敦賀でキス。  釣り

全編 キス狙い(笑)
今回は竿を新調しておりますヒュ-^0^)ヒュ-

いつも立ち寄るスーパーではうどんが半額、
通常198円出して買うほどのモノではないが半額なら腹の足しになる。

敦賀に向かう道中、養老では風が強く、
焼肉屋によっては人が並んでいたり そうでなかったり。

伊吹〜木之本周辺では冷たい風が吹き、敦賀では汗は出ない程度。
もちろん伊吹山ドライブウェイは土砂崩れで通行止め。

さて今回は新しい竿を と言っても中古ですが 使ってみます。
しかし釣り場に着くと 風も弱いのにうねりが打ち寄せる、近距離戦対応なのに。

一応リグとの相性を見る為に投げてみる。
フィネス(細)なPEラインに軽いシンカーが飛んで行く。

でもね、うねりの入るあたりからの探りになるので釣りにくい…
シンカーのウエイトを調整しながら投げているとやっと1匹釣れた(汗)

アタリは出るが食わせにくい、これでは貧果になってしまうので通常メバル竿登場。
と言ってもセットしてましたけどね(笑)それに新しいアイテムも試す。

すると一撃!遠投がきくので広範囲に探れるのは やはり強い。
結構 離れた場所に1人釣り人が居るのが見える、関係ないが.....後で関係しますが(悲)

ポツポツ釣れて来るサイズがまずまず。こんな時は数が稼げない,,,
5〜6匹 釣った頃だろうか いきなり顔をライトで照らされ眩しい、

どこのボケだ!!と思ったらさっきの釣り人で 人のバケツを覗き込み
一声掛けていくのはいいが「ちょっと入れて下さい」と狭い場所の前側に入るか?!

私の投げられる範囲激減!その投げられる方向は激浅!常識が無さ過ぎる!
私はそんなオッサンには関わりたくないのでサッさと場所を移動。

ここからはマジ探りモード!時折 ドドドッ!と竿を持って行く大きなアタリ!
次の瞬間リグの重さを感じない?!もしかして〜リールを全開で巻くとゴンゴンゴン---

一気に食って手前に走っているのである。
これが3回ほどあった、こんな事ができるのは良型ならでは^−^)

時折グ-フ-は掛かるがそれほど気にならない。
それと今回はフックを替えているのが有効みたい!!

いい型が釣れると同じ場所には数匹群れていることが多く魚を外したら即同じ場所へ投げる。
するとゴゴン!と釣れてくれる しかーしガンガン食う訳ではないのが問題です(泣)

結構頑張ったが2時を回ったので 今回一番試したかった近距離戦をする為に場所移動。
5時まで休んで ニューロッドのみでの釣行だ。

ポイントに入り投げる。
水深が少しあるので軽いリグでは探り切れない。

無理やり探ると根に食われる。
竿が細いので一応ロッドのキャパに合わせてラインを使っていますが----

1時間ほどアレコレ試してみるが1匹釣るのがやっと(滝汗)
途中 絶対大物!のアタリが出たが アワセると ビシュ!・・・・・・・・・ハリが無い(ガックシ)

ここまで探れないのでは 話しにならないので ロッドはそのままでリールを交換する。
必然的にPEラインも0.4→0.8にアップ!すると通常探っているバランスになりアタリが出る!

いきなり良型が出る(核爆)
ここからはロッドの特性上 感度は抜群なので 魚をどう掛けるか!?

ロッドの張りはあるがアタリを取る為の張りなのでアワセでは大きく曲がる、
すると通常のアワセでは魚が結構バレる。約5割。

しかしそれを解決するのには時間はかからなかった。
アワセをバットに乗せる感じで入れると8割程度までアワセが決まる。

見た目には かなり大アワセに見えるかも(笑)
曲がる部分は先に曲げてしまえば魚は掛かる訳です。

ロッドの感度が良い分 アタリを早く取れるので
ロッドの前部を下げてアワセに入るタイミングが作れます。

流れがつかめてきたので探りながら移動していくと
カン!とアタリ、一呼吸おいて ビシュ!とアワセると〜

竿が満月!こりゃカサゴだな〜 ビンゴ!20a超えゲット。
次の1発は 根に行かれるが少しラインを緩めたら出て来た〜

根魚だと思っていたらキス!!だった( ̄○ ̄;)
1ヶ所魚が集まっている場所があり立ち居地を替わらずに10匹ほど魚を引きずり出せた!

ベラやハゼ グ-フ-にハオコゼ グレ等いろいろ釣れましたょ。
一度車に戻り場所を動くがパッとせず 10時には終了しました。

薄雲が出てくれたのでバカみたいな暑さはなくて助かりました...
帰る途中 木の影で寝たら 太陽が動いて 日陰が日向に 結局日焼けやん。


ナイターで29匹、朝も偶然29匹+カサゴ1匹でした。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ