詳細。。  釣り

今回はこんな感じ。。
と言っても、セイゴ小の画像撮り忘れ・・・

バッテリー切れで充電してデジカメを手元に置いて先に魚をさばくと言う---
あっ、と思った時には1/3ほどさばいていたので、

今回は(小)の画像無し。
そしてちょっと大き目の画像はコチラ、

クリックすると元のサイズで表示します

一番下のマルセイゴで45aです。
これだけ居れば刺身が結構取れます。

クリックすると元のサイズで表示します

マルセイゴが結構コンデションいいので食べても美味しい!
ヒラは安定の、外れが少ないかな。

マルセイゴは群れによって痩せてたりすしますねー
これはしょうがない。

刺身とても美味しかったですょ。
0

尾鷲。。  釣り

だからイヤなんだ休みの釣りは。。
仕事終わりから釣り場に走り1ヶ所目、

前回と同じ入りで投げてみる。
少しして前回と同じオオモンハタ・・・

ホシフエフキ、ダメだ場所移動。
動いた先には釣り人で入りたい場所には入れず。

移動して探り出すと反応が出ない、
エステル04のセットで探ると---

しばらくして見つけた!
底近くまでカウントして横へデッドスローで誘うと、

微かに触れるのがわかる、
ソコで慌てず間を空けてアワセ〜 このパターンでセイゴ小連発!

30a弱が時折顔を出す。
魚の反応が薄くなったところで ソアレ投入!

前回の状況から判断してパワーフィネスでないと、
遠投して様子を見ると 食った〜

確実に捕って中サイズゲット。
次も地味に食って中サイズゲット。

その後フックが口に入りラインブレイクやジャンプでバレたりでー
アタリが消える。

ココでラストの場所移動、
アジが居るか確認していると ナイスセイゴが現れる。

食い気マンマンだが肝心のアジが釣れない、
明るくなりかけているので急いで場所移動してアジを狙うとー

1投目でアジが釣れる。
すぐに2匹目が釣れてアタリが消えたので元の場所に戻りアジを投入!

すると食った!間を空けてアワセ!で抜ける。
もう1匹アジを投入するとアジがビビッてロープ側に逃げて根掛かり、

こうなったらキスでも釣れたら投入出来るのに---
とキスが釣れる、しかし明るくなりすぎて

セイゴが消えたえたので場所移動して休憩。



明るくなってからしばし投げるがキスが少し、
休憩して午後2時半頃から投げるがパッとせず場所移動。

ソアレで遠投してナイターの為の調子を出しておくことに、
今回 越前メバルで使ったPEの0.6号を投入しています。

とにかく滑らかで巻きの釣りに関しては申し分ない。
アーマードだとガイドに擦れるギコギコ音はお見事なぐらい、

新品はまだマシだが使いこんで来ると早く擦れた部分を切ってょ〜 と、
言っているようで...

ただラインとして強い!それとPEより比重があるので扱いやすい。
今回のPEはとにかく軽いので風に吹かれるとホワホワ感アリアリ。

それと水中での浮遊感アリアリ、水なじみと言うか・・・
一番感じたのはラインメンディングをすると細かい波に全てつかまるのでー

一度水面に落ちたラインを跳ね上げる時に波から外す形となり、
トトトトトトトト 一瞬アタリかと思うほど。

コーテイング無しなのでやはり軽いのだと思います。
巻きの良さとライン強度、飛距離は問題ありません、がー

ライントラブルは起こりやすいですね。
軽い・腰が無いゆえのライントラブルが発生しやすい。

ティップに絡みやすいとかリールのスプール内でループが出来やすいとか、
結構気を使っていないと大ハマりになることも。

今回は小さなリールに巻いているので2500番に巻けば---
かなり解消できるのでは と思ってます。

そんな事を思いながらキスをポツポツ10匹ぐらい確保して移動、
本命ポイントに着くと入ろうと思ってた場所には電気ウキ,,,

まぁ昨夜の加減から考えて外しても問題ないけどね、
なので普段やらない場所から投げてみる。

数投目全力で投げてみて少し右へ飛んだ、
巻きに入ると障害物にガッチリー ハイ強度テストで切れました。

どこで切れたか確認してオルブライトノット上部でいっているのでOK
ビミニでいってます。

リグり直し調整しつつ投げていると いきなりゴン!サヨナラ〜
いきなり食い逃げ。

その後チビが食い逃げ、場所移動。
エステルセットも持ち込んでチビ確保で様子見、

昨夜よりは魚のサイズが一回り大きいので掛けてから抜くのが大変!
04号で抜けるギリのサイズが多い、しかし人も多い。

なので一端休憩、休日最後の夜なので遅い時間ほど人は減るはず。
1時間後、やはり人はいなくなっていましたがー

電気ウキおやじだけ居残り、何度も見ている常連ですわ。
おじさんの立ち位置が変っているので 大丈夫釣れる。

竿をソアレ1本に絞り探ると バコン!とヒット!
一気に寄せて抜いて1本目ヒラセイゴ中!

ここから怒涛の追い込みへ、
しかしバラシも多くヒラセイゴは捕れるがマルセイゴが重くー

飲まれると切れる。
これが難しくてヒラセイゴは浅く食い走りながら食う、

マルセイゴは咥えるのは一緒だが飲み込むのが早い。
なのでヒラだと思って待つとマルに飲まれー

マルだと思ってアワセるとジャンプでバレる訳。
こればかりはどうしようもない。

全て待ってアワセればいいのだがこれだと全てネットですくわないと・・・
6mのタモの柄を買わなくてはいけなくなる。

面倒だから買うか。
ヒラセイゴの確保を優先したのでラインブレイクが増えましたが、

一応形になったので深追いせずに終了。
前回朝4時で撃沈したので今回は3時少し過ぎに終わりー

高速で勢和多気まで走りそこからは下でトコトコ、
6時半には到着することが出来ました。

行きを下で走れれば帰りは朝4時までに料金所を越えれば
出る時は割引が効いているのでそれも有りかと。。



本日嫁さんがクーラーボックスを洗ってくれたらキスが3匹出て来たそうです。
キスフライ3つ無駄になりました。。



次の準備をすでに始めています。
切ったリグの補充を優先で、でも仕上げは釣り場でしか出来ない代物、

これば自宅でヤルと面倒なんですゎ...
でも次回はワンデイなので仕上げしといた方がいいなー

健康診断だから休みが1つ潰れるんです。
平日の仕事の日と言ったのにたまたま休みと重なったのをいいことにそのまま、

気がついた時にはシフトが組まれていて調整不能。
こんなことではもう変な無理は付き合えなくなってくるな、

だって自分達のやりやすい方向に話しを勝手に進めていくので、
黙っていたらただただバカを見るのはそろそろ限界だね。

有給を通常の休みに勝手に使われたり、そんな無駄は有りえないので、
有給消化もしていかないと休みが減っているのと同じ。

手当無しで週休二日にしているのにソコをイジられるのは限界ですね。
0

準備。。  釣り

昨夜は何も準備出来ずに寝ましたから、
今晩は仕上げないといけません。

竿とかではなくリグ、
前回片鱗まではつかんでいるのでナイスセイゴを確保出来るか!

キビレも釣らないと、アジが居ればアジ、
臨機応変で対応していきます。

ウミタナゴは塩焼き用に、
外道とは言え食材として確保だな。

この前釣れたウミタナゴデカかったからね。
さぁ準備しよ。
0

詳細。。  釣り

今回はこんな感じ。。
まずはアジ79匹、

クリックすると元のサイズで表示します

最大で20aあるかないかぐらいです。

クリックすると元のサイズで表示します

100に届かないところが今の自分っぽい(笑)
何かをつかみきれてないのでこうなります。

そしてセイゴとその仲間達。

クリックすると元のサイズで表示します

キスにセイゴ、他。

クリックすると元のサイズで表示します

マルセイゴがちょっと大きい、
ヒラセイゴもボチボチ。

ただセイゴの数が少ない感じがします。
魚のサイズは大き目が多いですが、今後どうなるか。

クリックすると元のサイズで表示します

オオモン・マダイ・メッキ・フエフキ・グレ・キビレ・クロダイと
こんな種類の魚が並ぶとは、

刺身の食べ比べもしたいところですがー
全て塩焼き用で進呈して無し。

次回はどうやってナイスセイゴを捕るか、
ココがミソになってきます。

今回はそのつかみだけな感じでバラシたりが多かったですが、
全て捕れれば早上がりもありえます。

そんなところへ台風が来ていますからどうなるか、
難しいところです。
1

続き。。  釣り

前日は書き込む余裕がありませんでした。
仕事終わりから走り 休日割り無し で現地到着。

新しく作った竿で開始!
投げるのが楽でカッ飛ぶ。

その1投目にヒット!
上がって来たのはオオモンハタ。

そこから掛けバラシ多発、
竿の硬さが裏目に出ています。

その数投目 微かにアタリを察知、アワセ!
ナイスサイズの魚が掛かった〜 走ったところでバレ、

やはり竿に察知力があるので つい身体が反応してしまう。
もう1発バラシて移動、次の場所ではマメアジがポツポツ、

そんな中違う魚のアタリが、カッカッ アワセ!
ゴッ!ジィ------------------ フッ、バレた。

これはシオでないかと思われます。
始めの2つのバラシはキビレではないかと、

場所移動してアジを狙ってみる。
ポツポツ拾い釣りで20匹ほど釣ったところで場所移動、

やればやるだけ釣れる感じではありましたが 次につながってくれない。
場所移動してパッツンロッド封印して本来のタックルで狙うとー

PEを組んだソアレ改でまずはセイゴを探すが反応してくれない感じなので、
探りを入れると外道が邪魔をする。

しようがないので移動、その移動先で ん?ん?なんだ?掛かった!
軽いけど アジ!ここでアジかー

何かあるのでココにいるのだろうけど、
アグレッシブに触るので掛けられないが どうする...

タックルをアジ専用にして素直に食わせる様に持って行くとー
安定して食うコトが多くなったがまだ荒い。

何が合わないのか その答えはウエイトでした。
沈下が早いので食うレンジを早く切ってしまい誘いで上がり、

重さで落ちて誘って上げて重さで落ちての繰り返しに---
アジがアグレッシブに反応していた。

少しウエイトを軽くすることでレンジの上下を狭くしてー
ただ巻きで反応してくれないのでウエイト調整が必要になります。

誘いでもレンジを外すとアタリすら出ない。
キャストからカウント5で三回誘いテンションフォールを3セット内で

アタリが出て魚を掛け確保してすぐに投げ次を掛ける。
前半の拾い釣りでは出来なかった安定した釣りに持ち込めた。

これで明け方前までで50匹ほど確保して夜明けにて終了して休憩。
10時頃動き出し少しだけパッツンロッドを試す。

飛距離は出ます。
ウエイト上げ気味でカッ飛ばす!

底を取り跳ね上げて落とすのボトムバンプが素晴らしくしやすい。
遠投してワンフォールからの巻きに入ったところで違和感!

巻きアワセ!掛かったー 頭を振るけど、マダイ。。
大きく無いけどね、一応マダイ。

次を狙うべく投げて 底を取り2回目の跳ね上げで重さが〜 ヒット!
ドラグを出されながらも巻き浮いて来たのかキビレでした。

一応小さいけどキスも釣れて終了。
休憩して午後2時過ぎにもう一度場所をかえて試すとキス6匹にー

1発走られバラシが1回ありまして終了で移動、
前日のアジが居た場所に入るがアジが付いておらず...

場所移動してセイゴに照準を合わせ投げた1投目に、
ウッ -- - アワセ!掛かった!バラすか〜 飛ぶ瞬間に横へ竿を倒してー

高く飛ばせるか!潜航もさせない!一気に寄せてネットで御用〜!
まともに食ったのはこの1匹で遠投でも触るが食い込まないので

全てに集中してアタリが出たら抜く、重さが微かに乗ったところでアワセ!
掛かったーけどセイゴじゃないよね?メッキだし〜

だから掛からなかったのか、もう1匹追加するが食いが浅く・・・
チビセイゴが反応するだけになってしまった。

場所移動してその1投目 モゴッ アワセ!掛かった〜
寄せて足元まで来てバレ、掛かりが浅かった。

フック交換して対セイゴ本気モードにして モゴッ --- アワセ!
掛かった!先ほどバラシたサイズと同じ今度はバレない ゴボっ フッ

またバレた、巻くとフックが無かった。
少しアワセの間を取り過ぎたので口に入ったみたいです。

場所を替わり投げて 微かに触ったー アワセ!掛かった!
逃げられるものなら逃げてみろ〜〜〜 一気に抜いてヒラセイゴゲット。

少しして 触った アワセ!掛かった!重いけど一気に寄せて迷わず抜く!
ヒラセイゴゲット!このセイゴを釣ったところでセイゴの気配が消えました。

場所移動してラストにアジを見に行くと6匹だけ確保するのがやっと、
外道が元気良すぎてナイスキビレをバラシて終了です。

朝3時半頃だと思って止めましたが4時で夜間割りを外す....
高速を短めに使い下道で帰って来ました。

二晩目を上手くハメられずクーラーボックス満タンならず。
ただ魚種だけは凄かった、

キス・ワニゴチ・オオモンハタ・キビレ・マダイ・クロダイ・
クロホシフエダイ?・グレ・フグ・クロサギ・ゼンメ・カサゴ・

ウミタナゴ・セイゴ・メッキ・アジ、と16種類。
シオは釣れなかったがフグは2種釣れたけどね。
0

尾鷲。。  釣り

どこまで行っても常滑なんです尾鷲。
誰とも話すことなく昼間は少しだけ釣りをしましたが、

ほぼ寝てました。
突貫で作った竿ですが、魚を弾きます(笑)

アタリを察知し過ぎるのでつい身体が反応してしまう。
すると魚の口に掛かっているのですが浅く掛かるので大型ほどバレます。

とりあえず魚をさばかないと始まらないので後ほど。
0

突貫。。  釣り

突貫で竿を作ってしまった。
ガイドは巻いてあったのでグリップを組めば出来るのですが、

ブランクやガイドを買って組んでいないので気楽なもんです(笑)
リールシートとグリップ部の硬質スポンジだけかな買ったのは。

とうとうバットまで太くなってしまいましたー(爆)
これでラインをエステル05を手に入れたらヤバイでしょ!

後は天気だな。。



本日池上季実子似の女性とお話する機会が、
ライフジャケットについて。

腰巻タイプと首掛けタイプどちらが楽か、
腰巻のが楽ですが 安全なのはどちらかと言えば首掛けかな・・・

でもね、お姉さんに向いているのは腰巻タイプ。
だって首掛けタイプだと胸が大き過ぎて首から胸に垂れ下がらない。

胸で前へ跳ね上がってしまうから。
女性ですから腰のクビレがハッキリしているのできっと腰巻タイプですょ。

そう結論付けしておきました。
髪も長く化粧の感じも池上さん本人と似てくるのだと思いましたね。

さぁ寝よ...
0

準備。。  釣り

次の釣行の準備をしています。
そろそろ竿を仕上げないとマズイ、

なんて思ったのでガイドを巻き始めました。
トップ込みで5個巻きましたから後2個、

元の大き目のガイドを1本足のチタン大口径にしたいが---
それを付けたからと言って飛距離が変わる訳でもない。

その分トップ寄りの3個を超マイクロではなくー
ワンサイズ上げました。

最近全力で投げなくなったので(いざとなれば投げまくり)
軽く投げて飛ぶセッティング?にしようと思ってます。

先の締まりを緩くしたので、
元ガイド遠目で巻きの釣りに対応出来る様にしておかないと。

何でもロッドなのでアジングロッドよりも全体に太目、
完全に逆行してますから(笑)

もちろんアジも釣りますけどね。
竿が少し長めなのと硬めなのできっとアワセのストロークが少なくて済むはずです。

早く作らないと試せないのと試して使いにくければ
手直ししないといませんから。
0

詳細。。  釣り

今回はこんな感じ、102匹+1匹でした。
まぁそんな感じかなと。

適当に数えたから合ってないかもしれませんが、
まぁそんなもんです(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

最大は測ってませんが18.5aってことで。
前回釣っているので大型が居なくなった??

おかげさまで中型が多かったのは良かった。
小型も居ますが全体には良く太ったハゼが多いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

画像では大きさがわかりにくいですがアベレージ高め、
こんなサイズの100匹超えは---

この中型サイズが交じるけど小型メインで、
40-50匹釣るのがやっとが多い中,,,

中型メインで100匹超えはまずまずかと。
アジが欲しいところではありますが・・・

ワンデイでの釣行が続いていますが無理は禁物?
釣れない時期なので無理をしなくても、

尾鷲は雨が絡んでいますし本来ならホームでグレあたりをー
そろそろメバルも顔を出す頃かと、

月が出ないのと雨でなければいきたいところではありますが、
タイミングを見てボチボチな感じで行こうと思ってます。



最近のミジンコ、
ベランダで培養していますからどうしてもアオコ?が発生して、
ミジンコが絡んでしまいもがいている。

それを救出しつつ多くなったミジンコを間引いてメダカに与えたり、
メダカの飼育水をミジンコのペットボトルに入れて様子を見たりしてます。

そんな中 最近知ったバナナの皮を袋に入れ黒くなるまで放置、
それを水に入れ種ミジンコを入れるとミジンコが増える!!

試してみると本当に増えるんですゎ。
白いモワモワしたものが増えるので水が傷んでくるのでは???

なんて思いつつ放置していたら少し多めに皮を入れた容器のミジンコがー
減り始めてしまった。

水に対してバナナの皮が多すぎたので量を調整したら安定してきました。
それとアオコがの発生が少ないと言うか増えないので楽チン♪

バナナの皮で増えてくれればメダカの飼育水を使わなくていいし
何よりアオコが発生しないのだから手入れが簡単!

あまり水が濃くならない様に調整するのとミジンコを間引くだけ。
ミジンコを冬場は越冬させなくてもいいかと思ってますが、

越冬出来るのであれば・・・
大変かな。。
0

北陸。。  釣り

二百匹確保の予定で北陸に行って来ました。。
まぁそんなに甘くないですゎ...

下道で帰ってから車のエンジンオイルを交換したのと
ミジンコの世話をしたら疲れました。

また後でアップしていきます。




雨の心配もなく走り出すと小雨が・・・
所々降ってもおかしくないですけどね。

高速は車線規制でしたが夜だったので流れました。
でも本日の昼間に4台が絡む追突事故が発生してますね、

トラックに突っ込まれたらお終いですからねー
大きな車を運転する人に気をつけてもらうしかない問題です。

問題なく釣り場に着きまして釣り始めるが状況が良くない。
ナイスサイズのハゼは釣れるがチビセイゴが邪魔をする、

それと雨でゴミがボチボチ掛かります。
どうもハゼの分布の把握が上手く行かないなぁ...

と言うコトで他を見に行くが 更に良くない。
こりゃハゼと心中だな、攻略するしかない!

ハゼのポイントに戻り根気よく探る、
際を探るのがセオリーではあるが ある厄介なヤツが---

それは「携帯ヤロー」シマイサキ。
ちょっとサイズがいいとドラグを引きずり出す勢い、

カッ カカッ! ドス!ジィ--------------
走らんでいいから,,,

小型が掛かると コレがハゼならデカイけどー
お前かぁ・・・・・と邪魔してくれます。

出来るだけ際は外して徐々に前へ、ポツポツハゼが掛かり出す。
連発はしないが何とか、

地味に見せるのが良いのかポンポン誘った方が良いのか、
地味に引くと草や藻がかかるので微かに浮かす感じにはしてます。

ただリフトし過ぎるとセイゴの餌食になるので地元でもやる、
リフトしたらテンションを抜いてポーズで移動させない。

居食いを誘発させられたら一番掛けやすい状況に持ち込める。
微妙に吹く風を使いテンションを上へ、

右から吹く風に対し斜め左へ投げラインを持ち上げ風を入れる。
そのまま竿を跳ね上げればウエイトは斜め上へ上がるょ(笑)

ただラインは多めに出るのでアワセは大き目に巻きアワセを入れます。
釣れるハゼが大き目なのでフッキングは楽な方だと思いますね。

そんなこんなでポツポツ追加していき1匹キビレを追加、
明るくなりかけた頃にあることに気づく、

エサを大き目にしてポーズすると大き目が釣れる。
やはり魚が大きいとこんな手が効く場合があるのだと、

太陽が出る寸前まで頑張りマサカノ雨。。
すかさず汚れた車をササッと汚れを浮かせてー

釣りは終了〜 雨の中走り出し雨で汚れを落としつつ帰って来ました。
途中2時間休憩して下道でトコトコ、コンビニ休憩を入れ午後1時半帰宅。

そこからオイル交換で指を地味にやけどしつつー
熱くても触らないとオイルが抜けないのでしょうがない。

何時間も走った後すぐの交換でオイルアツアツぅ〜
熱くないと交換の意味がないですけどね。

釣れたハゼは明日さばきます。
100匹は釣れていると思いますが前回は超えていない感じかな、

ただ小型は少なく超大型も居ませんが全体に中型多めなのが良かったかと。。
10月にもう一度行きたいところですが、ハゼは居てくれるだろうか・・・
0




AutoPage最新お知らせ