詳細。。  釣り

今回の尾鷲は疲れました。
アタリが少ないうえに やっと当たれば 地味なアタリなのがシビレます ̄▽ ̄;)

それと出発時 竿を3本積み込んだのですけどー
尾鷲で一番使う竿を積んでいなかった・・・

すぐに気づいたのですが 手持ちの竿でどれだけいけるか試すのもいいかと、
積み込んだ3本で勝負となりました。

鳥羽バージョンプッツン系2Uが良い仕事をしてくれました。
やはりバランスがいい竿が有利なのが明らかとなりましたね〜

ブランクとブランクをつなぐと どこかに無理が生じる、
その無理を承知で竿先に感度を持って行ったり 食い込み重視にしたりすると---

素晴らしい威力を発揮する場合と なんじゃこりゃ? となったりします。
オリジナルはソコが楽しいのですけどね(笑)

やはり1本のブランクから 竿を作ると キレイに曲がる、
そのキレイに曲がったカーブに変化が現れれば それはアタリなのですから 判断しやすい。

それがラストに仕上げたオリジナル。
1本のブランクと書きましたが 本当のところは3本継ぎなんですゎ へへへ^−^)

その竿で全ての釣果を上げました!
それがコチラ 5匹(爆)
クリックすると元のサイズで表示します
アジ最大22.5a他、20a2匹、19.5a1匹、チビレ1匹でした。
ただ この22.5a異常なナイスコンディション!!

お腹にはビッシリ脂が巻いてるのに 身が柔らかくない!
トロアジとか良くブログでは拝見するし 鳥羽でも時折デブデブなアジが釣れることがある。

それとは全然違うアジだった。
魚が少なかったので 通常半身で一切れにする刺身を、全て薄作りに。

何とかチビレも加えて2皿にできたのも このナイスアジのおかげだった。
身が崩れないから簡単に薄作りにできるのだ!

そして 薄く切ったアジの身はとても美味かった〜
食っていた餌がまた渋い♪鳥羽では一時期見たが 最近は少なく、

今回釣れた他の3匹もその餌は食べていなかったな〜
やはり場所がモノを言うのは間違いない、それを再確認できた釣りでしたね。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ