ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

2008/8/16

 私は、建築に関しては素人ですが、素人なりに勉強して、住宅にとって最も合理的な工法は、2×4(ツーバイフォー)工法だと思っています。 
 
 耐震性、耐火性、気密性、遮音性に優れています。
 
   他の工法も、性能を上げるために色々と研究開発し、新技術を採用したり、構造的に補充したりして、日々進化していますが、2×4(ツーバイフォー)工法は、ただ、ツーバイフォーであるというだけで、かなりの高性能を持っていると、私は信じています。
   特に耐震性は、他の工法が耐震構造や免震構造などに新技術を採用して、やっとツーバイフォー工法に追いつきつつあるというイメージです。
 
 ちなみに、ヤマサハウスでは、筋交いを太くし、数を増やす。コーナーには構造用合板を配し、モノコック構造に準じる構造とし、震度7に耐える構造を作り出しています。

 ただ、ツーバイフォーも透湿抵抗の大きい構造用合板を外壁下地に使用するため壁体内に湿気が入ると これが逃げにくいという欠点がありますので、断熱材を完璧に施工するのが条件ですが、、、
 
   トータルハウジングは、工法がそのツーバイフォーで、デザインはシンプルモダン、とにかく「かっこいい」ので、業者選定のトップランクにくるのは当然です。

   ホームページもかっこいい → トータルハウジングHP

 前にも書きましたが、トータルハウジングの下荒磯さんのプランで2×4住宅を作り、吹き抜けリビングにオーデリックのシーリングファンがゆっくり回っているというのが、私のここ3年来の夢でした。
 
    しかし、今回の家作りで、私が高気密高断熱にこだわった結果、トータルハウジングにとっては、ちょっと厳しい状況となりました。
 
 断熱性能は、新省エネ基準仕様ですから、高断熱とは言い難い。でも気密性については、ツーバイフォーというだけで、かなり高気密だろうと私は考えていました。
   その認識がある完成見学会で覆されることとなります。
 
 その見学会で説明してくださった営業部長さんは、私の「ツーバイフォー工法ならC値2.0近くいくんじゃないですか?」という問いに、「そんなことはない。C値を2.0にするには、気密施工が必要で、気密施工をしないままでは、C値5.0前後だと思う」とのこと
 
 「気密施工するには、それなりの費用が必要です。自分が家を新築するなら、そちらにお金をかけるより、もっと他の設備とか仕上げに回したい思う。」と続きます。

   それまで持っていたトータルハウジングに対するイメージが音をたてて崩れる思いがしました。
 
   「それじゃ困るんだよ。」 
 
   大好きなトータルハウジング。なにも高気密でなくても、C値3.9出してくれれば、それでいいんだけど。
 私は、見積依頼するに当たり、トータルハウジングのみは、新省エネ基準で構わない。でも他にこれはクリアして欲しいという私なりの基準を設けました。
 
それは
  1 どこでもいいから1棟C値を測定し、3.9以下の数値を出すこと
  2 金額的には他の3社を下回ること
  3 これは希望として、下荒磯さんがプランを作成してくれれば、ポイントアップ


    大好きなトータルハウジング、夢にまで見たトータルハウジングでのマイホーム。私は、なんとかトータルハウジングに、この条件をクリアして欲しいと願っていました。
  クリックすると元のサイズで表示します
写真は、スタイリッシュな住宅が建ち並ぶトータルハウジングの街並み

【追記】
 2012年現在、トータルハウジングの標準仕様は次世代省エネ基準をクリアしています。

ブログランキング このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。
家づくりの人気サイトランキングがご覧いただけます。
 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

ブログTOPページへ → ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記



カスタム検索
2
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ