オリジナルロッドからジグヘッドが決まる?  釣り

またまた更新が飛びそうなので---
ジグヘッドを作っておりました。

これ簡単で簡単でない!
耐熱シリコンを使っているとかではありませんがー

フックとのバランスが難しいです。
オモリはあまり変型できませんけど,,,

実はフックを イジるんです。
ここは好みで私的な感覚なので お勧めできない事多し(爆)

尾鷲用オリジナルロッドが出来上がった事で悩んでいたフックが決まってくれた。
ロッドがアジをバラさずに寄せてくれるので細軸でも安心して使えるのだ!

通常のロッドではファインなフックを使うとフックの弾力でフッキングしてない感があった、
それはどういうことか?!

ティクトのフックを見ると それは一目瞭然!!
ガッチリとした丈夫な作りが確実なフッキングを生み出す。

それは解るのだがー あの形状や大きさは 賛同できないです。
私のスタイルには明らかに向かない。

それと 使うワームでフッキングに大きく影響してくると思われるところも,,,
それほどワームを持っている訳ではないが---

キャロスワンプのボディは予想以上に太い。
そこに弾丸の10番をセットすると ひ弱に見えるし 実際バレも多い感じを受ける。

8番がベストだと思うが 気持ち大きい気がー
なら自分で調整しつつ製作するしかなくなる訳ですょ。

やっとそれが安定してきた感じです。
カミツブシかガン玉でも違いますし結構試しました〜

オモリのサイズと フックの大きさ、最後に形状ですね。
これを組み合わせて使うワームに合わせていくことで最近納得できる感じです。

黄金比率は好みなのでー お知らせできませんが…
私的感覚のカタマリなので 恥ずかしくて見せられません、

こんなことで悩んでいたの??!と言われても困りますから(笑)
ちょっとしたことなんです、それを決めたのが今回のオリジナルロッドなんですょ。。

まだまだ試し足りないので 尾鷲行きますょ。。
0

前回の詳細と今回の詳細。。  釣り

前回の尾鷲での釣果です。
アジ34匹で10匹は太郎さん家に行きました。

なので画像は24匹、さばくにはちょうどいい量ではあります。
クリックすると元のサイズで表示します
一気にさばいて刺身になりました。

二皿の刺身が取れましたょ〜
クリックすると元のサイズで表示します
通常の切り身にはしません、
半身一切れが私流〜 かっちょえ〜(笑)


サラッと済ませて今回の尾鷲です。
これは初日の明け方の釣果、

月を嫌って短時間勝負した結果〜
かろうじて 7匹ゲットするのがやっとでした。
クリックすると元のサイズで表示します
爆風もありましたからしょうがないですね、
それにしても画像には8匹並んでますが,,,8匹だったけ...汗

今回のマグレ中のマグレ!
偶然当たったアジ!最大26a以下順に....
クリックすると元のサイズで表示します
やはり全体で写さないとダメですね---
大きめばかり集めた画像はインパクトが伝わりにくい。

朝一番の食いに再現性はあるのか?
流れにホンロウされ 一瞬外しかけたが何とか釣果が出た。
クリックすると元のサイズで表示します
3匹と11匹が正しいですね、
もう少し早く右寄りにアジが居たのを見つけていたら---残念!

今回は小さめのアジを刺身にして一皿、
他のアジは塩焼き用にさばきました。
クリックすると元のサイズで表示します
これだけあれば大丈夫かなー
やっぱ アジは塩焼きっしょ!!

今回は31匹だと思われます(爆)
最大は26aとまずまずの型がでました〜偶然とマグレの産物?!

次は満月ではないので もう少し楽に釣れるのか??
さぁリグとジグヘッドを製作しなくては、^―^)
0

満月と寒波と爆風の尾鷲はオリジナルが押さえ込む?!  釣り

まぁ...こんな天気で更に満月、なのに尾鷲に向かうのも なんだが…
そんな時に限って連休になる(汗)

詳細のブログアップもできていないのに---
なぜ ブログアップができなかったの??

それはね、ロッドを作っていたからなんです。。
寒波は来ているし風も吹くみたいだから行くでしょー(タワケ爆)

ロッドが間に合ってしまって使わないといけなくなって(???)しまいました。
なぜ 使わないといけないのかは不明だが,,,



とりあえず仕事終わりからトコトコ走り出す。
買出しをして 尾鷲着は10時ちょい過ぎ、

準備をしてポイントに向かう。
自分の影が足元にクッキリ!

そんな状況でアジからの反応がある訳がない。
ロッドを試しつつ---



実は今回のロッド、やらかした(悪い方に)感が漂う。
前回の釣行にも1本ロッドを作ってましてー

今回 どちらもシッカリ試します。
最新版は少し柔らかいが 使用してみると なんとか〜的な...(後に凄い事になります)

軽量〜1.5gぐらいまで、ジグヘッド単体での使用に対応しています。
旧タイプよりは投げやすいです(笑)

もう一本はキャロで使いました。
元竿がメバル用なのでバットパワーが半端ナイ---ぶっ飛びキャロに対応してます。



アタリが出る訳もないので キャロ大遠投してみます。
ラインを送り込んで 更に遠くまでー

ラインがPEなのもありますが 底に着く感じも確実に伝わります。
その数投目 シャクリ上げて フォール 次のシャク ドン!

衝撃が伝わり魚が掛かっている模様〜
久しぶりにPEで掛けたので凄いアタリが伝わると感心。。

上がってきたのは 15aぐらいのメバルどん,,,
アタリの割にはサイズが小さい(汗)リリース。

コレっきり音沙汰無し、手も足も出ません、
サッサさんに尾鷲の月夜攻略法聞いておくんだった〜〜〜(泣)

こうなったら寒空の堤防でボックスに座り居眠り、
横になって寝てませんから〜 マジで寝たら あの世行きです。。

30分ほどウトウトした頃 横にガックン!!と崩れ落ちる...
かなり焦りますぜ!!

2-3投して 魚が居ないのを確認!
今度は堤防の壁にもたれかかって居眠り、

これも30分ほどウトウト 今度は ズッ!と頭に違和感,,,
防寒のフードで見えませんでしたが 頭の横に鉄の錆びた棒が10aほど出てました。

軽く当たっただけだったのと 近距離で助かりました(汗)
さっきの崩れ落ちた勢いで当たったらヤバかったです。。

居眠りする時は周囲を見渡してから、海から離れてー
その前に「車に戻れよ」デスね。

そうこうしていると やっと月が山に隠れた!
気合いを入れて投げ出すと同時に爆風が・・・狙ったかの様に ̄□ ̄;)

朝の短時間しか勝負するタイミングが無いのに爆風とは〜
投げる!

ロッドが風に押され左になびく、
こんなんで釣れるんか????!

キャストも風の止み間を狙って叩きつける様に投げる!
最終的には時間が無いので 風があっても投げる!

そんな中 左になびいたロッドテップが右に ツン!
バシッ!ヒットだ!

だいたいジグヘッドが飛んでいないので すぐにアジが上がってくる、
1匹目ゲット!なのに空が明るくなってきている〜!

即投げる!
ビロロロ〜〜〜 となびく竿に違和感〜〜〜ヒットじゃ!

2匹目!即投げ叩きつける!
一応なんちゃってカウント10で???ヒットじゃ〜!

3匹目ゲット!
叩きつけてフォールからの巻きで ひったくる!

4匹目ゲット!
叩きつけて 巻きに入ると コン!と前アタリ!で後 食い込んでヒット!

5匹目ゲット!
叩きつけて巻きで 明確なアタリでヒット!

6匹目ゲット!
7匹目ゲット!でアタリが数回ありましたが乗せられず日の出にて終了。。

よくまぁライントラブル無しで釣りができたものだと関心しました、
最後のアジを転がしたままでアタリを取っていたので ものの5分でアジは丸干し状態....

爆風で簡単に干物が出来上がります(爆)
でも この一瞬が無かったらアジゼロですょ、よく1ヵ所にかけたギャンブルが当たったものです。

奇跡の7匹で一晩目は終了。





移動して爆睡!
起き出したのがお昼頃、風が巻く中 今度は リグテスト。

風対策の為 重めのジグヘッドを使える様にリグり、
オリジナルとフィネッツアにセットして投げ 沈み具合を見る。

頭の中で考えることと 実際は微妙にズレていたりするので
是非皆さんも明るい時に試してみて下さい。

時折 沈めるのに夢中になっていて 何が釣れるんだね、と突然聞かれ焦ることがあります。
周囲も見て沈めましょう(笑)

テスト後また夕暮れまで撃沈。
4時ごろ置き出し 準備、薄暗くなりかけた頃 すでに空には満月が、

こんな状況で当てもなくポイントを目指す。





一応 朝釣れた場所を目指す。
しかし 1ヵ所目に止まった場所があった。

何気にそのポイントに入り投げる。
カウント20、重めのヘッドを若干浮かせ気味にし1gと同じ程度に沈める感じ、

ン?バシっ!ヒット!
1投目で違和感ヒット!

何気にオリジナル恐るべし〜
朝の爆風の中 アタリを感じ取り アワセ切れも一切無い、

それでいてバレも無い。。
暴れて上がってきたのは まずまずのサイズ!

もう一度カウント20 食わない、そりゃそうだ そんな簡単な訳が無い。
横へ誘った瞬間 微かーに重くなるーアタリじゃ!ヒット!

これまた まずまずなアジ!
魚を外しても一度20カウントへ送り込む、

横への誘いへ切り替える 食わない マグレがー チ 食った!
3匹目ゲット!

群れが居るのか?!
即投げて 20カウント 触らず、次も触らず、

カウントを25まで増やす、
横に誘って 微かに重ーーーくなるヒット!

次は ッ と来てヒット!
その後 触らず30までカウントを増やすと チビカサゴがヒット、

レンジの限界なので意図的に18まで戻す。
すると 一撃!

アジのサイズが落ちてきた、
18カウントから 沈めながら誘いヒットするも更にサイズが落ちる。

通常良く釣れるサイズがポロポロと釣れて アタリが途絶えた。
そんな頃リグを切ってしまい通常に戻す。

カサゴが顔を出す。
やはり先ほどのリグより沈んでいる様だ。

20カウントから誘い上げて 駆け上がりにそろそろ触る頃、
違和感中の違和感!ドン!アジが走り回る。

今日イチのアジが顔を出す。
0.2号なので弱らせて 丁寧に抜く〜 「オリジナルロッドじゃいごう!」

すぐに投げるが 予想以上にジグヘッドが沈んでいて切ってしまう。
即 フィネッツアに持ち替えて投げる。

20カウントから 誘いを入れて 2回目 ポーズで ドン!
アワセで まさかのラインブレイク!

ロッドの中間で高切れました---
魚のアタリが明確に出て 切れるとは、やはりフロロじゃないと,,,

10匹のアジをキャッチできてラッキーでした!
ここでアタリが完全に途絶え 場所移動。

他のポイントでアジンガーと話をしていて 34縛りではないがー
一通り34(笑)

魚が当たらない と、そりゃそうだ この月だからしょうがない。
色々な話をしてから しばし仮眠。

ナイターに来ているのに こんな事は珍しい!
2時間寝て 3時過ぎに起き出す。

もう1名は車にまだ居るもよう。
一足先に投げ出して見るが反応が無い、そう簡単に釣れる訳が無い。

10投ぐらいした頃 ク コッ 抜けた、アジが居たー
同じ方向に投げると スッ- 食った!1匹ゲット!

2-3投目 スッ- 食った!2匹目ゲっト!
その頃 車からアジンガー現れる。

2匹釣れたのを伝え 投げると スッ- と来た!
3匹目ゲット! ここで私は場所を譲り場所移動。

10匹釣った場所を見てみるが 1匹バラシただけで移動。
朝一番にかける場所に陣取るも入った瞬間に1匹、

少し間を置いて1匹、その後沈黙。
すでに空は明るくなりかけているのに---

これで終わりか〜
と思いつつ ラスト1投と右前に投げ10カウント、

テンションをかけた瞬間食った!
右!!

そーか、潮の流れが右から押していて
ジグヘッドが左から上がって来るな〜と思っていた、

右寄りのアジが陣取る場所を避けてジグヘッドを引いていたのだ…(汗)
居場所に気が付けば直撃!

アタリが頻繁にあり 抜けも多発するがホボチボチ追加してアジの群れは日の出と共に去った。
朝は14匹、一応朝イチパターンはある様です、保障は一切有りませんが,,,

尾鷲としては 帰りの走り出しが7時と遅めになりました。
それと たまたま今回は釣れましたが 尾鷲の満月とは戦いたくありませんね...




オリジナルロッドですが ガイドを付けた時点で柔らかい感じかした、
使ってみると 柔らかい が 絶妙なところで踏みとどまってくれた。

なので違和感アタリをガッツリ拾います!!
オリジナル尾鷲バージョン完成か!?
1

ワンデイ尾鷲は 太郎さん参戦!  釣り

やはり今回はワンデイ、太郎さん参戦、さて尾鷲は答えてくれるか!!
長島で待ち合わせ 一路尾鷲へ。

高速も比較的流れて 快調に大内山IC、
下道も調子よく流れ尾鷲へ入る。

道中に吹いていた風も尾鷲では弱く期待が脹らむ。
ポイントンに着き太郎さんが準備している中 私が先行して状況を,,,

釣り場には1人の釣り人が、
聞いてみると「食わない」と…

私も投げてみるが 反応が無い。
しばらくして 太郎さんが現れると同時に 先行者の方が移動していった。

ちょうどその頃 アジの気配がー
ッ 来た!1匹目ゲット!

旧オリジナルが威力を発揮する。
少し間をおいて ッ- ヒット!

ここで プチラッシュ!
4-5匹ほど釣り 沈黙。

場所移動。
今回はスリム系ワームがいいようだ、それに毎回だが 旧オリジナルロッド強し!

場所移動してみると 1名釣り人が、
状況を聞くと やはり渋いらしい。

場所を動くと 2-3匹釣れるがそれ以降沈黙してしまうみたいだ。
その状況を聞いて 動きまわるのは リスクが大きいと判断、

2ヶ所ぐらいにポイントを絞りじっくり狙う事にする。
ポンと入った場所で ジグヘッド単体を沈めていると ?

パシッ!食ってるしー
小さめのアジゲット。

連発せず、始めに見えた方が移動していった。
厳しい釣りが決定かな---

今回は3本竿を持ち込んでいる、
フィネッツアに旧オリジナルと鳥羽仕様オリジナル。

やはり オリジナルを試して 尾鷲バージョンをなんとかしたい。
鳥羽よりも明らかに 柔らかい竿が有利なのが見えてきているので もう一頑張り!

まずは 魚が居るレンジを探る。
前回は 13〜15カウントで多く反応が出たが今回はどうか、

それ以前に魚は居るのだろうか...
もちろんスリム系ワームを123456789---

食わねーし!
いかんいかん 丁寧に、123456789---- 刻むピッチを細かめにしてー

23で 違和感!ヒット!居ましたー
太郎さんにも カウントを知らせるが こればっかりは参考程度に、

人によって数え方が違うので 深めに居る感じで攻めてもらう。
連発する訳ではなく ポツリ ポツリと反応が出る程度。

触らないと 更にレンジを下げて 捜査範囲を深くする。
最終的には私的カウントで42で底に届いた、

とょっと細かめではあるが 結構水深があるなー
もう一度 投げ直して 40カウントに差し掛かったとき 本当に微かな重さを感じた!

アワセ!巻いてくると 軽いが何かついているけど-----
マサかのネンブツ!きっと駆け上がりの水中での明暗部で

暗い部分まで送り込むとネンブツが陣取るのだと思われる。
なので ジグヘッドを重くして 明暗部の沖側を探る作戦を試す。

深場まで送り込んで この辺りだと思われる水深で ポンポンと誘いを入れると、
フニッ と重さを感じた 巻きアワセ!

深い場所からアジが上がって来たがー
全然アジのサイズが上がらない。

こんな探りをしていると 大型の回遊があれば釣れるのだろうけどー
ホゲる可能性が高い。

やはり通常のスタイルにに戻す。
そして ワームを長い系にしてみる。

そう スワンプだ、
すると これが正解だった!

カラーを何を使ったか忘れたが カラーをコロコロかえていくと反応が出る!
クリアー系なら何でもOKみたいだ。

爆発的ではないが 2-3匹ポンポン!と釣れる場合が多い。
魚も浮き気味になってきて 太郎さんも掛けている。

それと 近距離で食うこともあり アワセ切れが発生する、
いきなり 引っ手繰る様に食うと 反射的に身体が反応してしまう…

ドラグを緩めにしていても 0.2号は切れます。
きっとモノフィラメントでは0.3号でも切れると思います。

スペアーのリールには0.3号のフロロを巻いてあるので リールを交換する。
ワームが長いので 飛距離も出てライン強度は格段に上がる!

不意のアタリにも切れる事はなくなった。
やはりフロロになれるしかないかー

早くフロロの0.2号を出して欲しいですねー
どこか作ってくれないかな、

強度が出ないから作りたくないと思うが 短いワームでは飛距離が出ない。
それに軽いリグだと ラインがももる。

ボチボチアジを追加していくが 疲れが,,,
太郎さんは運転もあるので 戻りながら 軽く探ることにする。

2ヶ所ほど投げてみるが 1ヵ所でアジが釣れたが単発。
もう1ヵ所ではアタリはなかった。

太郎さんが休憩している間に少しではあるが 私単独で調査。
寒い中 頑張るが2匹追加して とうとう釣り場で居眠り…

そんな中 1名エギンガーおやじが話しかけてくる、
これが アジングに対しての質問攻め,,,

私が釣りに集中できず ライントラブルまで発生!
ロッド3本中2本ライントラブル〜

一番硬い竿で頑張るが 弾くのでアタリがあっても掛けられず、
明け方の時間がない時に ライントラブルを直し投げるとー

2匹追加、その後バラシ2で終了、やはり ロッドによって差が出る。
居眠りと戦いつつ 釣りに集中している人に見境なく話しかけてくれるのも問題だと思いますね、

一応 返答はしていますがー
居眠りと戦いつつ 小さなアタリに集中はするのは無理じゃ!!人に聞く前に自分で試せ!

そんな尾鷲での釣果は34匹でした。
各色スワンプで釣れたのは楽しかったが、ラストが情けなかった---

遠い距離ドライブしてくれた 太郎さんお疲れさんでした。
ポイントの状況がこれでわかったと思いますので 次回はボコボコに釣りましょ〜^−^)

次週は満月ですけどね(滝汗)
1

詳細。。  釣り

今回の尾鷲は1日目はアジの活性も高く難しい釣りではありませんでした。
ただ軽量キャロは難しいです(汗)

思いっきり忘れていた カマス34a!
アジだったら〜なんて思ったのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
カウント3で あれっ?アワセでバレました。
もう一度 投げてカウント3で同じくアタリ!今度は掛けて寄せたら〜

カマッシーでした。
こんな浅いレンジでいきなり食うとはアジじゃないわな〜

全体だとこんな感じ。
アジ145匹+カマッシー、
クリックすると元のサイズで表示します
とょっとコレをさばくと思うとー 泣けて来ます...
実はこの後が まだまだヤバかったのですけど〜

右側が61匹でプラオケに入っている側が84匹、
右側を一気にさばいて 左に取り掛かったのですけどー

魚を広げたら(滝汗)
半分終わった感覚でいましたが---

全然これからが本番だったのかと思い知らされる ̄▽ ̄;)
煮付け用と刺身用に分けさばきました。

その結果、
いつもの刺身が出来上がりました^−^)
クリックすると元のサイズで表示します
頑張らないと刺身になりませんからね〜
3切れだけですが 直火で焼いて焼肉のタレをつけてみた!

これがウマイのだが チューブワサビだと思って使ったモノが、
柚子コショウだったのにはガッカリ,,,

これは次回に持ち越しの課題です(笑)

そして前回のネプトさんからの「仕返しハマチ」(⌒o⌒)
画像を取り込み忘れておりました。
クリックすると元のサイズで表示します
魚が大きいと刺身にしやすいです。
当たり前か---(汗)
1

なんと!尾鷲Wヘッター!  釣り

たまたま今回は土日が休みになった
とてもラッキー!!月曜は仕事ですけどね,,,

年明けに尾鷲に入って 魚を確認できていたので、
どう料理するか 料理されるか(後半確立高し)。

釣り場にはPM10時着、やっぱ尾鷲遠いわ〜
今回は軽量キャロを試すべく来た訳です。

早速準備して歩き出す。
ポイントにはすでに釣り人が、どこができるか歩きながら見ていく。

人も居なければ魚も居ない感じの場所、でも何かピンときた。
一応投げてみる、リグが予想以上に飛ぶ感じだ!

フロロ0.3号を使っている割には飛距離充分!
モノフィラの0.2号とは安心感が違う。

ただ どれだけ沈んでくれたとか まったくのカンですゎ、
一応上から刻んでいきますがー 無反応。

そう簡単に釣れるはずがない。
それでも魚を探すのには時間がかからなかった!

左前で チッ 触った〜 次はイクでぇ〜 同じラインを〜 ゥ- と竿を押さえた!
とりゃ!かかった!1匹目ゲットー^−^)

魚は釣ったが 海水を汲むのに 干潮すぎて 水汲めず、
急遽車まで戻り水汲みバッカンを持参 寒空に汗,,,

左右に投げ分けて3匹ほどアジを釣り場所を動く。
アジは釣れたが 釣った感は薄い、アジの活性が高く食ってくれている感 ありありー

次の場所は斜めに投げる感じがベストかと、
影との明暗際で 竿を押さえてくれる ドン!アジゲット。

3匹ほど釣ると 静かになる。
どうもキャロの水中でのコントロールが考えと一致していない、正しく扱えていないだけだが---

ここで気分転換にジグヘッド単体にしてみる。
すると 絶好調〜〜〜1gで魚が反応しなくなったら 0.4gと交互に投げる。

これは前回の釣行で学んだローテーション。
ここで 釣り人が現れる、

一宮からのエントリーでこの方 この釣り場にとても詳しく釣り場の状況を教えてもらう。
そして 猫ひろしに釣りを邪魔されるが 事なきを得る。

なぜだか同じ場所でアジが釣れ続け追加していく。
良く聞いてみると 地元の人曰く 1級ポイントだったみたいだ。

アタリが遠のいたので ここまでのヒットワームを進呈して 私は戻りながら探る事に。
その方は奥へ行かれた。

始めに入った場所を最後に探ることにする。
まずは キャロ だが どうも遠くに魚が居ない感じだ、

0.4g単体を丁寧に引いてみると ロッドティップが スッ- と押さえる!
アワセも決まりアジをゲット!

この静かで それでいて微かに1aほど入るアタリがパッツン系のロッドでは出しにくい、
感覚で確かに解るが 自分が早く感知できればいいが アジが先に見破れば一気に走られる。

たいてい 高価でカッコいいロッドは ティップが 黒い。
視覚で微妙なアタリが読み取れることも多く オヤジには不向き。

旧オリジナルは世に出せない オヤジ限定アイテム(笑)
このロッドのお陰で 肩の凝りが減らせます!もちろん先は白さー^−^)

視覚で取れるアタリを3発ほど拾い一晩目を終える。
一宮の方より早く車に戻ったのは 仕事の疲れでフラフラの為 海に落ちる前に休憩です。

何度 よろめいたことか(汗)
そんな 一晩目の釣果は61匹と 予想以上に釣れてました〜@_@;)





また更新しますから〜 しばし休憩...
魚をさばいてから打ち込みますから頭が回らんです。。

ちょっと目が覚めましたー
続きを、



寝て起きたのが10時頃、氷の買出しは急務。
朝一番で釣り人に聞いた場所に行って買出し完了。

迷惑にならない場所でうとうと,,,
3時頃置きだして 今度はリグテスト。

6mぐらいの水深を1gを沈めてみたり、
変型ジグヘッドを引いて0.6gをスローに引けるかも見る。

シンカーの角度で安定するモノとそうでないものがあるのもわかった。
そろそろ車の駐車場所に移動する。

車をまわすと 車を止めてすぐ 一宮の方も現れる(笑)
今晩もご一緒みたいだ。

準備をしていると E君が現れる。
昨夜は前半アジの反応が良かったらしい!

今晩も頑張って釣らないと。
準備を済ませポイントに向かう。

昨夜とは違う場所に入ってみるが---
全然反応が無い。激渋じゃなくて 魚が入っていない感じだ。

周囲でも同じ状況らしく 沈黙。
そんな中、ロープ際で カウント23、ん?

ロープか、ロッドを立てると 魚だし〜 ツンー あ〜バレた。
魚が深いな、何かスイッチが入りきらない何かがあるようだ。

少し場所を動いてみるが 反応が無い。
少し開けた場所で 始めに居た人が移動していったので入れ替わりで入る。

しばらくして 足元でアジを見つける!
ここでプチラッシュ!7-8匹キャッチするが沈黙。

魚が浅場に出て移動していった感じだ、
魚の移動に同調は無理だが 居場所を見つけられれば…

それほど大きく動かないと思うので、
1g単体をフルキャスト!浅場に出てきた場所の沖に沈めていく。

右からの風を考え右に少し足場を動き着水点から左にドリフトさせる。
もちろんレンジを確実に刻む。

8で チッ! 触った!やっぱり居た!
全力で巻きアワセでアジが上がってきた〜

この魚が居場所を教えてくれた。
もう一度遠投 10で触った!これもキャッチ!

ここでもう少しアレンジして もう少し長く魚に見せる方向で、
もう少し落とし方をスローに刻む作戦だ。

するとカウント13前後で触るようになった。
アジの群れも少し上下をするようだが 13〜15で触る、

離れた場所に居た一宮のお方が戻ってみえた、
ボチボチキャッチしていたが 魚が移動したらしい。

一応今の状況を説明して 見ていてもらう。
キャストからのフォール、カウントしていきー

13で止めて軽く誘い3回 タン、タン、タタッ!食った!
バシュ!とアワセてアジを上げる!

ここまで見事にカウントから誘い、食わせまでお見せできて光栄(笑)
同じ場所で投げてもらって釣ってもらう、

使っているラインがPEなので多少誤差はあるがー
いきなりアジを掛けて 私もビックリ!!

これぞパターンですね。
しばらくすると 少しアジが手前に移動した感じだ、

私はずっと1ヵ所に立っている。
アジが少し浮いた頃、すでに時間が3時をまわっている。

移動して少し奥を探っていた一宮のお方が戻ってこられたので
戻る方向でポイントを見ながら釣って行くとー

アジが前日の様な活性でアグレッシブに反応してくる。
もう少し早く浮いてくれたら楽だったのに〜〜〜

最後にアジらしからぬ食いを味わって今回の釣行を終了しました。
車に戻って数えてみると この時期としては異例の84匹もアジが・・・

半数以上は ほとんどリールを巻かない釣りで
フォールからのレンジを意識した誘いでした。

だから掛けた感はあるがー
沢山釣った感は少ない。。

なので気づいたらアジイッパイでした(汗)
それと 左肩と背中の痛いこと,,,

とても疲れる釣りでした、神経すり減りますょ。
マジ,,,
2

桜山に出会いあり!  釣り

本日、通院で午前中は仕事 午後は通院の予定。
その帰り道に プロショップ桜山へ行こうと考えていた。

昨日たまたま 店長のブログを見て---
14時クローズ、あかんじゃないの!!

大阪にアジト三兄弟を見せに行くらしい。
なので早終わり,,,12時に仕事場を飛び出し一路 チェリーマウンテン!

黄金の陸橋付近が渋滞だとラジオが知らせるので大回りで1時過ぎに現地着。
すると〜 見たことがある人が〜 そぉ サッサさんだ!

お店で 忙しく出かける準備をしている店長を 置いといてー(スマソ)
この前の状況に後日の状況 当たりルアーや その使い方を教わりました。

確かに、そーか〜、そうですよね〜、そーなんだ〜、と為になるお話ばかり!
根本の 色々なことを吸収して釣りにどんどんフィードバックしていく精神は同じだった!

だから 考え方が柔軟でありながらも 緻密で繊細、
それを現地テストで答えをだして行く堅実さが サッサさんの強いところなのを感じた。。

一番驚いたのは 以前 隣のおばさん(餌釣り)に完全試合で負けたことを話したとき、
あーそれは僕なら コレをコーしてやれば 釣れると思います!と〜

悩んで悩んで出た答えを 釣り方までサラサラと話される,,,
その差は すでにアジ狙いだけで5年も費やしている事、

それが 普通の人のアジ釣り5年じゃない、
サッサさんの5年なのだから そりゃ違い過ぎる(滝汗)

そんな凄い釣り人が とてもキサクだから 周りに集まる人が凄くなる訳だ,,,
お抱えメーカー1点縛りでは 無理がある---

アジを釣るのに縛られない 自由度が釣りに反映されているのだと思います。
それと ラインメーカーのナイショのお話 笑えました⌒m⌒;プププ---

お勧めの アレとコレ、ソレを購入して
出かける準備に忙しい店長さんとサッサさんにお別れして私は帰路に、

その後 慌てて病院へ走りましたとさ。。
1

仕事始め。。  釣り

長い休み明けは やっぱりキツイです。。
ましてや 一日歩き回る仕事なので疲れます ̄0 ̄;)

週末の釣りのことを考え 体調をベストにもっていかないとね〜
寒いから行けないなー なんて言ってられません!

尾鷲まで 片道212`。
鳥羽は 片道188`、目玉が飛び出るほどの差はない。

なので 走るのになれるだけ と言い聞かせたい(汗)
1・2・3月はアジを狙いに走ると思います。

ただ3月になるとメバルを少し挟むかもしれません。
アジのアタリが渋くて 泣きそうになってしまった場合 特に(笑)

そうならない為にワームを買ってしまった---
あの渋さを知ってしまうと ついついワームが短くなる、

そんな中 サッサさんはアジキャロスワンプなんだよな〜〜〜〜
だからナイスサイズもキャッチしている。。

わかっていても 使い通せない、
アジのレンジを探していても このカラーでいいのか??

触らないけど魚が居ないのか??
なんて 徐々に弱気になってしまう。。

徐々にレンジを下げてロープや根に食われるから特に,,,
そろそろ 根に強い釣りをしていかないとアカンのかなー

根に強い?それはキス狙いでよくやります。
根を把握するまで 突っ込みます!

ガンガン突っ込みます!
魚が掛かれば根掛かりはしない、

なのでネンブツでもなんでも掛ける方向で攻めます。
だからスマートな釣りじゃない...

ただ大型魚を獲る確立は上がるかもしれません。
それと大型魚をバラす確立も上がるんですけどね〜



追加、
軽量ジグヘッド単体が 今は必要。
前に なんちゃってコブラヘッドを書きました。

コレ この前 動きを試したんです。
すると 特徴的な動きをしてくれました!

持ってはいますが 本物がどんな動きをするか 知らない(汗)
きっと同じ様な動きをすると思われ,,,,

今回は 重めで試作したモノを見える範囲で投げてー
引く・シャクる・テンションフォール・フリーフォール等々

ゆっくり引くと細かく左右に振動しながら泳ぐ、
止めると やはり細かく振れながら沈む、

フリーで落とすと スコン!と まっ逆さまの急降下〜
テンションをかけると その場で止まり ゆっくり沈む。

そ〜か、ワームが尾っぽの役割をするので 頭を下げるんだ、
だからテンションを抜くと 重めのヘッドが引っ張って行く。

普通のジグヘッドは ここまで頭を下げたりしないな、
それに 止め でココまで極端に水中で止まらない。

やはり 平たいヘッドは水の抵抗をつかまえる様だ。
コレを参考に軽いウエイトで いくつか作ったので 次回試してみたいですね。

きっとワンデイなので 試している余裕があるかどうかが問題だな,,,
0.6gを0.4gと同じレンジ・同じスピードで引けたら◎なんだけどね〜

たかが0.2gされど0.2g、
旧オリジナルロッドでは 1gは重過ぎる 0.6gぐらいが一番扱いやすい。

安定した飛距離も出せる。
0.4gでは 意味不明な飛距離しか出ないこともしばしば(汗)

無駄な時間を作らないのも 有効な戦略ですからね〜^−^)
1gでも食うからそれで通すのもアリだけど、

あまりやらない軽量ジグヘッドで釣れるのだから試さないのはもったいない。。
食わなくなったら キャロ、重いのは 比較的得意なんですけどねー
0

ハマッチー!と ビックリ!  釣り

さばいたアジを本日太郎さんに届けに行った。
おまけに ネプトさんにも届けにいった。

そしたらハマチの仕返しをもらった7匹も(汗)
3匹ぐらいなら お返しなのだが,,,,

久しぶりにさばくハマチはぬるぬるでして〜
こんなにハマチってぬるぬるだったっけ??と思う、

それほど ぶりにハマチに触った。
2-3匹さばくと 身体が反応して さばくスピードが上がる♪

うろこはそのまま、頭と腹の部分を切り落とし、
血を洗い流し 一気に三枚おろし!

開いた部分を重ねない様に気をつけて〜
アバラをすく。

一度まな板を洗い キレイにしてから皮を引く、
皮と身を切り離す最後のところをゆっくり行いー

切り離した身を違うまな板に置く。
同じまな板を使うと魚の臭みが移ってしまうからだ。

コレを繰り返し ハマチの身が山に---14半身分。
全て バラしてから 今度は身を上下に分けて中骨と赤身を落とす。

そこから切り身にして皿に盛る!
大きめの皿に二皿と小皿1つ、他に短冊が まだ6本。

この6本は知り合いに進呈するか?と 嫁さんに聞くと、
顔がどこかニヤケてる 持って行くのね、準備しますゎ。

上手く使い物になって魚が全て無くなりました。
さぁ〜ネプトさんに連絡しなければいけません(笑)

ハマチ・ボコボコの際は連絡お願いします^−^)b
あっ、たくあんもお願いします(爆)


ネプトさんに会いに行く前に太郎さんと満喫でダベリング、
寒くなったので 釣りもなかなか行けないな----

色々話しながら飲んだ カフェラテだったか?が めちゃくちゃ濃いは甘いは ̄o ̄;)
チビ、チビ、チビ、としか飲めない(汗)変に目が覚めた。。

朝から焼きそばを食べて〜 変な感じ(笑)
帰りにカーマに寄ると ハイパーVの安全靴が安かった、次はここで買おう。

太郎さんと別れて1時半には帰りハマチと戦ったとさ。。
これにて長いお休みも終わり忙しい毎日が始まります...




最後に、
サッサさんのブログに伺い お礼の書き込み、
そんな中 同行のお仲間さんは たーきぃさんと判明!お名前も聞かず 失礼しました!

背の高いナイスガイでした!釣り場でお会いしたら宜しくお願いします。。
新年早々ビックリの連続ですゎ...(汗)
0

初釣りは驚きの連続!  釣り

今回はマサかの人達と現地でお会いすることに・・・

お昼少し前に家を出て一路 尾鷲へ。
道中快調に下道をトコトコ、とりあえず白子の遊まで無事到着。

チラッと店内を見て すぐに走り出す。
ここから尾鷲方面も快調に走れました!

釣り場に着くとエギンガー数人、
アジンガー1人。

暗くなると残る人が居そうだな、
今回は苦戦必死ですゎ。。

そんなコトを思いつつ 準備に取るかかる。
するとアジンガーと思われる1人は車に戻ってきた。

コールマンのコンロで夕食の準備か、
ヤカンを火にかけて コチラの様子を見に来た。

すると それはE君じゃないですか!!
何っ!?アジしてるの??

一昨年の秋からアジをしてます。と、
それなら ほぼ同じ頃にアジを始めてるじゃん!

偶然もここまでくると驚きます。
釣具屋でしか合わないのに、それも最近はめっきり会ってなかった。

色々話していると暗くなってきたので釣り場に向う、と〜
二人組みが先に入る(汗)

人が歩き出したのをみて先に入るとは...
結局狭い場所に4人、こりゃ苦戦どころの騒ぎではない。。

アジがライズしだしたので 私は迷わず旧オリジナルに0.4gを投げる、
すると 数投目 来た!バレ〜 次も 来た!バレ〜 次もバレ〜

E君が「矢邊さんが言うには 1匹バラすと 10匹バラシたのと同じ」らしいですょ と言う。
そう言ってE君もバラシ(爆)二人して 矢邊さん曰く50〜60匹ほどバラシた計算ですな(笑)

やっと私が1匹上げる。やれやれ---(汗)
すると隣の二人組みの1人が1匹あげた。

そこから そのお二人は沈黙で場所を替わっていった。
私はポツポツアジをゲットしていく、と言うか それがやっと(滝汗)

連発はありえない感じだ。
しばらくすると 二人組みが現れた、

丁寧に挨拶してくれて 少ししたらそれは まさかの「サッサさん!」
桜山オリジナルアジト製作者SKキャロ製作者のサッサさんとお仲間だった@。@;)

こんなところでお会いできるとは!!
場所が狭いので少し投げて移動していかれたが 後半に続く...

苦戦が続く中 E君が大遠投でアジをキャッチ!
ならば と私も新しい竿を試す。

それに合わせて中距離用のリグで投げてみる、
思ったより竿が強いのでリグが軽く投げにくい。

少し重めに調整して投げると 中距離が遠投になっていた(汗)
そして即アタリ!バシッ!と アワセると アジが水面に飛び出してバレた(泣)

今度はアタリを弾く、竿が強すぎるのだ。
こんな時は竿の持ち方を少し替えてー タタッ!スコン!と手首を返す!

竿をアオるのではなく 平行に引く感じ、
アジが泳いでも 明らかにオーバーパワー!こんなに強い竿だったかな???

今シースンのメバルに投入するからいいけど アジ用で買った人は 使えるのか??
ギガアジ専用ですな,,,

遠投でもアタリが途絶える、
速攻で元のスタイルに---

軽量ジグヘッドでずっと通せる訳もなく---
1gも投入して探りを入れていくと カウント15で 抜けた!

バシっ!アレ?バシっ!居たっ〜
一瞬重さを感じなかったがアジが変な方向に泳いでいたみたいだ。

連発してくれない。
フォールは効くみたいなので 様子を見ながら0.4gと1gを使い分ける。

浅いレンジでアタリが出ないときは1gで しばし探ったら0.4gに戻す、
なんとも忙しいアジングだ。

こうしないと 釣れない時間が長くなってしまうからね、
アタリが渋い!と思ったら 水面にバシャ!と尻尾を出しながら反転アタックしてくるアジが---

竿がギュン!と一気に絞り込まれる!
隣で見ていたE君が スゲー!魚が出て来るところから全部丸見えでしたね〜

渋かったり アグレッシブだったりと 対応が難しい!
E君は朝方 青物狙いの為 早めに釣り場を後にして 車で仮眠です。

私は1人根気良くアジを探していると、
始めの2人組が戻ってきた。

ずっとココですか?釣れましたか?と聞くから
渋くて釣れませんね と言っておいた。

その隣でアジをかけるんですけどね やっと掛かった〜と言いながら(笑)
しばらく2人は投げていたが 魚を上げること無く去っていった。

静かになって しばらくすると 1人のアングラーが現れた、
女性だ、釣れますか?と聞かれた、けど 見たことがある!?

もしかして hataさんじゃないですか?!尋ねてみると そうですがー
やっぱり!私の名を名乗り あ〜そうでしたか と驚かれていた。

アジは居ますがとっても渋いですょ、と伝え
ちょうどhataさんがみえた時はアジが全然アタってこないときだったのでー

hataさんが救世主に見えた!!
ついつい、この難しいアジをスーパーテクで掛けてみて下さい!!とお願いしてました...

hataさん、頑張って下さいと言い残し 戻って行かれました。
それが正解だと思います。。

1人でアレコレ試していると やっとアジのご機嫌が良くなったのか
表層でのアタリが増えてきた!

アタリも明確に出て順調に追加していく。
時間が経つにつれて アタリも減り ついにはレンジを探っても触りもしなくなった。

そのタイミングでサッサさんが現れる!
今は潮どまりですねーと、ちょっと休憩ですと車で食事タイムみたいだ。

車から戻ってこられた時には 温かいコーヒーが、
冷める前に飲んで下さい!とコーヒーの差し入れを持ってきてくれた!

なんと人の良い,,,
氷点下の気温の中助かります!!

先ほど分かれてから サッサさん50匹ほど釣られたとか・・・(驚きっ!)
お仲間の方も20匹ほど確保したみたいで、やはりレベルが違います!

現在の尾鷲の状況などをお聞きして サッサさんは違う場所に移動、
あっ今日の当たりワームを聞くのを忘れました(滝汗)

その後 明け方までアレコレ試しましたが アジからの反応はありませんでした。
アジング、まだまだ奥が深いです!!


今回の釣行では まず E君と出会い、
hata姉さんに出会い、サッサさんとそのお仲間さんと出会い、
サッサさんにはコーヒーまで頂きありがとうございました。

また釣り場や魔界でお会いしたときは宜しくお願いします。
初釣りは驚くことが満載でした!!

問題の私が 確保したアジは28匹でした、
やっぱり地味な釣果となっておりますね〜 ̄_ ̄;)
0




AutoPage最新お知らせ