詳細。。  釣り

画像を先にアップして詳細が後になりました。
コレと言って詳細もないですけど,,,

一応 前々回のパターンは有効でしたね〜、
正しくはパターンではなく魚の付き場ですか。

魚の居ない場所は釣れませんから(笑)
その鼻面にガルプを持って行くだけなので難しい釣りではないですハイ。

ただレンジキープは必要であはりますょ。
魚より明らかに低いレンジを引いていたのではダメですからー

上から順にレンジを下げる方が早く魚に見つけてもらえます。
ジグヘッドを途中で重くしたのが今回は有効でしたから間違いないですゎ。

ただロッドに対して魚がキャパオーバーになりつつあるのが問題なだけです…
実際ロッドは無理すれば持つんですょ、アワセが効かなかったりはありますけど---

ラインが持たない場合が多くて ですから寒い時期に極細ラインを使って、
強度になれておくと 同じラインでワンランク上げるコトで今回みたいなー

ナイスセイゴも確保出来る訳です。
細いラインでドラグ調整もしまくりますから そんな対応も自然に出来る訳ですね〜。

ソアレ硬が折れたことでソアレ軟が登場しましたが、
ブリブリセイゴが捕れましたし怖さはありませんでした。

ただ硬が折れていなければ投入はしませんでしたね、
完全に竿が魚に負けていますから。

竿が無理をしてもラインさえ強ければ魚は取れるのはココです。
当たり前の話ですけど、

シーバスロッドを使ったのでは50a未満の魚の引きはあまり味わえないコトが多い。
引きはしますょ今の魚は強いですから、それでもねぇ〜

地面から自分のアゴまでしかない長さの竿で釣れば面白いに決まっています。
まぁ面白い方向から入っている訳ではありませんけど,,,

軽いジグヘッドを扱いやすくする方向からのことです。
時折7-8gまで投げますが 3g前後を中心としたジグヘッド使いなら有利なのは間違い無し!

その重さのジグヘッドを結構な距離 飛ばしていますから違和感を消し去りやすい、
30mは軽く超えています。

シーバスロッドで03-04のPEを使ったとしても7gぐらいあれば飛ばせるぐらい?
3gなんて何をやっているかわからないと思います。

その3gがメインウエイトのロッドだからアタリも取りやすく掛けやすいし面白い、
なので今はアジングの延長的な竿で釣りをしています。

30aのアジが来ても対応できます(笑)
来ないですけど(笑)

色々やって今のスタイルですから外してはいない かな?!
ロングロッドも使いますし 場所で使分けが必要なんですね。

越前で尾鷲タックルは投入出来ませんし 投入したらそれはアホです。
そう考えると越前恐るべし,,,

ならなぜ尾鷲でムーンウオーカーを投入したのか、折れましたけど(笑)
キスも想定していますから アタリを取りやすく障害物をクリアしやすい長さと、

キスの前アタリが取れなかった時に起こる突っ走りに対応したいからなのです。
長めの竿で感度を優先したい、ワンピースとは知らず曲りと感度(ティップは削り)があった!

買う時にワンピ―スかよ(笑)それで折れて復活させてキス待ち…


話しはそれましたけど、セイゴをルアーで狙う気まるで無しなので---
メバルのプラッキングも無しだなー そーすると装備が軽くなる。

サッパがロッド2本で重装備(笑)
ライトなら装備もライトでないとね。

メバルの時だけバックを背負いますが、それ以外はバックも無し。
ポケットにジグヘッドのパックを詰め込んで リーダーを小分けにして1つ同じくポケットに、

ガルプはポケットは無理ですけどね(笑)
今はライトセイゴが熱い!のかな。。

本当のところは他の人では狙えない場所で釣っている感じ、
違うな、狙う場所を皆さん知らない。のが正しいね。

そこは語れないので 今日はこの辺で〜(逃)
0




AutoPage最新お知らせ