やっと釣りの更新!!  釣り

滋賀での仕事を終了して金曜の夕方に名古屋へ帰還。
会社からその足でホームの鳥羽へ走る!!

霞を過ぎるまでは快調〜四日市で渋滞〜白子で渋滞〜裏道へ逃げて津インターへ、
タダの伊勢自動車道を試す作戦!ただ 本当にタダなのかちょっと自信が無い(汗)

津インターでは「無料」の文字も見当たらないのでちょっとヤバイか?!
迷っている時間も無いので走る〜!!かなり前に走ったときより車が多い気がする。

まずまず快調に走り伊勢の料金所へ「お疲れ様でした」の一言をもらい通過^−^)タダでした〜当たり前か。。その後一部料金を取られましたが(笑)

結構走った感が残るなか 一ヶ所目のポイントへ入る、水量も良く探り出すが・・・
反応が無い、捜索範囲を広げていると ガガッ!とアタリ、アワセを入れると魚が暴れまくる!

久しぶりのキャステイングでの獲物はチンタ〜(笑)その後 チビセイゴ 沈黙。
少し動いて深場を探ると クッタタタッ!とキスのアタリ〜!久しぶりのキスゲット!

調子にのって探るが「単発」一晩やって20匹いかないペース、なら次の目的地へ飛ぶ!お得意の場所チェック。サラッと流してみるも反応が一度コン!と来て終わり…

なら底を探ってみると クククッ!と来てキスゲット!それも後が続かない,,,
しつこく駆け上がりを落としていくと カンッ!と明確なアタリ!アワセると暴れる魚〜

上がって来たのは 赤いチンタ(笑)しつこく探ってキスを追加したが探るまでもない。こうなったらセイゴのスイッチを入れるしかないのでシンカーのウエィトを増量〜

さて食うか?!投げること数回 ついに微かなアタリをとらえた!チビセイゴ・・・
こんなサイズを釣ってもしょうがないなぁ---でも今の状況だと大きく動いても久しぶりの鳥羽を攻略できそうもないし体力もない。

チビを釣りまくって ちょっとマシなサイズを交ぜるしかないな、方向は決まった!マメにフックのチェックをしながらチビセイゴを釣ったりバラシたりしていると 時折ゴゴン!と派手なアタリでバレる。。

あのアタリだと まずまずの大きさだと思うのだが、しかしちょっとセイゴのサイズが大きくなると更にアタリは小さくなるはずなのだけどー,,, なんて悩んでいたら来たぁ〜!!

ゴゴゴン!よっしゃ掛かった!走る魚を抜くと「メッキ」猛暑が続く中 頭の中に今1番期待している獲物として上がる魚が釣れてくれた!!なかなかメッキだけで走れないのも事実、秋に向けてマジで狙わないと!!

なんて思っていたら チビセイゴのオンパレード,,,,,少し場所を休ませるために他の場所も探ってみる。するとすぐに何かがアタった、もう一度 確かに何か反応する、次は遠投して長く引いてみると〜

グッ-ゴン!ダバダバッ!とエラ洗い!ちょっといいセイゴを何とか抜き一安心。チビセイゴばかり見ているから30aあるかないかで大きく見える(笑)こんなサイズでいいから もう少し釣れてくれると助かるなぁ。。

その後反応もなくなりチビメバルが釣れただけ。元の場所に戻り投げてみると反応がある、丁寧に一定の速度で巻くが違和感をあたえると はなす(汗)今回持ち込んだのはメバル竿オリジナルライトタイプ。やはり島風を持って来なかったのが悔やまれる。

鳥羽の釣りでは島風に勝てる竿はない!実は他を探していないだけなんですけど(爆)
悔やんでも始まらないので 集中して巻いていると ゴゴン!掛かってバレたー?居た!メッキゲット!

走るのが速く掛けた瞬間に手前に走られラインのテンションが抜けてしまう、さすがヒラアジ!!こんなことを繰り返していたらフラフラになってきたので夜の部は終了。

久しぶりに ずっと集中して投げていたので 疲れました。明るくなるまでの少しの時間 仮眠です。

明けて空は…もやがかかって幻想的ではありますが 日差しがなくて助かりました〜車の中で蒸し焼きにならずに目が覚めました(笑)早速キスポイントへ移動。。

準備をして1投目 ココン!ときてキスゲット!2投目もココン!ときてキスゲット!3投目もココン!ときてキスゲット!こりゃ入れ食い早終わりかぁ〜 なんて思ったがアタリはそれが最後で場所を少し動く。

ここでも1投目からココン!ときてキスゲット!グ-フ-・べラと続き キスゲット!それっきりなので 場所移動、しかし キスは釣れず場所移動。次は堤防の先端に座って粘る作戦。

これはまずまず当たって昼まで頑張り エサを全て使い切って今回の 久しぶり鳥羽釣行は終了となりました。

釣りをしながら海をながめていると黒鯛が悠然と泳いでいたりボラがいたり 13バイブとそっくりなサイズと形のメバルが群れていたり チビアオリがいたりと とても癒されてきました。

昼間でも吹く風はとても爽やかで秋を感じますがー 一度風が止むと「灼熱」へ,,,
も〜暑いのはパスしたいです。。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ