尾鷲。。  釣り

行って来ました尾鷲。
まずは朝から病院へ行き検査、これがかなりキツイ・・・

何とか午前中で終わらせ帰宅するが午後すぐに出かける予定がー
無理でした。

3時に出かけて寄り道して川越まで走り高速で尾鷲へ、
結局尾鷲には暗くなってから到着。

アジ・カマス狙いで2タックルで釣り場に行くと名古屋ナンバーの2名あり、
一応挨拶して投げると1投目でアジが釣れて少し間が空きもう1匹。

1gでは反応が出なくなったので0.5gに落とすとポツポツ釣れて静かになる、
1.5gにして22aが釣れてバラシが2つで船が通りアタリが途絶えた。

ここまで11匹とセイゴ1匹、他を見に移動。
移動した先ではカマスを狙ってみるも反応は無くー

しかし 止め で小さなアタリが出るので意地で掛けにいくとアジっぽい魚が
水面でバレたのでアジングタックルを組んで投げてみると、

ワームで偏食しているようでカマス用で使ったワームを刺し直し投げると食った!
アジなんだけどマメ・・・・・

ココまで来てこんなサイズを狙っていたのではマヌケなのでセイゴ狙いに変更、
場所移動しての1投目で トン!食った〜 結構重い!

ちょいマシなサイズのセイゴを一気に抜いて1匹目、
ココからサイズが落ちるが7-8匹連続でゲット!

移動しながら探ると魚の居る場所と居ない場所がハッキリしていて
釣れない場所で投げてもとことん触りもしない。

見せる様に少しスローが今回のパターンの様な感じなので丁寧に、
するとヒットしたヒラセイゴが元気にジャンプをしてくれる。

ちょうど30aちょうどぐらいまで釣れて
通常ならリーダーがボロボロになるところが今回は見事なフッキング!

口先に全て掛かってラインを縛り直したのは1回、
タイムロスも無かったのですが徐々にアタリが出なくなったので終了。

魚はちょうど20匹の朝4時だったので下道で津を越えるまで走りましたが限界---
コンビニで休憩してから残りも下道で帰って来ました。

魚をさばいてみてクオリティーは戻って一安心、
ヒラセイゴ率が高めなので魚が入れ替わったのかもしれませんね。

カマス狙いで投げていて足元にも30〜40aのセイゴがウロウロしていましたから。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ