Don't worry, Be happy.(Top page)

2012/7/22

「いじめ」と「若者論」  なんとなく

ども、海渡です。最近夜更かししてしまいがちなので気をつけたいのですが、どうやら今日も遅くなりそう。

夜更かしついでに、少し最近思う事を訥々と語らせて頂きます。


滋賀は大津での自殺事件が連日ニュースやネットで大きく取り上げられているけれど、この事に対して、現役の中高生はどんな事を感じているんだろうと気になっている。

自分には関係ない・・・なのか。このような事は絶対に起こるべきではないし、起こさない努力が必要だ・・・なのか。

いずれにしても、何かしらの事は感じているだろう。
ニュースを見ない人にとっては縁の無い話題ではあるけれど。

教育委員会、教師達。生徒を指導する側に立つ人達のお世辞にも「正当性がある」とは言えない対応や言動の数々に、呆れ果てている人も多いのではないだろうか。

この事件を通して感じたことがいくつもあるのだけど、特に強く感じたのは

「いじめ・差別というものを根本的に解決する事は出来ない」ということ。

「去年の大地震から命の重さ・尊さを学び切れていない人がいることが非常に残念でならない」ということだ。

人は、常に比べる。むしろ、差別化することによって、人はこれまでの文明を築く事が出来た。よって、これからどんなに長く人類が生き永らえようとも、差別はなくならないと思う。戦争がいまだに無くならない理由も同じだ。
圧倒的な競争社会となった現代の日本では、物事の優劣を判断する機会が特に多くなった。

ゆとり教育という言葉はいつの間にか風化しつつある。
「受験戦争」とはよく言ったもので、学力、人間としての魅力を「競い合い」、他人よりも良い教育の受けられる学校に通い、他人よりも良い会社に属し生きていくことを理想として、毎日を生きている若者たち。(ここでの若者とは、主に十代の思春期の人を指しています)

小学生の子が将来の夢はなに?という質問の書いてある用紙に「こうむいん」と書いているのを見てゾッとした。「夢や希望」を優先させるより「堅実に、安定した生活」を獲得することが素晴らしい事なんだという、何とも保守的で可愛げのない(笑)ある意味大人びた考え方になっている子供が増えている証拠だ。

そんな社会になってから、日本は先進国としての成長を遂げる代わりに、大事なものを犠牲にしている。「人との深い繋がり、関わる機会を作る」事に対して、さほど力を入れてないように感じる。その証拠に、最近になって面接の時には「コミュニケーション能力、協調性」を特に重視する企業が多くなったという。

パソコンや携帯電話の普及によって、更にその傾向は強くなる。

一昔前には、友達と会うには自宅の電話か学校で会った時に約束を取り付けるしかなかった。しかし今では平気で小学生が携帯電話を持ち、直接顔を合わせないで友達と連絡し合っている光景も珍しくない。

その結果何が起こるかというと。

直接対話せずとも間接的にやり取りすることに慣れるようになる⇒感情の表現があまり無くても良い状況が多くなる⇒あまり心を動かさないで人と対話するようになる。という事になる。

つまり、「感情の振れ幅が少ない」人になりやすくなる。

あくまでも個人的な見解だが、最近の若者には快活なしゃべり方をする人が少ない。顔に表情があまりない。怒られるとすぐに委縮してしまう。自分の意見を提示しにくい、といった特徴がある。

それは心が優しい、ナイーブな人であるから。というよりは、「自分が傷つくのが怖い、だからなるべく事なかれ主義で人と関わっていたい」という気持ちがあるからではないだろうか。心が傷つく機会が少ない環境で育ってきたからではないだろうか。

僕自身はそういった人達を批判するつもりはない。ただ、心が傷つく事で人としての成長に繋がることも少なくはないと思う。
だから、現代社会に生きる若者たちには、あえて「空気を読まない人」であって欲しいと思う。

自分の意見に耳を傾け、人と関わる中で、お互いが傷つかないために「妥協のある」対話をせず、「積極的に議論する」ようにしてもらいたい。それは決してわがままではない。話し合いだ。その経験を重ねる中で、コミュニケーション能力も磨かれるし、それによって自信もつく。

子供を育てる親に対しても、そういう機会を与えられる場を積極的に作ってあげる努力をしてほしいと思う。


いじめに話を戻すと、とても陰湿でモラルに欠けた行為であるが、これはいじめる側にもいじめられる側にも原因がある。

それは共通して、「人の気持ちを理解しようとしていない・想像していない」ということだ。

いじめることでされた側の痛み・苦しみ・悲しみが自分がその立場になったら・・と想像しない。さも自分がそうはならないと思っているからだろう。


いじめられる側は、いじめる側がなぜそんな事をするのか、自分の何が相手にそうさせたのか、どう解決する方向に持っていくかを考えないで、「自分はダメなんだ、いじめられてもしょうがないんだ」とふさぎこむ方向に簡単に行ってしまう。

ただ、いじめられる側には抵抗する勇気や力がない人が多い傾向にあるので、あまり強く「お前にも原因があるんだ」とは言いにくい。

しかし、いじめは絶対に許してはいけないし、立ち向かう勇気が必要だ。周りの人のサポートもあれば力強いが、まずいじめられている本人が伝える努力をして欲しい。

当事者にしてみればそんな簡単に言うなよ!と言われそうだが、その勇気を出せるかどうかで自分の人生が変わるならすべきだ、と僕は断言すると思う。
人には必ず変わるためのチャンスが来る時があると信じているからだ。


ああ、なんだか色々と考えがたまっていたのですっきりした(笑)
写真は自家製「夏野菜カレー」です。うまい!

では、また。



クリックすると元のサイズで表示します
7

2012/7/16

おすすめの品!洗顔パスタ!  なんとなく


ども、海渡です。

昼公演の日なのに朝早くに起きてしまって。でも今日を乗り越えれば明日はOFFなのだ!悲しいやら嬉しいやらで、なんだか複雑な気分!

というわけで←
僕が使ってるおススメの品をご紹介!どういう流れや!

そいつがコレダ!↓

クリックすると元のサイズで表示します


「ロゼット」さんの【洗顔パスタ】!
@cosme口コミランク堂々の1位を獲得した、薬用洗顔料です!

この洗顔料、実は80年以上も前から作られている(成分は改良されています)
んです!

洗顔石鹸を日本で初めてクリーム状に加工して売り始めたのも、ロゼットさんなんだとか。

で、肝心の使い心地なんですが!

温泉によく含まれている”イオウ”という成分が入っており、まず泡立てているととその匂いが香ります。個人的に温泉が大好きなのでvまずこの匂いで癒されます♪

実際に洗顔してみると、イオウの成分が優しく肌の老廃物や皮脂を取ってくれて、洗い上がりは本当に温泉から上がった後の肌の状態に近いものがあります(笑)

洗顔した後には化粧水+乳液をつけて仕上げますが、洗顔前後の肌の状態が全く違うのに毎回びっくりします。

普段ドーランという舞台メイク専用のきついファンデーションを塗っているので、肌の手入れは欠かせません。とはいえ自分に合ったもので、なおかつコストはなるべく抑えたいなーと思っていた時に発見したのがこいつなんです。

近くのドラッグストアで500円くらいでゲット(笑)
なのにこんなに効果を実感できるとは!といった感じ(*^^)v

CMとかしないのかなー。もしするなら愛用者として出たいなー(笑)

ああ、なんか本当朝から変なテンションです。珍しい(笑)

じゃ、昼公演に向けて準備してきます!また!





3

2012/7/11

アサヒ四国工場見学ツアー!  なんとなく


ども、海渡でし。

今日はオフでした、が!昨日はココ!


クリックすると元のサイズで表示します


劇場との縁が最近ますます深まりつつあるアサヒ四国工場さんのところにお邪魔しました〜!

どうやってビールの材料が集まり、その材料がどのような工程でビールに生まれ変わっていくのか、アサヒという会社の理念など、色々と興味深いお話を工場内を見学させて頂きながらお伺いすることが出来ました。うむ・・・奥深い!ビールの世界!そして環境にも人にも優しく、懐の大きさを感じさせるアサヒさん!

そんな感動しっぱなしの工場見学が終わった後は・・・!
お待ちかねの!!

クリックすると元のサイズで表示します


出来立てビール!試飲会だーーーーー!!

いや〜〜・・・さすが出来立ては旨かったです。
普段あんまりビールは飲まないのですが・・・
この時ばかりは沢山飲んじゃいました(笑)

季節のビール、−2℃〜0℃の冷や冷やビールなどいろんな美味しいビールも味わわせて頂きましたv

おかげでこの日は久しぶりに飲みすぎちゃいましたね(笑)

でも、とってもいい気分転換+勉強になりました。
アサヒ四国工場さん、本当にありがとうございました!

そして今日はバイクの技能教習!やっと第1段階が終了!思ったよりも時間が掛かってるので、もっとペースを上げなければな〜!

明日からまた頑張ります。ではまた!

2

2012/7/4

ゆったり、まったり。  大事な記録

ども、海渡です。


今日はOFF。松山に出掛け、ロシア人墓地に参拝しに行って、その後はゆる〜く昼めしを食べて、ゆる〜くカフェで古本屋で買った本読みながらコーヒー飲んで…と。久しぶりのゆったりとした時間を満喫しとります。

ロシア人墓地参拝には、NHKや愛テレビさんも取材に来られていました。お疲れさんです。

昨年の誓いのコイン初演前にも、慰霊祭として参拝しに行きました。墓前にて手を合わせ、鎮魂の思いと誓いのコイン公演の報告の思いを込めて祈りました。そして、「遠き祖国」というロシア人が望郷の思いを歌う曲とテーマソングである「心の国境を越えたい」を歌いました。

その時、段々空が曇り、しとしとと小雨が降り始めたんですね。

そして、今日参拝した時にも全く同じような天気になったんです。

一緒に参拝しに行った佐藤さん(アンドレイ役)は

「この雨は、ロシア人の感動の涙だと受け取ろう。」

とおっしゃいました。

その時、何故か僕も「単なる偶然」とは思えず、「ああ、そうだな。この雨はロシア人の魂が込もってるかもな」
と妙に納得してしまいました。

また、「彼らの望郷の思い、過去に確かに戦争があり、お互いの国を守るため命懸けで生きた人達がいたという事実を、しっかりと伝える使命と捉え、それを全うしたい」。そんな気持ちがより一層強くなりました。

中途半端な気持ちじゃ出来ない。九月までの間に出来る事をやろう。

では、また。



クリックすると元のサイズで表示します
10



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ