モンスター!  

週末、何をしていたかって!?それは「モンスター」夕暮れ6時を目指して会場の椅子に座る。マイケルの曲が流れる中 時が流れる。25分押し、それは始まった!

円形の巨大スクリーンには 鳥は鷲か鷹か…爆音で不気味な建物の中を飛ぶ!張付けになった骸骨が再生復活していく!一人、また一人、その度に黄色い歓声が...爆音の中 石柱が崩れ落ちた!

先に復活した本人が数人現れた!大きな歓声に包まれる中 残りの仲間を復活させた!ここまで25分、やっと全員現れた!新生EXILE 2009 MONSTERツアー始まりである。

恐ろしいまでの前置き。全員総立ちの中、私は座っているのはどうかと思ったが、立たなくても充分見ていられますからあえて立たず。円形の小さめのドーム(日本ガイシホール)が良かったみたいです。

円形の舞台に2本の花道があり、大人数のエグザエルには有利?な感じです。ただ1名ケガで離脱中。花道の端は二階席まで手が届き、何度か握手してもらっていて他の人達から いいな〜の声が。

何曲歌ったのか、プログラム的には最後の2曲 choo choo TRAIN と999は特に爆音と引っ張りが効いて皆さんノリノリ。そこからアンコールに入りラップで始まりラストまで4曲ほど。狭いホールでウエーブもやってくれてファンなら満足のコンサートでしょう。

風船が落ちて来たり(下のアリーナ席ばかりへ)リボンが飛んだ時は私の前に居たカップルのクールに見ていた彼の頭にリボンが掛かった瞬間!隣のお姉ちゃんが端を鋭くつかんで引いた!

手品のごとくリボンは彼の頭から消えた!(^▽^;)私のところに飛んで来なくて良かった…他にはフリスピーを投げたり最後にはリストバンドも投げていたみたい。

大爆音のコンサートも終わる最後の曲の後半、隣にいた二人組みはそそくさと逃走!出口が混雑するのを見込んでのダッシュだったみたいで素早かった!(^▽^;)サスガ!

私もそうしたいのは山々でしたが やはり同行者が余韻に浸りたいみたいですからのんびり帰って来た次第です。その後、飲み屋代を私が持ったのでチケット代以上に出て行きました(^▽^;)イッテテー


その流れで 車検でタイヤ交換をすすめられているらしく相談をうける。4本41000円ちょっとを私がどうできるか、オートバックスに向かいタイヤを探していると店員が声を掛けてくる。

しかし、そのお兄さんでは話にならず ちゃんとしたタイヤ担当の店員登場。一通り話を聞いてあげて さて問題です。安いタイヤは在るのか。

ホイル付きで4万、タイヤは台湾のメーカーで一部難有りのアルミを組んで...いらない工作は止めて次! ピレリーなら2万円台へ・・・あの〜海外の安物に逃げるなょ〜私達が使う分には構わないけどダメ。

さぁ、手はあるのか?!あそこにあるタイヤは?と聞くと あーこれは!型遅れの〜これでしたら工賃込みで37000円で出来ます!と言うので、後は本人がどうするか?どーします?

二回の分割までは金利無料と言うことでOKとなりました。ヨコハマの一つ型遅れが4本あり 触ってゴムが柔らかいのを確認して大丈夫でしたから私も勧めました。

ただ、車に付いているタイヤは2本使用可能。なのに4本勧めるのは迷ったのですが、買えるタイミングもありますから、私が店員でしたら絶対に2本勧めますね。4本売るのはエコでも何でもありませんので。

小さなひび割れを指摘したり小細工の度が過ぎます。確かに見た目は悪いですがかなりのところまで大丈夫ですし そんなにタイヤが弱かったらそこらじゅうでタイヤ問題が発生してますょ。

ただ安心が買えるなら、です。小細工の度が過ぎるのでオーナーがビビッてしまっていますから4本交換を勧めたのが大きな理由でもあります。

これでしばらくタイヤ問題は発生しないでしょう^▽^;)ヤレヤレ。でもね、車検問題もありまして〜それもバックスで見積もりしてもらいましてスタンドの見積もりと見比べる。

スタンドはなかなか頑張って値段を出しているので少し安いが、結局は外注へ出してしまうと思うので安心感でバックスを選択しそうですね。ただ見送ってもいいことは指摘しておきましたから大丈夫でしょう。。

今回タイヤを37000円で購入したのでポイントが付きまして、リヤワイパーもゴム700円ちょいが400円で買えました。それだけでもお得だったのでは!?フロントのワイパーをスタンドで1本1500円以上取られていますからね!それもブレードごと交換。

それは次ゴムが規格に合うか問題になり困るのでやってほしくなかったのですが… そんなこんなで私の週末は終わろうとしていたのですが---

帰り道、合流から三車線の中央斜線へ余らないといけない。加速しつつ斜線変更、ミラーを気にしつつ アレっ今遠くにチラッとパトライトが見えた様な...スッと減速しつつ三車線目へ入ると後ろの車が 邪魔じゃ!と言わんばかりに左から抜いて行った。

その瞬間 白バイがたたみ掛ける様にロックオン!2台で確実に検挙してました。その後しばらく走り 一般道の流れが速くあまり追い越し車線に居たくないのですが左の車が速度を合わせる様に並ぶので走行車線に入れずに〜後ろにはKカーがいるから一応大丈夫。。

と思っていたらまたパトライトが見えた!これはすぐに減速して左へもぐりこむ!すると私に並んだ後ろのKカーは覆面パトにマイクでドヤされながら「どれだけ走っとんじゃ!パトライトが見えんのか〜!」みたいな感じで止められておりました。

私は見えましたょ。だから逃げたでしょ。後ろには明らかに覆面以外の車が遠くに見える時か 明らかに車がいない時は走行車線に出ますがそれ以外はあまり出ません。街中は本当に一般車を使っているので厄介ですね。とオヤジの週末は終わっていきました・・・
0




AutoPage最新お知らせ