海上。。  釣り

今回はチェリー船頭さんにお世話になりました。
JV増田さんの大のお友達♪ブログもチェックしていますから全然知らない訳ではないです。

朝5時に出船して常滑沖を目指すします。
風も弱く釣り日和、名古屋港ではデカイ巡視艇が5-6艇停泊中〜

この中に尾鷲に通常配備されている艇もいると思います。
この前 尾鷲には停泊していませんでしたから間違いなし!

そして午前中名古屋港を旅立って行きました。
常滑沖では水深5mぐらいと非常に探りやすい水深で通常の探りでいけますねー

つい投げ過ぎてしまうので抑え気味に投げ 底を取るとすぐに反応が、
常滑沖初キス登場〜 そこから5匹ぐらいまでは順調だったが メゴチ小の釣れるコト多し…

1本バリの誘いだとナイスサイズが掛かりにくい、
魚のアタリを早く察知してしまうので バラシが〜

キスが大きいからスパッ!と食うわけではなく、
来た!パシッ!とアワセを入れてしまうと掛かりが浅くバレる。

なので違和感を与えないようにスイープに重さを感じつつアワセにいくのが良かったです。
やはり根際にはナイスなサイズが居る代わりにグ-フ-が掛かったり初ギマも登場〜

ビーチーバーサーも釣れましたね。
重めのシンカー2本針で狙うスタイルだとエサのボリュームがあるのと、

竿からラインシンカーなど重めで安定した誘いで慌てずに魚が食うまで待てるので
ナイスサイズは掛かりやすい。

ナイスな魚が居る場所が解っていれば前アタリに集中して掛けにいけるのですが、
そうそう集中していては---

それと居食いも多いです。
そんなコトを考えつつ釣ったキスは66匹、

ハリを2本にするとかテンビンを使うとかすれば釣果は伸びましたが、
それほど魚があっても困りますのでー

と思っていると 太郎さんの釣った魚が回って来ました。
40匹以上・・・・ そうなると110匹程度になる訳でぇ,,,,,(汗)



船長とジョーさんや太郎さんのやり取りを聞きながら ポークピッツ?
真ん中の竿?人が替われば何度でも?不思議な話で盛り上がってました。

増田さんも同じタイミングで出船していてクロダイ狙い、
少し遅れて帰還した船にはデカイクロダイが何匹も〜さすがベイヘチの第一人者!!



今回は尾鷲からのオフショアで太郎さん・ジョーさんも敦賀からのオフショアで
チェリー船頭さんにお土産イッパイ、ムギイカ山盛りとセイゴの切り身を進呈。。

仕事が落ち着いたらまた乗船お願いします。
本日はキス調査ありがとうございました。

そうだマゴチ狙いは風が強く顔を見ることはありませんでした...
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ