月の出た尾鷲は,,,,,  釣り

更新遅れまして〜
やっぱり尾鷲に行ってました。

月夜なのはわかっていましたが行かないと始まらない(のか?!)
道中、月が見あたらない。。

松坂から高速じゃ!
一分でも早く着かないと釣れる確立激減---

8時半には釣り場に入ったのですが、
釣り人の多さに閉口…

なんともなりません。
スキマに入って1匹アジを釣りましたが まともに釣りにならない状況。

しばらくして ヤエンアオリおやじが帰ったのでソコに入って粘る。
エサ撒きおやじがネンブツの活性を上げてくれてネンブツぼちぼち...

月も見事に明るくて水位も下がってきた、
思いっきり沈めて探っていたとき 違和感〜アワセ!

アジが掛かったが出ているライン多くアワセがあまかったのかバレた。
そこからはナニをやってもネンブツ---

月とケンカをしても勝てないので大きく場所移動。
仕事の疲れも出て車の運転が危ない危ない!!

休憩をしつつポイントに到着するも チビメバルが釣れただけ、
場所を少し動くと ビビビビ--- とアジ!!

ちょっと小さいけどアジが居てくれた、
オリジナルロッドでトライしていると あたっては抜けてあたっては抜けて掛かった!

これもアジ!小さいけど(汗)
ツ!掛かった!ちょっと重いけど 中メバル。

そろそろ山に月が隠れてくれるからもう少しアタリが増えるぞ〜
と 思っていたら 月が隠れる前に太陽が上がって来ました。

なめとんのか!!月!!沈め!!
アジ3・メバル1・チビメバル ネンブツはリリース...

人と月と体力に負けました。




あ、そうそう。
竿をもう1本製作してますー

短い竿では少し調整(長さの)をミスるとパンパンの竿になる。
1本目はハイシーズンには かなり威力を発揮すると思われます。

竿の長さ、張り、手返しの良さ、0.3号との相性がいい。
魚を掛けてからの少し強引な寄せが可能である♪

ただ 今の時期は本当に欲しい竿ではない、
0.2号ラインの良さを全て引き出せる竿でないと意味がない。

抜けるアタリを見切れる竿!
魚がリグを押し緩んだラインのアタリが取れる竿!

いきなり竿先を押さえ込まれるアタリが来るときがある。
それは半数が抜けるアタリを読み取れず 魚が走ってから竿に反応が出る場合。

カリカリな爪楊枝的竿ならテンション抜けるアタリは竿のバランスで読み取れる、
しかしその竿では通常のアタリで弾かれる可能性が跳ね上がる。

どちらを取るかになるのだが 爪楊枝は私向きではない。
そんなことを考えながら竿を切ったり貼ったり曲げたりひっぱったりしております(笑)

イロイロやると そ〜か こんな感じになるんだ〜 と方向性が見えてくるんですょ。
その答えが出たときに2本と同じ竿ができないスペシャルが出来上がります。
0




AutoPage最新お知らせ