詳細。。  釣り

今回の越前は まずまずの釣果でした。
ただ26aの壁が大きく行く手を阻む中、あっさり進撃(爆)

きっとクロダイを釣った後の 魚を見つけて狙ったのが進撃君かと、
そんな全体の釣果はこんな感じでーす。
クリックすると元のサイズで表示します
27.0a1匹、25.5a2匹、25.0a1匹、
24.5a2匹、24.0a2匹、23.5a3匹、

22.5a3匹、19.0a1匹、クロダイ32.5a1匹、
リリースあり でした。

そんな高い壁を越えたのが〜コチラ!
クリックすると元のサイズで表示します
口を開いたら28ぐらいあるけど〜
口をキッチリ閉じて27.0a!

ナイスコンディションと言うよりはスリムでモデル体形かな。
他のメバルは体高があるのが一目瞭然!

こんなのメバル竿のジグヘッド単体で掛けたら ドスン!って感じです。
ただ竿が柔軟な為 硬い竿でやり取りするよりは暴れませんねー

アワセた瞬間重さが違います。
越前では ずっと単体でやってなかったからな〜

場所を考えれば行けるんだってコトですね。
それで1匹小さいメバルをキープしてますが---
クリックすると元のサイズで表示します
ウロコを取ってから気づきました〜〜〜(汗)
魚の大きさ比較をする為に、それと釣果を奇数にする為に、

ラストを飾ってくれたメバル君!
25a絡みと19aではこんなに違うんです。

そして皆さん気になるベイトはコチラ。
クリックすると元のサイズで表示します
消化していてなかなかキレイなベイトは出て来ない。
それが完全体で見つかったので写してみやした!

なんの小魚??
だから餌場を皆さん見つけましょ〜^−^)b

そして刺身はこんな感じ。
クリックすると元のサイズで表示します
薄く切るので、平で並べると箸で取りにくい。
なので丸めてみました。

花びらの様には出来ませんが これでかなり取りやすくなりましたねー
でも手間が増えますな....

それで最後に皮付きの湯引き。
クリックすると元のサイズで表示します
これは小さめの魚でやるべし!
大きい魚でやると 皮が固い時があるので 皮の薄い小さめのメバルが お勧め♪

今回は26aの壁をあっさり越えてしまった越前でした(笑)
さぁ〜イシグロ行って来よっと。
0

詳細。。と 越前釣行を追加。。  釣り

やっと超えました!25.5aの壁を(祝)
確か この魚をジグヘッド単体で釣ってます。

ずっと研究して出た答えが 人のブログを見て真似ろ!
これに尽きます(笑)

マネとは言っても 場所が全然違うし 釣り人のスキルも違いすぎますので---
きっとマネ以前の なんちゃって状態(爆)

それで釣れるのだから 福井のエキスパートは そら恐ろしいって事ですね。
単体で見事なバイトを誘発させてくれる威力はさすがです。

もっと研究せねば,,,

そして壁を超えた今回の釣果は〜
クリックすると元のサイズで表示します
26.0a1匹、25.5a2匹、24.5a1匹、
24a4匹、23.5a1匹、21a1匹でした。

超えたのは26a、たった5mm超え。
その5mmが なかなか超えられないんですょ〜

こうなると 今度は26aが超えられない(汗)
25aに絡めばOK!^−^)

そして下処理完了!
クリックすると元のサイズで表示します
この後 煮付けになって美味しく頂きました♪
煮付けは「大き目の魚に限る」!!

とにかく食べやすく無駄が無い。
刺身にすると 骨に身が残ったり(へタッピなんで)

残ったアラが こじんまりします。
そして 煮汁を肉じゃがとか おからなどの隠し味に使うとコクが増します♪



PE0.25号はやはり強い!
切れる気がしないねー ただ問題は風、

これさえ何とかなれば即戦力間違い無っしーの前に、
すでに威力を発揮してます!

また越前へ行って来ましたから 追加でアップします^0^)v



平日の祝日が休みになることは珍しい。
火曜の休みですから月曜の夜がメイン、土曜の夜に行ったばかりなのですけど 何か。

天気が太平洋側から崩れるので北陸は少し雨が遅れる。
なので 月曜の夜が一番良い状況になる予想!

トコトコ ゲンキー トコトコ 木之本 トコトコ 敦賀 雨本降り・・・
トコトコ敦賀から離れるほど雨は止んでくれました、時折パラッと来る程度。

この前 釣れた場所から入ると マサカの電気ウキ---
ココを知っている釣り人が居るとは、

少し離れた場所に入り 投げる。
一応いきなり全力ではなく 中ぐらいの力で、

それでも飛ぶんですけどー
巻きに入ると コッ ---- ゴゴ!ヒット!シャクる様な引き?

時折ダッシュするのは クロダイ!
1投目でクロダイ釣れました〜(祝)

少しして やはり右側で魚っ気が、居るな〜
トレースラインを考えて 良い感じに引けてるょー

当たらないな、と思った瞬間 カン!ゴっ!ヒット!
ダバダバダバダバダバダ(浅いから潜行出来ず上に)確保!

ナイスサイズゲット!
ここからしばしグ-フ-で苦労する。

動きながら 次はジグヘッド単体を試す。持ち込む竿を前回と替えてます。
単体発動〜風に押されて サイドに投げるのは結構厳しい,,,

少し動いて 斜め追い風を使い1.3gを飛ばす。
すると 微妙な距離に根があるのがわかる。

根を越えて 少し巻きスピードを落とした瞬間 コツ! ビシッ!ヒット!
ジジジジ ドラグが少し滑りながらもポンピングで魚を寄せるとー

23aぐらいかな 楽しめます!
根の周辺を左右投げ分けるとメバル連発!

20a弱のメバルも交じるのでリリースしつつ 6-7匹引き出せた。
見事に食うなー竿が毎回満月だけど バットが強いので問題無し。

ラインも強度的に全然問題無いですねー
なれてきたら飛距離も出ます。

少し動いて ココではチビしか釣ったコトがないけど どうだろうか、
すくい上げる様に追い風に乗せ大遠投〜 どこに落ちたか???

巻きに入って イメージは底スレスレをー
コン フッ(テンションが抜ける)が迷わずアワセ!

やはり小さめが上がってきた。
メバルは居るので リリースして 次を狙う。

底に触っていないので もう少しスローで、
ゴ!アワセ!でバレる〜 あぁ〜〜〜今のは良かった〜〜〜

良いサイズも居るな、浅いから 散ったかなー
すると コン!---- ドン!ヒット!

重いぞ〜〜〜 ジジジ---右へ右へ右へ まだ右へ、
何とか寄せてナイスサイズゲット!

こりゃ単体ヤバイょ。。
考え方を替えないと、また今回持ち込んだ竿が良い仕事するんだ!

安売りのザルツのガイド交換バージョン。
アタリは取れて それでいて ティップが入って魚に違和感を与えない、

アジ用に 開発されたオリジナル(笑)
メバルに威力を発揮してます。

前回はトバセンを使ってました。
アタリは断然トバセンのが取りやすいのですが バットパワーなど総合して今回はザルツ。

話を戻して、餌場に出ているメバルなので ガッツリ食ってジグヘッド見えず…
一発バラシているから 一呼吸置いてアワセていますけどね。

ここで場所を移動して状況把握に、
ココで食うと助かるねーと 予想ラインを通したら足元で見事に食った!

ラインが竿1本分しか出ておらず アワセと同時に メバルが中を舞う!
能の舞の様な一回転して確保(笑)

もしかしてコチラでも食うのか?!と投げて ゴゴ!ヒット!
一気に寄せて抜く、もう1本追加確保。

そしてナイスアタリをバラす,,,
ポイントで魚が居る居ないのムラが大きい中、居るね〜

ここ数年 この場所にメバルが入っていなかった。
全然居ない場所もある中 ここまで入っているとは...

もう1発バラシて ショートバイトになったので 氷を買出しに行く。
すでに時間はAM1時半、もう一ヶ所見て回るがアタリ皆無---

前回釣行の本命ポイントは休ませて先ほどの餌場へ入る。
正面少し右、見た目はオープンエリアだが 根が隠れている場所へ通常タックルで、

スローで見せると変に触る様な....アイツが悪さをする。
それを何回か繰り返す、グ-フ-かぁ--- フ と思う。

そうか、巻きスピードを上げる。
アイツが触らなくなるまで、すると ゴッ!ヒット!

やっぱりメバルは見ていた!
グ-フ-よりもメバルのが早い、なのでスピードが有効になったのだ。

結構な早巻きでもう1本出すが夜明けが近づいて漁師さんが動き出す。
そろそろ終了の時間だがフルキャストの超遠投でドリフト気味に流すと 触るが食い込まない、

何とかラストに上げたいが ショートバイトが数回、
あきらめかけた頃 小さなバイトに重さが乗った!

アワセも決まり小さいが上がりメバルなのでキープ。
他のメバルとサイズを比べる為にも,,,

ラストで結構悩んだので 時間を使ってしまった、
4時過ぎに越前を後にして 敦賀峠を越えられず撃沈、

夜が明けてから改めて走り出し8時半着でした。
今回のメバルはキープ15匹リリース7-8匹でした。

ジグヘッド単体で5-6匹キープサイズが釣れたのは驚き!
PEの威力のおかげです。。
0

ワンデイの越前は まだまだ寒かった---  釣り

昨夜、仕事終わりから行って来ました 越前!
トコトコ走って8時半着、タックルは準備してあるので即ポイントへ。

いつもと違う場所から入ってみることに、
その2投目 カン カン!とアタるが アタリが明確過ぎて メバルだと思うけど---

竿を叩く様なアタリで重さは乗らず それっきり。
少しして横からの微妙な風が出て探りにくくなる…

水位が低めなのも災いして 根に触り フックのポイントが駄目に、
フックを交換するついてに場所を移動。

今度は斜めに追い風になる、ここで釣れてくれたら助かるけどね〜 なんて思いつつ巻いていると、
何だかじゃれる様な〜 ビシッ!シャクってやると 何か掛かった。

何じゃ?うわっ ウワサのグ-フ-じゃね!
やっぱり居るなぁ〜〜〜

さっきのアタリもデカイグ-フ-か?!
なんて思っていたら 右側でライズ!!

やっぱりメバルが居るょ、
即投げて足元までキッチリ巻いてくると ガツ!ゴゴッ!ヒット!

竿が大きく曲がり魚が水面で暴れる〜
一気にラインを巻き込んで 魚を抜くとまずまずのメバル!!

こりゃまだ居るな、少し場所を休ませる為に投げるラインを替えた。
すると 食い込まないアタリで乗せきれない。

ここでウエイトを微調整---すると コ,--- ヒット!
これもまずまずのサイズ!

今度は遠くで フッ--- ウン!ヒット!
それほど大きくないが 魚が頭を水面に出さないからラストまで気が抜けない...

何とか無事 遠くからメバルゲット!
もう1匹引きずり出す。

少し場を休ませる為に 他の場所も投げて見るが 反応は出なかった、
やはりベイトの溜まる場所なのだろう。

元の場所に戻るが 立ち位置を少し風上へ、
ベイトを意識したワームを上飯田で仕入れていたので試す。

触るが食い込まない、少しウエイト調整で ガガッ!
ヒット!で バレた〜〜〜

ワームをチェックしてすぐに投げると ゴ!ヒッ・・・・・ あれ?
乗ったと思ったのに、回収してみると フロロのリーダーが切れていた。

縛り直してワームを戻す、すると 素直なアタリでヒット!
中間距離ぐらいからメバルを確保。

その後1発アタリを取るも 竿が満月になるがバレた---
もったいない。。

チビ(20〜21ぐらい)を2匹リリース、8匹キープしたところで場所移動。
次の場所が本命ポイントだが さてどうか。

始めはもちろん ジグヘッド単体!
根を気にしながら 中層より少し下までレンジを下げた時、ゴッ--- ヒット!

ハンズアップポンピング!!浮け!浮け!浮け!浮け!浮け!浮け!浮いた!
一気に抜いてー 上がった〜〜〜限界のサイズだな---(汗)

PE0.25号にリーダーはフロロ1.2号、
ジグヘッドは1.3gに ワームは遊にて仕入れたニューワーム。

ベイトを意識していないワームカラー(笑)
少しして 根を把握してきた頃 違和感バイトからヒット!

20aちょっとのメバルだった。
このワームのカラーは何が どう良いのか よ〜解らんです。

釣れるのだから間違いないのだけど,,,(苦笑)
その後タックルを持ち替え 遠投しながら誘うが ショートバイト連発、

やっと掛けたのが20a弱、リリース。
そろそろ場所を替わろうかと思った頃 遠くの根際で トトトト...

流れの中で魚が泳ぐ感じが伝わった!ヒット!
良く引くメバルを寄せて無事ゲット!

この魚を機に場所移動、
次の場所では1匹チビが釣れたがリリース。

もう1ヶ所見て回るも反応が有りませんでした。
3時頃休憩して 4時半過ぎに越前を後にしました。

メバル11匹にリリース4匹、こんなところです。




先ほど魚を さばき終わり全て煮付けにて夕食の美味しいおかずになってくれました!
大きいメバルで煮付けは本当に食べやすい♪

たまに小さい煮魚を相手にすると面倒で ムカつく(笑)
釣り人の特権ってコトで^−^)




嫁さんが仕事なので 送り届けて ちょっと遊に寄り道、
カップルが安い根魚用竿リール付きセットを見ていた。

駄目だょそんなセット買っては、
一応釣りは出来るが 結構厳しい状況になるのは必死。

釣具屋も簡単に「安かろう悪かろう」の品をそろえすぎる気がする。
「どうせすぐにすぐにやめるなら安いセットで充分」的な---

説明も簡単に釣れそうな事をポップに記してある。
最近は釣り人口を増やそうと 釣りをバックアップする機会を設けたりしてますね〜

釣り人口が減れば自分たちの売り込み先が減る訳ですから 当然のコト?!
新しいステラが並んでいたが そんな高価なリールがそうそう売れるはずもない。

今まで釣りをしている人達はある程度の道具は持っているはず、
ソコへ更に釣具を押し込むには無理がある。

情報合戦で 船宿などからも釣果情報を毎日入れたり、
遊やイシグロ主催で乗り合い船を出したりしている。

確かに知った店員が同船すれば安心感はあるね---
どうでもいいところなんですけど,,,

そんな中、店員とお客さんがラインの話をしていた。
ジョーカーはラインが硬いので1週間前からリールに巻かないとライントラブルが発生する!

そうかな〜 0.2号使用で 前日に巻いてもトラぶらないけどー
0.3号は太めだからトラブルのかな〜??使ってないから解らん。

アジングマスターは使っているけど あのラインは最高!とお客が言っていた。
そうかな〜0.3号はアジングマスターを使っているけど どうなんだろう、

イマイチ強度が無い気がするんだけど、だから0.2号には手を出さない。
ピンキーよりは大丈夫なのは解るけどね。

店員、最後に「そうですかー どっちも在庫無いですゎ」さぁどうする店員(笑)
34を押すしかないでしょ!!頑張れ〜

それともう1人 他の店員とメバル用のワームの話で盛り上がっていた。
片名の漁港で--- 知多方面の話みたいです。

「このワームはキャストから沈めて巻き始めると釣れてるんですょー」
そりゃ凄ぇ〜ワームだなー でも小っさっ,,,

どんなサイズのメバルに照準を合わせているのやら、
越前のメバルだと見つけてもらえないかも… ライズでもしていれば別だけど。。

なんて思いつつ ワームを1パックだけ買って帰って来ました。
手ぶらで帰らないところは優しいでしょ〜〜〜

釣具を買いに行ったのか 人間観察に行ったのか 微妙なところです。
0

やはりワンデイ。。  釣り

週末の休みぐらい連休に ならんですかね。
来週の火曜は仕事だろうから、天気が悪いから仕事でも構わないけど,,,

少しでも早く終わるコトを祈るのみ。
さて今回は何をするか?!

ジグヘッド単体を試す。
本当はもっと早く試したかった(コトも無いけど笑)、

そろそろメタルジグの釣りに対応する為の準備かな。
メタルジグで外した時のフォローを入れるのにジグヘッド単体。

まだメタルジグの出番は早いのだが、
その飛距離の違いと 使うワームでの飛距離の違いなど---

先に知っておかないといけない事の多いコト(笑)
新しいコトをやろうとすると 「????」想像だけではなかなかー

メタルジグにも変なコトがしてあるから試さないとアカンのですゎ。
アレコレを試す気になったのが 今回のPE0.25号のライン。

PE0.4号では単体は厳しい、メバルを単体で釣ってはいますょ一応。
3.5gを飛ばして、限られた場所で。

もう少し飛距離が欲しい、安定した飛距離が0.25号なら出せる。
それをこの前ヒゲオヤジさんとの越前で確認できた。

アジングのウエイトに近いジグヘッド単体での釣りを可能にさせた。
ただどこでも使える訳ではない、限られたエリアでしか使わない、使えない。

手前で根ズレする場所は真っ先に×、
私の通う場所で試せるのは3ヶ所… 1ヶ所は厳しいかな---

つい この前出来上がったアジ用の竿を使いそうになるが,,,
ブチ折れるのが見えているので 鳥羽用を使います。

この前のカサゴでも問題なく使えましたから。
832のアブアジも使いたいが 使用頻度高すぎ、

83deepじゃ少し硬いんだけど 半々で行くかな・・・
話しがそれた、単体少しやってみようと思っとります。。
0

ヤバイょ〜〜〜!  釣り

「福井沖でマフグ大漁の謎 定置網に例年の数十倍」
数十倍とは、それも越前!

「福井県越前町小樟の越前漁港の定置網で捕獲されている。」
今年はまだ見ていないが 沖には(とは言っても目の前)大挙して押し寄せる可能性が・・・

最終手段はやつら用に撒餌を足元に打つしかあるまい。
そして大量ゲットでヒゲオヤジさんのクーラーをこっそり満タン!

身は無毒、食べられるが さばくなら自己責任で。と書いてある。
誰がそう簡単にさばくか!!それ以前に食べられません!!と書きなさい!!

そろそろワームがボロボロにされる時期になりますか...
まだ まともにメバルも釣っていないのに ハァ。。

漁師さん、もっと定置網でボッコボコに捕獲して下さい!!
0

そうだ2(笑)  釣り

この前の釣行で月が出たので ダイソーリグをメバル竿で投げてみた。
そしたら 恐ろしい距離が出る!!

着水までの距離が軽く70mは出てる。
PEは0.8号だょ、もし0.4号と0.3号を使ったら 危険です。

もう少しでメタルジグの飛距離じゃね。
ただその飛距離を簡単に生かせないのが越前!

そこまで飛ぶからにはレンジキープがかなり難しく...
レンジがキープ出来ないと 根がよけられない。

直撃!リグは大丈夫だが フックが持たない・・・
もう少し調整すればなんとかなりそうなんだけど こんなに飛ぶとは。

投げる事に対して 竿とリグがベストマッチなんだねー
コレ、キスに使えるょ〜♪

メバル以前にキスにはかなりの威力を発揮する。
ダイソーリグ、今後が楽しみになってきました〜^−^)
0

そうだ---  釣り

週末はヒゲオヤジさんが尾鷲に行っていた、
カサゴ少々と他だったみたい。。

やはり やり込んでいないと難しい状況であるのは間違いない。
いい年のオヤジが尾鷲に走る意気込みは感心する。

ただ横綱ラーメンへ 閉店前に間に合っていてはイカンでしょ(笑)
コンビニでペヤング!これ定番。。


金曜に歯のかぶせ物が いきなり外れ ガギッ!
金属は噛み切れない。

速攻歯科医院に予約を突っ込むが、土曜の午後なら空いてますがー
そんなん無理じゃ!月曜の夕暮れを選択。

残業だろうが知るか 定時じゃ!
久しぶりに行った医院には手際のいい(ちょっと手荒な...)お姉さんが居るはず。。

しかし今回は凄く優しいお姉さんが対応してくれました。
怖い歯科医も優しいお姉さんが居るから も〜大丈夫(笑)

台になる歯が欠けていたのでそのヶ所を削り型取り、
お姉さんが丁寧にコーティングしてくれてこれにて終了。

そこで先生が、明日の夕暮れには出来ていますから(かぶせ物)〜
月曜に型を取って火曜の夕暮れには間に合う歯科医院はなかなか無いでしょ。

ただ予約の方がイッパイで金曜になった次第です。





松雪泰子はヤバイなぁ〜
妖怪なんじゃない?!キレイすぎる。。
0

詳細。。  釣り

やはり今回も月には勝てませんでした。
いつものコトですが---

もしかしたら〜上手く行ったら〜 なんてアレコレ考える訳ですょ。
上手くいきませんけどね〜

その今回の釣果は8匹。
クリックすると元のサイズで表示します
24.5a1匹、24.0a2匹、23.5a1匹、21.5〜20a4匹。
コンディションが上がって来てます!

思いっきり食べていますから胃袋パンパン〜
魚をさばいて ショートバイトの原因が判明しました。

コレを食べていたら根から離れないな...
口を開かずに食べられる獲物。

小さい4匹は前回の釣果と似てますね(笑)
そのサイズを簡単に3〜4a上回る4匹。

25aには届きませんでしたが、
上から2番目の口を開いた状態なら25.5aありますょ(爆)

そして お決まりの刺身の薄作り。
クリックすると元のサイズで表示します
画像には有りませんけどー
チビを三枚におろして 皮付きの湯引きにて マヨ・酢・追い鰹であえました。

追い鰹は無くてもいいかも、
酢の味がマイルドになるので食べやすいけど パンチが弱くなります。

仕事がバカみたいに詰まってきたので また次もワンデイだろうな〜
それに金曜は歯科に行かないといけないので ワンデイケテーイ。

次は月を気にせず釣りができるので もう少しポイントを回れると思います。
でも体力がもたない確立が高いなぁ。。
0

月が出るまでの越前。。  釣り

今週末は土曜も仕事で 平日も遅くまで残業したりしてました。
おかげで疲れまくり---

やっと土曜の仕事が終わり 一路北陸へ、
今回は月が出るのが11時頃なので 12時少し前ぐらいまでが釣りになる限度。

なので入るポイントは1ヶ所、ココ以外無い選択。
迷わずポイントに入るも アタリ無し・・・・・

なので 仕方なくも慌てて今シーズン初場所に入り 投げ始める。
その2投目 かなり遠くで ツ-  ツ-  っと微かな重さが、次 来るであろう 3回目の ツ- でアワセ!

乗った〜 ゴリ巻きだが フック対策で少しドラグが滑る様に調整してあるので チチチチ チチチチ …
魚のサイズがまずまずで水面に頭を出せない、

以前この場所でナイスサイズをバラシているので〜嫌な予感が。
ただ今回は竿が長いので 更にポンピングも入れ 一気にメバルを抜く!

ナイスコンディションのメバルが中を舞い 引きの強さに納得。
この1匹で終わらない様に すぐキャスト!

小さめを1匹追加するが やはりアタリの出方が派手だ、
それでも1度放された後の次で釣れた1匹。

今度は 少し左で テ 巻き巻き巻き クソ〜追ってないのかょ〜
見事な甘噛みだったので 神経ピリピリで竿を握っていたのに...

ここで 何気にフックを触ると ポイントの先端が小さく曲がっていたことに気づく、
チェックしてよかった,,, 今のバイトを考慮して ジグヘッドのウエイト少し軽くする。

そして 同じラインに遠投!
1/3ほど巻いたところで テ  テ、アワセ!ヒット!

二度目に出たアタリでは微かな重さを感じることができた、
これもまずまずのサイズで簡単に浮かない---

しかし 迷わず抜く!3匹目ゲット〜
その後はしばし場所を休ませつつ 右側のややこしい場所を探るが やはり根がややこしい,,,

どうも魚の着き方が読み通りいかないので もう一度左側を探る。
すると コ、 えっー そこから追わないとは、グ-フ-でも居るのか??

絶対に魚の反応なのだが 根から離れない感じで その場で触るだけの様だ。
竿の感度を信じて どれだけ違和感なく 竿先を下げつつ 追従できるか、ここで決まる。

防寒着を着ているほど気温は低い、なのに時折触る海水が非常に冷たい。
そんな事も影響しているのだろうか、アジング並みにアタリが小さいのは萌えるけど、

触って 追わないのは厳しい。
何度も 放され やっと小さめを追加、小さいからか?

放されるのはメバルが小さいからではなく まずまずのメバルが何かを嫌っているからだ。
アタリは小さくても現にチビは掛けられる。

少し場所を休ませ 右側を大遠投、フォールで 押さえる感じのアタリ!
ヒット!ハイスピードショートジャークで一気に根をいくつも超えてメバルを確保。

派手なアタリで小さめを追加、ここで右側のアタリが途絶える。
この頃から空が明るくなりかける、夜明け前の様な雰囲気なのだがー

もちろん その原因は お月様。
もう時間が無い、左側を遠投でデッドスロー すると小さなアタリで追わない、

次もアタリだけ、魚は居るがマジで追わない。
少し斜めに投げるラインを替えて竿とラインは90度、

竿先は高く構え アタリと同時に竿を下げつつ前に出す。
ポン!とラインのテンションを抜いては駄目で スー と追わないといけない。

放すのはそれはそれで ある意味次のアタリが期待できる。
しかしテンションを抜いて送り込むとアワセる前に聞く動作が入りフックに魚が触りバレる可能性が上がる。

そうなると次のアタリは出ない。
そんなコトを考えつつ竿を持つ手に神経を集中…

触った!ヨシっ---重さが 乗った(アワセ)!
これも魚が元気で水面を割らない、足元で竿を前に出し一気に巻き込み抜く!

ヒレの大きなメバルだ。
この魚がラストで 月が山から顔を出し アタリは途絶えた。

一応 山影の場所へ移動して投げてみるが 1度アタリがあっただけで乗らなかった。
この時点で2時過ぎなので 2時間ほど休憩して帰ってきました。

嫁さんが仕事なので 送る前に車を洗い 送り届けてからワックスをかけてオイル交換も済ませた。
午前中は少し寝て昼に起きブログの更新、今から魚を夕食用にさばきます。
0

ヤバイ!  釣り

オリジナルのグリップすり合わせ、
刻んだ刻んだ刻んだキザンダ〜

手が痛てぇ〜〜〜〜
でも コルクを生かすという 珍しい方向で、

グリップ周辺がフィネッツアっぽい(祝)
ガイドが並んでいない状態で ちょっと硬め、

コルトが脳裏に浮かぶ♪
まだ竿全体の長さを決めていない状況なので、

変更もありえますが 雰囲気はまずまず デス。。

0




AutoPage最新お知らせ