皆さんも気をつけて〜  

本日、病院へ行って来ました。

また女医さんに「○○の検査をしてみましょうか」と言われ他の科を紹介された。
それは何を意味するのか?!

午後からの出社は その場で終了となりました。。
今回は外科!180分待ち・・・なめとんのか(怒)

それと栄養指導にも行って来ました。こちらは減量対策と減塩♪について。
減量にたいしては自分のやり方で問題ないと太鼓判!?(笑)

目標体重の目安は 一番元気で体力のあった時代がいいらしいデス。
18〜20歳ぐらいがその頃らしい(まぁその時期にデブデブの場合は却下)。

身長に対するベストな体重が計算で出ますが 仕事や体調の事も考えると基準だけが全てではないと聞いて来ました。

そんなお話の中で塩分カット部分では なかなか関心する話が。。
それは 料理の味付け時での塩分調整はかなり難しい!!と、

それは料理を作る人が大変!?せっかく作ったのに 味が薄くて美味しくない!!と言われてしまったりするのと、始めから塩分が入っている食品が多い事。。

漬物や干物などは有名ですが 練り物などにも塩分は多い。先生が一言、酒類は飲まないので つまみなどの問題はないですね。ちくわなんてボチボチ食べていると何本も食べてしまうでしょ〜(確かに)アレかなり塩分が多いんですょ〜(笑えない-汗)

やはり居酒屋などで出るつまみにはかなりの食塩が使われているので注意が必要なんですね、と言うより酒が塩を呼ぶらしいです。酒と塩は相性がいいらしいですから皆さん気をつけて。(笑)

ご飯も塩を呼ぶので注意が必要!ごま塩だけでも食べられるぐらいですから塩との相性は間違いない!!

まだまだありまして〜歳を取ると口の周囲の感覚が鈍くなるらしく味付けが濃くなるらしいです。徐々に濃い味付けになってしまい50代になってから「薄味の減塩にして下さい」と言われても かなり難しいみたいです。。

それなら早い時期から薄味に慣れていけば 歳を取ってから苦労する事も少ない!!
なので今病院を訪れたのはタイミング的には良かったですょ♪と先生に言われました。。


減塩対策としては 塩の入っているモノを丸っと食べるのではなく、塩の入っているモノ半分、入っていないモノ半分、を食べれば塩分は半分になる。

味噌汁などは 汁を少なめにして具を多くすると満足感があって塩分を少しでもカットできるらしい。。ラーメンのスープなんて残すのは当たり前--やで(笑ぃ〜汗)

そうやって考えれば まだまだテクがありますね〜先生さすがっ!!

最後に塩分摂取をゼロにしたとしても 食べる食品に含まれる分で80%が補えるそうです。なので汗をかく仕事だからと言って塩を舐めたりなんて現在はあり得ない事。薄めたスポーツドリンクで充分なんですょ〜♪と先生に言われました。

フ と、テレビで国文太一が美味そうな料理を沢山食べていますが「ヤツは早死にだな!」と思う訳です。。
3




AutoPage最新お知らせ