Don't worry, Be happy.(Top page)

2009/9/15

空虚感  大事な記録

虚しい

虚しい

空しい

空しい

心が空っぽになってしまった

理由は書けないけど

ただただ虚しさが胸の中で膨らんでる

俺の心の拠り所に穴が空いてしまった

いけない、と空いたところに手を当てると

ああ、こっちにもあっちにも

違う穴が増えてく

どうにもならないよ

どうにかしてよ

くそ、だめだ

手と足と尻と頭で防いでみる、そえや!

で、まだ空いてる部分を腹で押さえる。

…まだ空いてるじゃん!!!!!

身動きが取れません。

取れましぇん。

胸の穴からどんどん、酸素も、二酸化炭素も、血も、血管も、神経細胞も

あなからでていく

下手すると内臓も… 勢いに任せて出てくるのか?

それは無いか、うん、無い。

死にたいとかじゃない、ただ心が苦しいだけ。だから大丈夫。

本番まで、後2日! 頑張ろ!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/9/10

再発の兆し…?  大事な記録

やあやあやあやあ

ずい分更新をお休みしておったのは訳があって

もしかしたらまた面倒くさいあの波が今押し寄せているのかもしれない。

鬱、うつ、ウツ…

考えてみるといつも症状は似ている。

人とのコミュニケーションが面倒くさい。

芝居に精が出なくなる。

日記の更新も面倒くさくなる。

やたらメシを食べる。

家事が全て後回し状態になる。

じゃあ稽古以外何やってんの?っていったら、

バイトか台本読むかゲームするか携帯いじるかの4つ。

しかも台本読む時間が一番少なかったり。

なんて情けない。

短い本といえども、僕は役につけてもらっており、やることは沢山ある。

立ち止まってはいられない状況なのに。

心が追っ付かなくて、ただただ必死にダメ出しを受けたところを考える程度の作業しか出来ない。

甘えんな!と言い聞かせて、マイペースに作業を進めるも、心折れるのは早い。

こんなんで俳優になりたいって?

なりたいさ!

時間かかっても良いから、絶対絶対なりたい!

そうやって独りで葛藤してる自分を客観的に見てる俺は、かなり冷ややか。

無理だよ。ほら前受けたダメ出しも全然クリア出来てないよ。薄っぺらい表面的な芝居やってんな!いつになるのかな?一生なれないんじゃない?俳優。
アーモウダメダ。オソマツサマ。ドウデモイイヤ。ヤメチマエ。

てな感じ。

ほんっと情けない。
恥ずかしい。

この苦しさの中で、広島の原爆の話というとてつもないテーマを背負いきれるかめちゃくちゃ不安。
とてもじゃないが、「大丈夫!」なんて自信持って言えない。

でも、本番まであともう一週間。

この一週間で背負いきる覚悟と、パフォーマンスを作り上げる事に、命を懸けます。

あっちょっとすっきりした。じゃまた。
ぽーくび!(℃゜)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/19

大好きな空間・人・食  大事な記録

僕の癒やしの場になっているような場所がある。

東京、千歳船橋にある部屋。

そこには3人の俳優がルームシェアをして暮らしている。

あるワークショップを通じてその方達と知り合い、仲良くなってからその部屋へ招いてもらった。

三人の部屋へ通じる扉と、キッチンルーム。天井にある小さな開かない窓。

その第一印象が、今でも忘れられない。

゛温かい゛。

3人はもう二年もそこで暮らしているのでそれぞれにくつろいでいるのだが、僕だけぎこちない。
初めての訪問という事もあるが、それよりも、そこにある異常なほどの温もりに動揺を隠せなかったからだ。

時間が経つにつれて、次第に慣れてくる。近況や今の自分たちの演劇に対するスタンス、プライベートなことを語ったり、時には妙な自作のブルースなどを即興で歌ってみたりしながら、酒を酌み交わす。

何だか、とっても心が満たされていくのを感じていた。朝を迎えると、足が軽くなったような気分にもなる。

もっとも、その時は僕自身の心が今よりもずっとずっと荒んでいたからなんだが。

初めてお邪魔してからは、僕の方から訪ねるようになった。

時間が出来たと思えば、【今日、お邪魔してもいいですか】なんて、半ば強制的なメールを送って、OKの返事を見ればすぐに酒を買い、部屋に向かう。

「あいつも呼ぼう!」と3人の中の1人のT氏が言い、芝居仲間がやって来る。
そして、また酒を飲み、語り合う。歌う。

家に1人でいるよりも遥かに満たされていて、居心地の良い空間と、人と、一緒の時間を過ごす。

数回訪問するうちに、いつの間にか、僕にとっては掛け替えのない幸せな時間になっていた。

先日、また訪ねた。
3人の内2人が旅公演に出るため、しばらく家を空けるというので、旅の無事と公演の成功を祈って乾杯!という建て前で酒を飲みに行った。

もはや大分慣れた空間も、温かさは変わりがない。

しかし、その部屋も来年の4月には、出てしまうらしい。
3人はそれぞれに生活していくそうだ。
残念だが、それは3人にとって必然であり、当然の選択なのだろう。

その時、自分は何をやっているんだろうか。

研修所を卒所し、仕事探しに夢中なのだろうか。

色々考えられるが、今やれることを精一杯やるのが一番かな。

もう、日の出だ。
お休み。

(写真は、3人の中の一人、H氏のお母さんの自家製ブルーベリージャム。クラッカーにつけて頂きました。最高!)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/6/16

貫いて、生きていたい  大事な記録

人として生まれ育ち20年。

しかし、その年月の中で心の底から満足した経験は数少ないかもしれない。

人間として生きるには満足できる環境があったし、そこまで不自由ない生活を送っていた。

でも、演劇に出会って以来、お金とか、名声とかよりもはるかに素晴らしくて、日常では滅多に味わう事のないものが、そこにはあると気付いた。

芝居というものは嘘で出来ている。お客さんにとっては夢である。

しかし、【虚構の中に真実がある】。だから、お客さんは、日常生活では味わえない真実を目の当たりにする事で、゛全身゛で感動するのである。

それは俳優も同じ事で、舞台に上がっているとき、自分の役をしっかりと作り上げた状態で、全神経・全細胞を出来る限り開花させ、虚構の中で真実を紡いでいく。

精神的にも身体的にも、多大なエネルギーを使いつつも、楽しむ。
そして、夢を売る権利が与えられる。

なんでこんなこと書くのかというと、先日観劇に行って、ひどい芝居を観たからだ。

このブログを読んでいる方がどれほどいるか、またどんな人かは分からないが、真摯に自分の思った事を書かせてもらう。

どこかとは言わないが、都内の大きな劇場だ。そして、脚本は歴史上の人物を扱ったもので、関わる人物が主人公の女を軸に動き回る群像劇になっている。
(主人公の女はかの有名なモデル出身の方)

なお、芝居中に殺陣・ダンス・歌・お笑い的な要素が所々に散りばめられており、純粋な演劇というよりも、エンターテイメントというカテゴリに入ると思う。

ハッキリ言って、下らない。脚本も演出も、関わってる俳優達も。

何がしたいのか分からないものを観るのは本当に辛い。

所々、役者というよりも演出・脚本家のメッセージに近いセリフもあったが、それでも分からない。何故なら、役者が【自分の言葉になっていないのに、あたかも役として言っているようにセリフを吐いている】からである。

明らかに、役者同士の言葉のやり取りのほとんどが、ただの段取りでしかない。

途中で帰りたくなったのは否めない。

一体、どういう稽古をしていたのだろうかとはなはだ疑問に思う。

そんな事を思っている内に、無性に腹が立ってしまった。

そしてさらにそれに追い討ちをかけるような事態が。

カーテンコール。

およそ2時間半の舞台をやり切った!と言わんばかりの顔で出てくる役者達。そして、僕達の舞台を見に来てくれてありがとう!と頭を下げる。中には、髪の毛をいじるというエゴマッサージを何回もしながら、挨拶をしている救いようのない人もいた。

それが一回ではなく、三回も繰り返される。

が、重要なのはそこではない。客席の反応だ。

会場内に響き渡る拍手!三回目の挨拶にはスタンディングオベーションをしている人達までいる。

呆れてしまった。こんな舞台を良いものだと勘違いしている、もしくはそういうものだと信じているお客さんがいるなんて。

会場を後にしてみれば、ナーバスな気持ちにしかなれなかった。

これが、日本の演劇。商業演劇。

僕は、あれを芝居とは言わない。思えない。関わりたくない。

もっと水準の高い芝居を作りたい。観ている人たちに脚本の持っているメッセージを、今の自分を通して伝えられる芝居を。

本当に良いものを見たら、気付いてくれるお客さんだって、絶対にいるはずだ。

僕は、諦めない。自分の意志を信じて、貫いていく。
あの舞台を見て更に決心が深まった。

そういう意味で言えば、あの舞台を見た価値はあったのかもしれない。

憤りをそのまま文面にしたような駄文ですみません。でも、正直に書きました。

ぽーくびっしゅ(℃゜)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/3/25

少し気が楽になる  大事な記録

いやはや
度々放置していますこのブログ。

そろそろコンスタントな更新を再開しようかと考えてます。

今さらまた何を言い出すのやらと思いますでしょ?(笑)

先日今まで書いた日記を読み返してみたんです。

すると…

なぜか今の自分では理解しにくい意味不明な事を書いているものや、逆に理解出来て、「今の自分だったらこうだなっ!」とハッキリ意見できる記事もあり。

中には、「これ、大事やんかぁ。忘れとったわ」

と思うことを書いている記事もありました。

赤裸々なだけに、ありのままに考えたことを書いてあるので、稚拙な文章ばかり。けれど、その時の自分が小賢しいアタマ一生懸命使って生み出した「価値観」とか「理想」、「問題とその対処法」とかが分かる。
何より、それだけ色んな事に対して向き合った結果として残ってる。何だか、素敵じゃないか。(笑)

だから、そういうものをもっと残していきたい。一歩一歩、進んでいるんだという軌跡として、確認するツールとして。

てことで。もっかい言います。

そろそろ更新再開しま〜す。

見て下さってる皆さん、これからも宜しくお願いします!

ちなみに、俺今年から、六星占術によると【大 殺 界】 らしいです。まじです。

なんか、色んな嫌なこと、大変なことあっても。

「あっ〜しゃあないわ。俺、大殺界やけん!」

って開き直る材料になりそう(笑)これから三年はとにかく、耐えるのみ。

ってマジかい。卒業+プロデビューにどんかぶりなわけで。ちょいとしんどいかもよ(笑)

ま〜神様が精神的にもお休みしないかん期間やでと言っとんかもなあ。

それも含め、ぼちぼちと生きたいと思います。

てなことで。今回はこの辺で。

ぽーくびっしゅ(℃゜)ゞ
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ