準備。。  釣り

皆さん、こんばんわー
13日の土曜に敦賀で前回お世話になったホソノ丸に乗船予定でしたが、
波が収まらない為今回の釣行はキャンセルとなりました。残念!!

こればっかりはしょうがないですね。。
今週はブログの書き込みが極端に少なくなっていましたがこれは---準備の為。

なぜそんなに準備で時間が掛かるのか?!それはジギングロッドを製作しておりました。
前回の釣行では太郎さんにタックルからルアーまで貸してもらっての釣行…

バスロッドを再利用してジギングロッドを製作する事にしてしまったからさぁ大変@。@)仕事が定時で終わっているのに忙しかったぁー

以前そのバスロッドを使いチビボートでサビキを行った時、35号のオモリを使用してもパン!とした凄い張りで…アタリが来るとダダダ・・・と竿が跳ねる始末。。

とうていまともにサビキには使えないと判断してからは眠っていた竿でした。
その竿のガイドを外しリールシートを固定する部分の製作、グリップ部の製作、ガイドを固定、これが製作概要。

書くと簡単ですがーそんな事は無く、、、竿の長さを決めたりグリップの位置で悩んでガイドの位置で悩んで〜悩んでばかり。。。。。
買って来たガイドのサイズが合わずトップガイドは買わない予定でしたが、購入 ̄_ ̄;)

ガイドだけで5個4600円-_-)))))高ぃ,リールシート690円、後は在庫で間に合わせました。それで6000円程度だと思われます。1万円ぐらいの予算でしたので残りの金額でメタルジグを購入。。

ここで6000〜7000円で竿が出来れば○、新品を買うと最低1万はします。
安い竿で気に入らないともったいないので、それなら自作を決めました〜☆

出来栄え、パッと見はジギングロッド!良く見ると----まぁ一応ジギングは出来ると思われますのでまずまずかと、後は折れない事を祈るばかり。。

竿の特性、ブランク(竿だけ)を振ったり曲げたりしていると硬く感じるがガイドが付くと竿は思ったより曲がる、新品(ブランク)を使われる方は注意が必要!!

それと竿先を詰める場合、これも自分では5aで良い!と思ったら2.5aにした方が無難!!竿先はほんの少しで詰めるだけで凄く硬くなってしまう。。

今回ブランクは選べませんでしたから上の様な問題は発生しませんでしたね。
それとメタルジグのアシストフックの製作もあり と〜っても苦労しておりました〜

その準備も釣りに行けなければ・・・なので明日は仕事終わりからホームでの根魚狙いとなります。
今シーズン前半は好調だったメバルは今はどうなっているのやら…でも情報では釣れているのですが、さぁ釣れますでしょーか?!
0




AutoPage最新お知らせ