詳細。。  釣り

クリックすると元のサイズで表示します
釣果+調達=全釣果。ちっちゃいメバルが更に小さくなった感じに見えます

クリックすると元のサイズで表示します
今回はメバルのエラと内臓を割り箸で処理する方法〜
まず箸を口から通しエラの外側へ

クリックすると元のサイズで表示します
エラ・エンドから内側(内臓側へ)へ箸を差し込む
これを両側行います。出来るだけ奥まで差し込んだ方がいいかな。

クリックすると元のサイズで表示します
で、箸を挟む様にしっかり持ち!魚を3回ほど回します!グリングリン〜

クリックすると元のサイズで表示します
ここで問題発覚!ウロコを取る事を忘れていて急遽処理
それで箸を引き抜くと〜抜けます(内臓は画像処理済み)

クリックすると元のサイズで表示します
次にボラ。三枚におろしてアバラの骨をすいて皮を引いた図
ここで2つ失敗があります。それは引いた身を そのまま まな板に乗せていること@
それと血合いの尻尾側を引きすぎたことAまぁこれはプロではないので ご愛嬌ということで

クリックすると元のサイズで表示します
身を裏返すと血合いの残り方にムラが有りますでしょ、味に大差ありませんけどね
身はまな板に直で乗せずにまな板を替えたり今回はキッチンペーパーに乗せました。
こうすると魚の外側のニオイが移りにくいですょん

クリックすると元のサイズで表示します
コチラはまずまずかな。と言うかこれが私の腕では限界です。

クリックすると元のサイズで表示します
中骨。こちらは背ビレと中骨から伸びる骨の交わる辺りは包丁で簡単に切り離せますのでお試しを!尾っぽ側は出刃のかかとで一撃!

クリックすると元のサイズで表示します
ボラの刺身はこんな感じです
鯛にも劣らない美味しさ〜お寿司屋さんでも「鯛」と偽って出すところがあると聞いたことが…鯛と言って出せる場所はボラでも一部ですね

クリックすると元のサイズで表示します
メバルは後日アクアパッツアになる予定です。
そうそう、ボラの中骨は今回アクアにinする予定です。
もっと沢山中骨がある場合は素焼きして甘辛く煮付けるとこれまた美味しい〜
焼くことで身がシッカリしますのでお勧めです!フライパンを使うと焦げにくくていいですね

最大メバル19.5aでありました... ̄▽ ̄;)ショボ...
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ