詳細。。  釣り

今回はこんな感じ。。
一晩でこれだけなら イケイケですがー

二晩ですから、ボチボチです。

クリックすると元のサイズで表示します

左下の大き目が23aです。
このサイズがもう少し欲しいところです。

クリックすると元のサイズで表示します

画像では74匹ですが、
後から1匹出てきましたから75匹ですね。

アジは中〜大は刺身、これが---
結構脂が乗っていて柔らかくなるのが早い!!

前半は10匹づつさばいてましたが すぐに5匹さばきに替えました。
小さ目の・・・と言う前にアジをさばくのに包丁は刺身用を使います。

頭と腹を落とすのは出刃ですが、ココで洗って汚れを落としー
水気を拭き取一端冷やします。

冷えた魚を三枚おろしにするときに刺し身包丁を使います。
出刃だと包丁に厚みがあるので身を起こしてしまう、

なので薄い包丁で身を起さず多少骨に身がついてもOK!
身を早く外して次の魚にとりかかりたい〜 から。

その他の魚はハゼ・キス・カサゴ・メバル・セイゴです。

クリックすると元のサイズで表示します

ハゼ・キス・アジ小〜中は開きにしてフライにしてもらいます。
メバル・カサゴはもちろんお婆さんに煮付けにしてもらいました。

しかし少しお話したらメバル頭を落として身だけで煮付けにしているとか、
なんじゃそりゃ!!と思ったら、鍋が小さいので入らないとか...

27aのメバルが入らない・・・
どれだけ小さいの????まぁ何も言いませんょ。

塩焼き用で渡したカサゴも結局煮付けにしたらしい,,,
一応食べやすさも考えて切り込みを入れているので、お願いします。

クリックすると元のサイズで表示します

セイゴはフライ・ソテー用で進呈分と自宅分で分けました。
最近中落を取るのをやめてソテーしてもらってます♪

これ結構美味しくて無駄が無い!
片栗粉をまぶしてオリーブオイルで炒めるだけ簡単!

そしてハーモニカ食い!バスだけじゃない。。
そしてもう一点、アジの骨でマリネは出来ないか?!

本日休みの嫁さんに説明して仕事へ、
帰って夕食には骨のマリネが〜 マジ食べやすい!!!

そりゃ当たり前!骨が野菜と同じサイズだからね。
結構イケます!魚の揚げ方がイマイチだな--- とかならないし、

揚げる時間が短くて油を使う量が少なくて済む。
こりゃいきなり一軍ですゎ。



竿の修理をしないといけない、使いすぎ。
竿2本ガイド巻き直しとグリップエンドの固定。

カッコよく言えばプロトのままでそのまま使いこんでしまってー
釣り場でエンド部無くない?ライトで照らすとアソコに落ちてるし,,,

そんなもんです。
釣る方が先なんで、

で次の釣りの作戦がありまして、
もしアグレッシブな魚が居たら長い竿で仕留める!

それもメバル竿で〜 唯一持っているソアレBBアジではなくメバル、
カン!と当たるアジを柔らかい竿先で追いかけー

竿の長さでアワセに持って行き魚を掛ける!
始めからこんな竿を使っていると竿任せになってしまうので---

こんな時だからこそ投入する と言う意味がある。
一度セイゴで使って1匹釣って 即BBアジに交換、

キャスティングセイゴには全然向かない。
やり込んでの必要にかられての投入に意味がある、

ざまぁ〜みろ!...???
なんでぇ〜(笑)
0




AutoPage最新お知らせ