Don't worry, Be happy.(Top page)

2012/9/12

いよいよロシアへ!  記録

ども、海渡です。

いよいよ、「誓いのコイン」ロシア公演への旅が始まりました。
まず、東京での最終調整稽古が10〜12日にありました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは、思い出しながら稽古をしてみて、振付、演技、歌の修正点を
先生方に指示して頂きました。

2日目の通し(本番と同様に作品の頭から終わりまで通してみ
る稽古)が終わった後、脚本の高橋先生から、
『やはり、皆さん270回もの公演を続けてきただけに、久しぶりに演技しているとは思えない
仕上がりだと思います』と嬉しい言葉を頂きました。

そして、いよいよ今日は成田空港⇒ロシアへ。約10時間かけての長旅になります。

実は、日本の劇団や、舞台芸術のカンパニーがロシアで招致されて公演する、というのは
なかなか無いそうです。ミュージカルに関しては初めてなんだとか。
大げさな表現をすれば、歴史が変わる瞬間に立ち会えたという事になります。

それに加えて、外交的な意味合いで言えば、日ロ友好の架け橋となる可能性も充分に備わった
作品でもあります。日露戦争当時に生きる日本人とロシア人をフェアに描き、
国と国を隔てる「何か」に立ち向かう人々を客観的に見つめられる作品。
祖国への想いを抱きながら日本に土を埋めたロシア兵の墓を、松山の人たちは今でも綺麗に整備し、
大事に守り続けている事。
そんな事を知れば、心の国境は無くなると思うのです。なくならなくても、何かが変わるはず。
そう信じて、今までやってきた事を精一杯活かして、舞台に立ってきたいと思います!

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、音楽監督の深沢先生と!
2日目の稽古終わりに撮ったから顔が疲れてる(笑)

では、またロシアで更新出来そうならします!
2

2012/9/8

夏×イベント×氷  記録

つづき!

夏季休暇の間も、仕事はあります(笑)

JA越智今治さんのイベントを盛り上げるため、法被を着て参加させて頂きました!

クリックすると元のサイズで表示します

ここでまさかの高校時代の同級生との再会を果たすとは思いもしませんでした(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

そして、イベントのお仕事を終えた後は!こちら!

今治の大人気の和菓子&かき氷店「登泉堂」さんにおじゃましました!
店主と俳優の柳原さんは昔から繋がりがあって、今回お邪魔した時もとても嬉しそうにお互いの近況を語り合っていたのが印象的でした♪

クリックすると元のサイズで表示します

今回頂いたのは、「宇治ミルク金時」!お目当てのイチゴは売り切れでした(笑)
いやー、本当に美味しいわ。まだまだ夏は終わらないのに、「いちご」が売り切れになるのもしょうがないわ。


つづく?





1

2012/9/1

家族  記録

つづき!

この妙なもの、何だと思いますか?(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

これ、正解は「サザエの刺身」でござい。

オヤジが漁師をやってまして、今回帰省した時に獲ってきたサザエをすぐに捌いてくれました。
・・・うん!めっちゃウマい!京屋と同じく、サザエもこの味で育ったと言えるぐらい食べ続けてきたので、懐かしいし美味しかったです!


クリックすると元のサイズで表示します

これは宇高三兄弟とオヤジの写真!
真ん中が姉、左が兄、右が僕です(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

これは七五三の時だな(笑)自分で言うのもなんだが可愛い(笑)

つづく!
0

2012/9/1

宜しくお願いします、みろさん。  記録


お久しぶりです!海渡ですヽ(^o^)丿

皆さん、夏はエンジョイ出来ましたかー?

色んな出来事がありましたよね。

特にオリンピックの盛り上がりは異常でしたね。
僕も毎日寝不足になりながら舞台に立ってた記憶があります(笑)

8月はなかなか更新が出来なかったので、思い出の写真を並べていきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

これは、劇場の夏季休暇が始まる前日に、村田蔵六、海野太一郎役の戎本みろさんのお宅に「突撃」して、俗に言うサシ飲みをしました(笑)

色々な深ーい話。これからの坊っちゃん劇場での活動にあたっての目標とか。
まだまだ知り合って間もないのに、色んな突っ込んだ話が出来て嬉しかったし、面白かったですよ!

みろさん、あと一カ月半ほどしか一緒に舞台に立てませんが、僕が出来うる限りのサポートをさせて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします!

つづく!





1

2012/8/13

お疲れ様です、神さん。  記録


こんばんはです。海渡です。


今日ついに、海野太一朗、村田蔵六役の神俊之さんが、110回のステージに立ち、無事千秋楽を迎えられました。ぱちぱちぱちぱち・・・・。

最後のカーテンコールの時、訥々と、「この素敵な仲間である、キャストスタッフ、そしてファンクラブの方やお客様、家族や支えてくれた方に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。」と語る神さんは、やはり主役としての「立ち居振る舞い」というか、貫禄をあらためて感じさせて下さいました。

これからまた別の道へと進んでいく神さんにエールを送りながら、自分自身、また気持ちを切り替えて、わらび座の戎本みろさんを迎え入れて、新たな「幕末ガール」を届けようと思います。

まだ劇場に来れてない人も、来てくれた人も、是非劇場に遊びに来て、みろさんの「太一郎、蔵六さん」を、そして今回の入れ替え稽古で更に進化した幕末ガールを目撃しに来て下さい!!


クリックすると元のサイズで表示します
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ