Don't worry, Be happy.(Top page)

2012/2/21

本当何となく  なんとなく


クリックすると元のサイズで表示します


色々な欲を満たしに松山行ってきます!A週ぶりのバレエレッスンにも!

有意義な時間にするぞ〜!行っちきます♪
6

2012/2/9

眼鏡男子  記録


クリックすると元のサイズで表示します

どもー、海渡です。

最近目の疲れを感じるようになり、その原因が長時間コンタクトをつけているためだと分かったので、人生で二本目の眼鏡を作りました。似合ってますかね?^^


先日、東温市見奈良、つまり劇場のすぐ近くにある重信中学校へ、「働く人に学ぶ」という授業の講師として、生徒の前で2コマ講話をするというお仕事を頂きました。


普段自分は表現を通して感動を伝えるお仕事をしているので、講話の内容に関して聞いてて良く分からない事、疑問に思う事もあるかもしれません。なので、ちょっとでも引っかかる事、理解出来て覚えたいと思った内容だけ拾って頂ければ良いかなーと思います。

なんて前置きのセリフを言って、自分の経歴、俳優になるためにどんな道のりを歩んできたのかを話しました。

そして、生徒とのQ&Aコーナーで生徒との交流。最後に、生徒に伝えておきたいメッセージを伝えて終わる、という流れでした。

感想としては、まだ中学校一年生であるため、知らない大人との距離感が上手く掴めない子が多いな〜という印象。

しかし、振り返ればこれは先日母校である今治南高校の生徒とのトークショーの時にも感じたことである。

Q&Aの時間になった時、手を挙げる子の少ない事(笑
手が挙がったとしても先に質問した積極性のある子ばかり。

僕自身、あるいは俳優という職業に興味がないのかなーと寂しさみたいなものさえ感じました(笑)

礼儀をわきまえるという事は確かに大事なことなんだけど。失礼になるんじゃないかとビビって何も質問できないという事になると、その質問を待っている空白の時間がもったいない。
むしろ、失礼を承知でガツガツ質問してもらえた方が気持ちいい。若いうちは変な気遣いをして小さな失敗を恐れるなんて事はしなくても良い。
ちょっとやんちゃなくらいがいいのにな〜なんて思いながら仕事を終えました(笑)


以下、授業の最後に伝えたメッセージ。

これは、詩人の相田みつをさんの禅のお師匠さんである方の言葉です。

「昨日は過ぎてしまってもうない。明日は来てみなければわからない。

大切なことは、今日只今の自分が 

どう生きているかという事である。」

例えばの話ですが、明日自分の命もしくは大事な人、家族を失うとしたら、何をしたいですか?

3/11、たくさんの人達が地震と津波によって亡くなりました。

しかし、その人達のほとんどが、3/10に自分の命が明日亡くなるとは思っていなかったと思います。

想像して下さい。

明日、命が無くなるとしたら。

今と言う時、近い将来の時間を大切に生きたいという気持ちが出てくると思います。

極端な話かもしれませんが、私たちはそう感じながら生きていくことが大切だという事を、あの震災から学びとるべきだと思います。

今私は何のために生きたくて、そのためには今何をすればいいのか。具体的に動くためにはどうすればいいのかという事に常にアンテナを張って。
一日一日のその時を充実させていくという気持ちを持って生きて行って下さい。

偉そうなこと言っちゃったなーと思いつつも、今一番自分が自分に言い聞かせていて、なおかつ伝えたい内容を伝える事が出来て良かったなーという、充実感を感じました。少しでも、生徒たちの糧になっていればいいなと思います。


では、また。




6

2012/2/2

「鍛」  記録

クリックすると元のサイズで表示します

ども。海渡です。

あっという間に1月が去り、2月に入りました。

1月には長期休暇があり、ゆっくりと身体を休める事が出来ました^^

また、坊っちゃん劇場の次回作である「幕末ガール」に出演することが決まり(10月まで)、そのために東京へ稽古に行ってきたりもしましたね。

まだ内容は書けませんが、全体的に、誓いのコインとは全く色合いの違う、今までの坊っちゃん劇場の作品には無い面白さを持った作品となりそうです。

そして、昨日の公演にはなんと!僕の母校である今治南高校の生徒が観劇に来てくれました^^

僕がいた頃はとてもやんちゃな生徒が多かったのに、今回出会った生徒たちは、シャイで、でも好奇心に満ちた素直な雰囲気を持った子達が多かったなあ。

公演が終わった後に、生徒たちに向けて僕だけのトークショーの場を設けて頂き、10分間の間に様々な事を、生徒からの質問に答えながらお話しさせて頂きました。

「近い将来へのビジョンを持ちながら、今と言う時を大事に生きる」という事を、今の自分を例えに使ったり生徒の立場に立って考えながら伝えました。

3・11の地震よりももっと大きな地震、不慮の事故などにより、明日にでも自分や家族、大事な人の命が無くなるとしたら・・・ちょっと極端だけど、本当にそうなるとしたら、今まさに過ぎている今という時間を、頭も心も体もフルに使って大事に生きて欲しい。

そして、昨日より少しでも成長しながら、幸せに生きていって欲しい。
心から、そう願いながらトークショーをさせて頂きました。

生徒にもそんな思いが伝わったのか、見送りの際手が足りないくらい握手を求められる事となりました(笑)

南高で僕自身学んだ事といえば・・・校訓の「鍛」という字とその意味から多くのものを受け取りました。

人間は、頭も身体も心もバランスよく力をつけて行ってこそ、その真価を発揮出来るものだと思っています。

文武両道という言葉もあるように、何か一つの事だけに優れるのにとどまらず、様々な事に対して、興味を持ち、学び、心身ともに成長していくのが理想だと断言できます。

つまり、人間誰しもが、いくつになっても旅の途中。命が尽きるまで勉強だという事。一生涯を通じて「鍛え続ける」のだという事。

今も僕の中でその信条は生き続けています。

本日は久しぶりの2回公演でしたが、クオリティを維持しつつ、無事やり遂げる事が出来たと思います。


残り少ない誓いのコインの公演を、一回一回大事に立って行きたいと思います。

では、また!







17



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ