ダイエット+塩分。。  

食事療法を一応勧められている訳ですが〜(汗)
血圧少々高め、なので身長から計算して出された体重を目指せ!と…

それってガリガリな状態になれ!と言っている様な...
ダイエットを始めてすでに11s落としている訳ですが---

ここから7s落とさないといけない訳で〜(今までデブすぎた?!)
ここからは身体を動かせば何とかなる。だが止めればリバウンドだな。

そんなアホなことはパス!!今までで それほどムリをした訳ではない。
とにかく噛む・食べる順番を考える・釣りの時は食べ過ぎるので注意しただけ。

リバウンドもなく11s減に到達した。あ、休憩の時間にジュースを飲むのを止めましたね!金銭的にも助かるし(笑)その分を朝のシリアル(オールブラン)購入にまわしてます。

あと一番効き目があったと思うのが「ダイエットしてるから」と言うこと。
出張先のホテルでも それを話したら むこうが気を使ってくれるほど(笑)



塩分問題について こんなことが病院より頂いた資料に書かれてます。
ダイエットにもつながることも多いのでちょっと書いてみます。

☆外食の時に気をつけるコツ、
塩分と栄養のバランスです。ソースやしょうゆは少なめにかける、漬物は残すようにする、みそ汁は1〜2口残すようにする…これで1.5gくらい減塩できます。
栄養バランスをとるには、丼ものや麺類のような単品より、定食スタイルを選ぶことがポイントになります。

そこまで…と思ったりしますが、それぐらい〜と思えれば 何も気にならず減塩できる訳です。漬物も定食の一品、買っているのだ!と思ってしまってはダメなんです(笑)


☆汗をかいたら塩分はとった方がいいのでは?
汗をかいたら水分は補給したほうがよいのですが、長時間にわたる運動で大量に汗をかくとき以外は塩分は考えなくても大丈夫です。むしろ塩分はすぐ過剰にとってしまうため、運動選手では塩分濃度を0.1〜0.2%くらいに調整した水を補給するという方法で水分と塩分をとっています。みそ汁の塩分が1%ですからかなり薄いことが想像できるでしょう。

みそ汁などで言われると〜 わかりやすいです、スポーツドリンクなどを水で薄めて飲むのが有効なんですね。水分を大量に飲む場合は塩分も大量になりがち!気をつけろっ(濃)オヤジだから濃いって!?それは濃いい(爆)


☆塩分ひかえめや減塩の表示のある食品なら安心?
「減塩」「低塩」「塩分ひかえめ」など、いろいろ複雑でわかりにくいかもしれませんが、とにかく製品のナトリウム量をしっかりチェックすることが肝心。食塩はナトリウムの約2.5倍に相当しますので、たとえば製品1人前にナトリウムが200mg含まれていれば塩分は200mg×2.5=500mg(0.5g)。
ただし、表示につられて塩分を抑えたつもりでも、たくさん食べれば同じことなのでご注意を!。

詳しく説明されると???〜ナトリウム(Na)に分類されていると ○○○mgと表示されて少ない気がする。Na400mg=食塩1gなわけでー 塩分で表示されないから実はよく考えないと結構ヤバイ。それと先生が言っていたことで 食塩1g=お寿司に付いているしょうゆの入った赤いキャップの容器!あれが1つで約1g。なんですって、だからあれが6個で一日分の理想の食塩量になる。食品などすでに入っている塩分を考えると差し引きすればもっと減らさないといけない計算になって…
日本人は一日14gほど塩分を摂取しているらしい、高血圧な人が多いのはそんなところからなんですね。って他人ごとではありませんので 私,,,(滝汗)


これは私の 覚え ですから気になさらないでくだされ〜。。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ