鳥羽 オリジナル。  釣り

日曜も働いた。
鳥羽の状況を知りたかったが、今となっては,,,

欲しいロッドもあるが 今の鳥羽には通用するのか不明な部分が多い、
対メバル用のロッドの準備もしていきたいが春まではアジがメインになる。

まずは鳥羽を攻略していかないと始まらない、
少し前に釣れていた越前をイメージしてしまうと 鳥羽では通用しなくはないがー

かなり厳しい状況に陥るのは 間違いない。
今年の初め頃に尾鷲方面でオリジナルロッドを投入して それなりに釣果は出た。

それは尾鷲方面の釣り場に通って その場所に合わせて試作していたのもある、
しかし 鳥羽に合わせて試作した竿は無い。

なら買って済ますのではなく 鳥羽専用を作ればいい!
アジ竿は どうしてもアタリを出しやすく そのアタリを見えやすくしたくなる。

すると 竿先の入りを軽くしすぎて 「見て釣る」方向の竿が出来上がる。
そうは ならない硬さと軽さのバランスが出せなければ鳥羽専用になってくれないのだ。

この前の釣行ではオリジナルを試していて たまたま良型をゲット。
それは偶然であり… もう1匹バラシてますけどー

要するに 今回試したロッドは軟らかすぎた訳です。
そこでコルト-Sを投入!少しして ストレンジも投入!

コルト-Sでちょうど良かった竿の調子がストレンジでは明らかに硬すぎた。
誘い始めの チョン!と 動かすのが パン!と エギをシャクる様な感じになる、

アタリは取れていて アワセを入れていても 鳥羽アジを釣り上げることはできなかった。
シビアなときは硬すぎもダメ 柔らかすぎもダメなのが良くわかる。

なのでコルト-Sの少し硬め、ストレンジより柔らかめを狙っている訳ですがー
そう簡単にはいかないのが オリジナル。。

硬くする方向は簡単だが ちょっと硬いだけでも もの凄く扱いにくい竿になる!
そんなことを考えつつ ブランクのツナギ目を合わせていたら切りすぎたぁぁぁ---(泣)

今 その手直し中,,,何してんだか-_-)
今回のリールシートはパッチンタイプ!

スクリューシートは不採用!
扱いやすさ 握りやすさを優先すると ステンのスライドしてパチンと止めるアレ!

磯竿とかについているアレですょ(笑)
軽さ 握りやすさは保障されてます!

鳥羽はそれほど そぎ落とす方向でちょうどいい。
そこまでしていない人多すぎ!だから私は助かる!

皆さんは食い気のある 元気な魚をガンガン探してください、
オヤジは丁寧にキッチリ仕事人になりきります^−^)



一応、鳥羽モデルできあがりました。
やっぱ少し硬い、風が吹いたときは威力を発揮してくろそうだがー

ジグヘッドを引いてみないとなんともいえない、
ロッドの長さは最短になり 6fちょうどぐらいかなー

リールシートの位置を下げれば少し長くなります(笑)
やはりスライドリールシートは握りやすいですね♪

そんなロッドを見ただけで皆さん思うでしょ〜
「このオヤジなに狙い?こんなんで釣れるか?」と、

絶妙なところでアタリを出してくれれば勝てるけどねー
それとも 硬くてアタリわかんねぇー となるか、

それとストレンジはPEと合わせて小枝クン2号を試してみます。
週末の鳥羽が楽しみです!!

0




AutoPage最新お知らせ