細太、、  釣り

今回は爆風を予想して走る道中、
鈴鹿辺りで雨が止む「マジかー」早く止まれると風が吹くので雨を推奨!

松坂辺りから雨!これでないと。
釣り場まで下道だったので3時間、高速代が浮いた。

釣り場に着くと小雨なので何とかなりそうだ、
しかしド干潮...カッパを着込んで投げ出すとすぐに雨が止む。

干潮で雨が止んで爆風が、
すぐに止むなょー

すぐに1匹アジが釣れたのでー少し空いてもう1匹、
風が巻いて釣りにくい。

遠くのアジを探していられないので中間に居るであろうアジに合わせていく。
すると違和感アタリが出る!これで4匹追加するが更に風が威力を増す。

アジは狙ってられないのでセイゴ狙いに切り替える、
すると食うは食うは!バレるバレる!

PEにすれば確保率は上がるが6匹キープで場所移動、
動いた先でも爆風が吹き荒れる。

ジグヘッド単体で魚を探すとポツリポツリとアジが釣れる。
なんともアタリがわかりにくい,,,

ラインがとにかく安定しない、
ロッドもそれに合わせて安定しない。

ここでソアレ軟を投入、そしてラインをエステルだが03に交換!
そしてリグる、ウエイトを調整して これでどうなるのか。

少しラインの扱いが楽になる、
底も取れる、そしてレンジが思い通りになると魚が掛かる!

ツ ヒット!- ヒット!いい感じに小さなアタリが出るので魚を追加していく。
軽い竿でティップを曲げてテンションを作り出すと風の中でもアタリが出せますょ。

それと02号より伸びの少ない03号が有利、
フロロにするほどでもないのでエステル03ゴ―(笑)

群れを見失うと水面に直下に居たり何とも難しい…
すると徐々にアタリが派手になってきた〜

リグが合わなくなって来たな、
わかってはいるがすでに夜明け前なのでそのまま通す。

時折ナイスな魚が掛かるがバレてしまう、
どうしてもアタリが派手になると魚が泳ぎながら咥えているのでバレるな〜

少しいいサイズはワンテンポ空けてアワセにいきたいのだが
竿が入ってしまってはアワセるしかない。

そんなコトを考えていると夜が明けてしまった。
それでもポツポツ釣れて7時半に終了〜

終わってみればアジ68匹でした。
セイゴ6匹メバル1匹で帰ってからアジを全て刺身にしたのでー

刺身136切れ、疲れましたね。
何とか釣れて良かったですょホント。

軽くて細い竿で太目のラインとのバランスでアタリが呼び込める、
カリカリな竿もいけどナチュラルな竿で掛けるのもアリですね〜

前回はジグ単でその前はリグで---とコロコロ変わる状況に合わせるコトが出来れば
鳥羽のアジは釣れますょ。。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ