画像。。  釣り

一ヶ所目の魚がコチラ、
クリックすると元のサイズで表示します
セイゴにチビクロです。
同じサイズのセイゴを木曽川で釣ると食べる部分が無い...

チビが多い割に魚がやせているんです。
尾鷲のセイゴはチビでも食べる部分があるんですね〜

バケツのフタの端から端までで30aなのでキスが大きいのがわかります。
クリックすると元のサイズで表示します
26.5a23a21a他ですねー
キスの刺身は美味しいですょ〜♪次回も頑張って釣らないと〜!

二晩目の魚です。
クリックすると元のサイズで表示します
チビレ・チビクロが4匹とセイゴ、チビクロが31.5aですね。
一番大きなセイゴがやせているでしょ、これが海の状況です。

魚の隠れる場所が無く少し大き目の魚が捕食できていない、
木曽川だとこのサイズになると逆に太って来る。

水の透明度の違いで捕食しやすいのだと思われます。
チビクロは雑食なので付き場さえ見つければ釣れますね、

サッパ狙いから戻る時 足元にキビレが居ましたからそれほど深い場所に居る訳ではないです。
昼間見える魚は釣りにくいですが夜になれば反応して来ますので直撃すればOK

後はラインブレイクしなければ…
0

詳細。。  釣り

尾鷲は熱かった!全然メッキが居ない、アジが居ない。
さぁ〜こまったで...

サッパとキビレ押しで行くか!!
サッパはエサを撒けば何とかなるだろうし キビレ・チビクロは何とかなると思う。

キスも外せないな〜 やはり今回と同じ入りで セイゴを5匹確保してキスに流すか、
早めの釣りが有利なのは今回わかったのでこれでキスと上手くいけばキビレも確保出来る。

なので始めの入りを短時間で決めれば後半が楽になるな、
サッパも30〜40居たらOKなので早めに休憩して午後に備える作戦で。

組み立てはこれでいけるでしょ。


そういえばキスを掛けて巻き上げ途中でシーバスだと思うがいきなり現れ反転して逃走、
それがもう1回あってキスをさばいていたら尾っぽに傷が残っていましたね。

ゆっくり巻いていたら横取りされてましたょ、
場所によってセイゴがウロウロしているみたいですゎ。

そうだメッキが1匹釣れた、5aあるかないかのメッキが・・・
アカチンも釣れたな、もっと攻めていかないとアカンな〜

次回は潮がそこまで飛ばないのでラインを02号で通せるだろうからチビクロを確保出来るでしょ!
オリジナルジグヘツドを制作しなくては!結構働いてくれましたからね。

そうそうサッパを狙っていて ふと足元に気配が、
そしたらウナギが飛び出して来て慌てて逃げていきました。

なんだったんだろう、天然ウナギ70aクラスでした(汗)
尾鷲、やっぱり素晴らしい(笑)
0




AutoPage最新お知らせ