、どんな風に利用され人々の生活に役立ってきたのか・・・など初めて聞いた話がたくさんあったかと思います。みなさん真剣にお話を聞いてくれていました。
クリックすると元のサイズで表示します


ここからは、班ごとに分かれての学習です。こちらのグループはライフジャケットを着用し、ポンツーンまで移動し、プランクトンの採取です。
クリックすると元のサイズで表示します


<プランクトン採取>
スタッフからのお話を聞いてプランクトンネットを使い交代でプランクトンを採取しました。「かわいい〜」、「プランクトンが動いてるのが見えた〜」など感想はさまざまです。

クリックすると元のサイズで表示します

小さな容器で海水をすくっても少ししか採れませんがこのネットは虫取り網より目が細かいので、小さな生き物を海水からこしとることができるんです。
たんさん採れたかな?

クリックすると元のサイズで表示します



<顕微鏡観察>

先ほど採取したプランクトンなどを顕微鏡で観察しました。今回見れたものは、ミジンコ・ゴカイの幼生などなど。元気に動き回っている生き物たちに「うじゃうじゃいる〜」、「動き回るからすぐ見えなくなってしまう・・・」などなど。そうです、それが動物性プランクトン、貝や魚のエサになるんですよ。あこや貝のエサになる植物性プランクトンもいました。子供たちからのたくさんの質問にこたえながら顕微鏡を調整するスタッフも大忙しです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<ゴミのお話>
この日、ガーベージ作業で集められてきたゴミをみなさんに見てもらいました。
どうしてこんなゴミがどこからやってきたんでしょう・・・。
クイズに答えながらいろいろな意見がでました。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間で集まったゴミの量にみなさんビックリしていました。
わざと捨てられたゴミ、風で飛んできたゴミ、水にながされたゴミ…さまざまです。
このゴミたちは溶けてなくなりません。魚が食べてしまうかもしれません。
どうすればゴミが減るのか考えていかないといけませんね。

クリックすると元のサイズで表示します


<真珠養殖のお話>

みなさん真剣にお話に耳を傾けていました。養殖のお話や、真珠ができる様子など書ききれないくらい絵にかいたり、たくさんメモをとっていました。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

終わりの会では、気づいたこと感じたことなどをたくさん発表してくれました。
短い時間でしたが、みなさんがこの環境体験学習を通して感じてくれたことを今後にいかしていただけると嬉しいです。「もっと質問をしたい」、「知らなかったことがいっぱい、楽しかったよ」、「学校にかえったら新聞にたくさん書くね」などの声もたくさんいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ