Don't worry, Be happy.(Top page)

2009/11/2

素直に  なんとなく

最近の社会の様子を見ていると

これまで築いてきたものがいかに生きづらい要素を含んでいたものか分かる

簡単な例から挙げると

情報だけを伝えられれば良いという合理的な考えのもと、ダラダラと喋る人達

上から目線でいつも喋り、相手から自分の意に沿わない発言が出ると、【若いから仕方ない】やら【偉そうな口を叩くな】と自分の考えを正当化するのに必死な大人+その教え子達。

街や駅のホームを歩くと、必ずと言って良いほどあるダンボールハウスとそこで暮らしている浮浪者達。そのそばを一切気にすることなく、無視して颯爽と歩いてく人々。

もう、何かそういう環境下にいるだけで考え方が汚染されるような気がしてならんのだ。

環境の変化とは、入ってくる情報や関わる人が変わるものから、影響力は並じゃない。

東京の人は歩くのが早い、みたいなものだ。

いや、それ以上に変わるものがある。さっき挙げたように、思考パターン、生活リズムその他もそっくり影響を受けて生きている。

東京という所に住んで二年と7ヶ月。未だに慣れない。
慣れたくない要素があるのかもしれない。


クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ