久しぶりの鳥羽は?!  釣り

9ヶ月〜10ヶ月ぶりの鳥羽に行ってきました。
久しぶりに走ると遠く感じます(汗)

負の連鎖を立ち切るべく鳥羽の海に立つ!!
ド干潮ょ〜〜〜 微妙に風が吹いたりー 人も多い...

水面には時折ベイトを追いかけてシーバスが現われる。
一応ベイトになる魚は居る様だ、が 雰囲気が悪い---

一応投げてみるが 根際で テテ、と来たが魚が小さすぎてかからない。
きっとチビメバルか穴ハゼでしょ。

アジング兄ちゃんが一人陣取る場所が1番いいいのだがー
兄ちゃんが少しして1匹アジを上げた。

一応アジは居るようだ、
しかし この雰囲気の悪さだと あの1ヵ所しか魚が反応しないはず。

昨年 何度も味わったから知ってるさ、
雰囲気のいいときは全体で食うが活性が下がると ある一点でしか食わなくなる。

まぁ お兄ちゃんをながめていてもしょうがないので私は場所移動。
動いた先にも人が居たが 少し離れて投げてみる。

昨年と場所のレイアウトが変更になっているのでどうなのか…
・・・・・う〜ん、反応が無い。

こりゃ困った 参った。
今回は オリジナルロッドとフィネッツアを持ち込んでオリジナルげ投げていた。

なにげに 足元の駆け上がり でステイ、コ! 食ったな〜アワセ!
かかったが重々しい引きで魚が動き出す!

グ-フ-か?浮かせて 抜こうと水面を見ると まずまずのアジじゃないの〜〜〜〜@。@;)
一気にに抜いたら 堤防の上で外れた!ヤバイヤバイー こんなサイズが居るんだ!!

1匹目で20aを超えるサイズのアジが釣れるとは,,,
その魚をバケツに入れたり ごたごたしていたら もう一人の釣り人は居なくなっていた。

しかーし 替わりにライトを持ったアホ釣り人が登場、海を照らしてくれてポイントがパー
まだ水位が低いのと 場所を休ませるために場所移動。

やはりどこに動いても水位が低いので 雰囲気が良くない。
しばらく探るが反応無し、先ほどの場所に戻ってみるか---

移動してみると 人も居なくて よかった。
先ほど釣れた場所を探ってみる、


この探る作業は 0.2号のラインを使っていると 予想以上に深くジグヘッドを沈めてしまう。
それにレンジキープが思った以上にできていないのだ。

ずっとジグヘッド単体の釣りをしていればいいが 私みたいにPEも使ったりしているとー
ジグヘッドがアッチコッチへ 行きたい放題(笑)

それを気にしながら 深めまで探ったレンジを 中の上まで上げてー
そのレンジをキープしつつ 手前まで誘い 少しテンションフォールを入れる ---バシッ!

ヒット!竿先に違和感を感じたのと 手元に微かな振動でアワセ!
魚が走りだす!水面でバシャバシャ ツン!バレた〜〜〜 T△T;)

レンジキープからのラストの お誘いにのってくれたのにー残念!
ここからは反応もなくなり 集中力も...疲れたのでクーラーに座って投げる。

ちょっと釣り座を動いて のんびりモードで回遊待ちょ。
ここでフィネッツアにロッドを持ち替えて投げてます。

キャストから 少し引いたところで 違和感がー バシっ!掛かったー
走りまわるアジが確認できる!一気に抜いて大きくはないが2匹目ゲット!

回遊待ち無し(笑)
ここで この前買い込んだワームを試してみる!

するとこれが大正解⌒▽⌒)v ただアタリは難しい,,,,
スっースっースっー と竿先を引くと スっースっ− スっー アタリはこれだけ。。

スっーと引いた最後のテンションがなくなったり、
スっーと引いて次のテンションのかけ始めが抜けたりする だけ。

なれてくると この抜け のアタリも感知できる様になりますょ。
これで一気に人間の活性が上がる(爆)

ジグヘッドも変更しつつ10匹ほど確保したところで 食いが落ちた。
北陸で通用しても 三重では通用しないことばかり、ジグヘッド1つで食いが替わる。

重さは1gを中心に使うが ヘッドの形状やフックの形状でアタリが減る,,,
一応 このジグヘッドに このワーム!と決まってくると 自然とアタリも出るし魚もかかる!

2度目のラッシュも なんとか7〜8匹追加!
ここまで座って釣っていたが 天候の加減で 風が巻くので立ち上がって 横に引く感じでー

3度目のラッシュ!ただ 立っただけの違いで,,,,,,
レンジキープを意識しつつ 魚の食う場所が遠めも多く キャストからのフォールでも時折アジがかかる。

明け方前、さすがに魚からの反応がなくなったので 一気に場所移動で ポイントを見るがパッとせず、
今回の鳥羽釣行は終了となりました。

久しぶりでしたが 何とか魚を確保できてホッとしてます。
さぁアジを 一気にさばいて 今回は塩焼き!!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ