2010/2/20

HONDA・2010年体制の発表  

2月19日、HONDA・2010年モータースポーツ活動計画の発表がありました。
ホンダというと、四輪にしか興味の無いひとは、F1あるいはインディと思うかもしれないが、本当の基本は2輪なんだなぁと思わせる、毎年変わらない体制発表です。
2009年は青山博一選手等の活躍があったけれど、一方でシートを確保出来ずロードからオートレースに転向を考えるライダーも多いと聞く。4輪もF1撤退から一年、まだまだ情勢は厳しいと思うが、なんとか出来る限りのチカラでモータースポーツを盛り上げて欲しいと願って止まない。

《四輪参戦体制概要》

◆IRL インディカー・シリーズ
◇ニューマン・ハース・ラニガン・レーシング(Newman/Haas/Lanigan Racing)
武藤 英紀(Hideki Mutoh)27才 日本・東京都 IRL 11位
◇ケーブイ・レーシング・テクノロジー(KV Racing Technology)
佐藤 琢磨(Takuma Sato)33才 日本・東京都 −

◆スーパーGT500クラス
◇オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(AUTOBACS RACING TEAM AGURI) #8
ラルフ・ファーマン(Ralph Firman)34才 イギリス GT500 2位
井出 有治(Yuji Ide)35才 日本・埼玉県 GT500 13位

◇ケーヒン リアル レーシング(KEIHIN REAL RACING) #17
金石 年弘(Toshihiro Kaneishi)31才 日本・大阪府 GT500 5位
塚越 広大(Kodai Tsukakoshi)23才 日本・栃木県 GT500 5位

◇ウイダー ホンダ レーシング(weider Honda Racing) #18
小暮 卓史(Takashi Kogure)29才 日本・群馬県 GT500 6位
ロイック・デュバル(Loic Duval)27才 フランス GT500 16位

◇エプソン・ナカジマ・レーシング(EPSON NAKAJIMA RACING) #32
道上 龍(Ryo Michigami)36才 日本・奈良県 GT500 6位
中山 友貴(Yuhki Nakayama)22才 日本・石川県 GT500 16位

◇チームクニミツ(Team Kunimitsu) #100
伊沢 拓也(Takuya Izawa) 25才 日本・東京都 GT500(ARTA) 2位
山本 尚貴(Naoki Yamamoto) 21才 日本・栃木県 F3 Nクラス チャンピオン

◆フォーミュラ・ニッポン

◇ドコモ チーム ダンディライアン レーシング(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
#1 ロイック・デュバル(Loic Duval)27才 フランス FN チャンピオン
#2 伊沢 拓也(Takuya Izawa)25才 日本・東京都 FN 8位

◇エイチ エフ ディー ピー レーシング(HFDP RACING)
#10 塚越 広大(Kodai Tsukakoshi)23才 日本・栃木県 FN 7位

◇ナカジマ レーシング(NAKAJIMA RACING)
#31 山本 尚貴(Naoki Yamamoto) 21才 日本・栃木県 F3 Nクラス チャンピオン
#32 小暮 卓史(Takashi Kogure)29才 日本・群馬県 FN 4位

●カーナンバーは、暫定のため変更になる場合があります

◆全日本F3選手権

 全日本F3選手権 C(チャンピオン)クラス
◇トダ レーシング(TODA RACING)
現在未発表

 全日本F3選手権 N(ナショナル)クラス
◇エイチ エフ ディー ピー レーシング(HFDP RACING)
小林 崇志(Takashi Kobayashi)22才 広島県 F3 Nクラス 4位

三浦 和樹(Kazuki Miura)21才 岩手県 FCJ チャンピオン

 英国F3選手権
◇ライコネン ロバートソン レーシング(Raikkonen Robertson Racing)
中嶋 大祐(Daisuke Nakajima)21才 愛知県 英国F3 7位

尚、《「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」に引き続き協力していくとともに、スカラシップとして4名のドライバーの参戦をサポート》とのこと。


0

2010/2/14

今年の初モノ  ツインリンクもてぎ

新年初のサーキットは、雪に埋もれていた。
今年は雪が多いのかな。
走行台数は流石に少なかったが、いろいろと目新しく面白いものを見た。
こんな日によくもまあ走るよな、とは思うが、見に行く自分も物好きだ。


クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します






クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



0

2010/2/13

2010年ホンダの体制発表/1月18日  

ついでと言っては語弊がありますが、笑
去る1月18日にホンダの今期の体制発表がありました。
自分の興味は、フォーミュラがメインで、なかでも取り分けミドルと呼ばれるF3以下のカテゴリーなので、スルーしちゃったんですが、良い機会なんで一応掲載しておきます。
ホンダのFCJ参戦・新スカラシップドライバーは、昨年中にSRS-Fの終了式で発表されています。F3については今のところ発表がありませんようで。

1月18日、ホンダSGT体制の発表。

2010年 SUPER GT参戦体制
ゼッケン チーム名 ドライバー

#8 ARTA
ラルフ・ファーマン Ralph Firman /井出 有治 Yuji Ide

#17 リアルレーシング /REAL RACING
金石 年弘 Toshihiro Kaneishi /塚越 広大 Kodai Tsukakoshi

#18 童夢レーシング DOME RACING
小暮卓史 Takashi Kogure /ロイック・デュバル Loic Duval

#32 ナカジマレーシング NAKAJIMA RACING
道上 龍 Ryo Michigami /中山 友貴 Yuhki Nakayama

#100 チームクニミツ Team Kunimitsu
伊沢 拓也 Takuya Izawa /山本 尚貴 Naoki Yamamoto

参戦車両 Honda HSV-010 GT

え〜、発表された頁をコピーしたんですが、《#8ARTA》って、これだけなんですが正式名称はエーアールティーエーで宜しかったでしょうか?
あと、書いて無かったですが、タイヤは変わらず全車ダンロップでしたか。あんまり興味が詳しく無くって、申し訳ありません。

0

2010/2/11

2010日産・ニスモ体制発表  

2月10日、今期の日産・ニスモの体制発表がありました。


日産自動車とNISMOは10日、2010年のグローバル・モータースポーツ計画を発表した。スーパーGT(SGT)のGT500クラスは「ニッサンGT-R」の3台体制となり、新たに国際自動車連盟(FIA)のGT1世界選手権に計4台のGT-Rを投入するという。SGTは厳しい経済情勢の中、限りある力を集中して王座奪還を目指し、前年比1台減の苦渋の決断を下したという。 』以上トーチュウWEBニュースから。

国内SGTの参戦陣容、
総監督は変わらず柿本邦彦さんが担当。

No.23 NISMO
鈴木 豊 監督
本山 哲/ブノワ・トレルイエ(FRA)
MOTUL AUTECH GT-R /ミシュラン

No.12 TEAM IMPUL
星野 一義 監督
松田 次生/ロニー・クインタレッリ(ITA)
カルソニック IMPUL GT-R /ブリヂストン

No.24 KONDO RACING
近藤 真彦 監督
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(BRA)/安田 裕信
HIS ADVAN KONDO GT-R /ヨコハマ

GT500クラスの3チームともにタイヤが違うのが面白い。
#3ハセミはZでGT300クラスに参戦するらしい。そのほかの300クラス参戦に関しては発表は無かったようだが、どうなるのかちょっと気になる。

F3は、NDDPアドバンススカラシップドライバーに選出された2人がNクラスに参戦する。
継続参戦の佐藤公哉(20)と、09FCJの佐々木大樹(18) となる。

FCJ参戦のNDDPスカラシップ対象ドライバーには、
松井孝允(22)、0708FCJ09S耐st4チャンピオン・SFJ富士参戦
近藤翼(20)、08SFJ09F4東日本シリーズチャンピオン
朱戴維(19、中国)、07AFBMW08AFRアジア・チャンピオン09FCJ
高星明誠(17) 09全日本カートKF1ランキング4位

以上4人の参戦が発表となった。

さて、予想通りか予想外か、ともかく今期の善戦を期待する。
0

2010/2/8

君は、晴ればれしているか  

何度となく繰り返す似たようなニュース。
さて、起訴が決まった議員さんの辞職勧告決議案が提出されたそうだが、上司?の議員さんは不起訴で辞める必要を感じないとな。
さてもなお、という感じ。

朝青龍が引退した、という。
つい先日は、どちらかの親方が、一門に背いた責任を取って引退すると言い、翌日一門から慰留されて撤回会見をしていたが。
晴々しない。

ハレ、という言葉は難しいか。
辞書やらには、空が晴れること、天気がよいこと、から転じて、(普段と違って)表だって特別であること、正式・公式であること。また、疑いが晴れること。などの意味が載っている。
清廉潔白な、ハレである。

朝青龍の取組は、キレの良い小細工の少ない相撲だったと思う。だから余計に、アレコレと聞こえる騒動に不快な印象を受けた。引退は残念だ。しかしやむを得ないか、とも思う。
逆に引退を撤回した親方の方が浮かぬ顔で、痛々しかったのが強く記憶に残った。犯人探しをする前に、そんな事態になった原因を反省するべき、とは正論だ。
粛々と受け継がれてきた伝統の重みは理解すべきかも知れないが、それが常に変わらず正当であるとは限らない。意を汲んで呑み込むことも時には必要かも知れないが、内にいることで、何かを見失うことも多い。

自戒を込めて、
晴れ晴れとした、潔さで、清々しくありたい。

さあ、開幕戦まであとひと月ばかり。
粛々と準備を進めよう。

0

2010/2/6

お詫びと訂正  カレンダー

先に掲載しましたFCJのカレンダーを訂正しましたのでお知らせします。
例年フォーミュラニッポンに帯同して開催されてきました、フォーミュラチャレンジジャパンの今年の開催日程がなかなか発表にならなかったので、FN開催日程から推定して掲載しておりましたが、先日暫定ながら開催日程がHPにて発表されましたので、訂正します。申し訳ありませんでした。
 尚、開催日程が一部調整中、とのことで、未確定の大会があります。
発表があり次第、掲載したいと思います。


 フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン(FCJ) 全6大会12戦
※FCJ開催日程暫定がHPに掲載されました 2月6日訂正

合同テスト
 第1回 4月21-22日   鈴鹿
 第2回 5月19-20日   もてぎ
 第3回 6月09-10日   富士

第1大会 1- 2戦   5月19-20日 もてぎ FNF3併催
第2大会 3- 4戦   6月12-13日 富士 富士ワンメイク祭F3併催
第3大会 5- 6戦   7月17-18日 富士 FNF3併催
第4大会 7- 8戦   8月07-08日 もてぎ FNF3・もてぎ地方選手権SFJ併催
第5大会 9-10戦  00月00-00日 未定 調整中
第6大会11-12戦  11月06-07日 鈴鹿 FN併催

 各大会ごとに前日フリー走行を予定
0

2010/2/3

2月です、最近のkoura  

いや寒いですね。関東は1日夜半から雪に見舞われ、交通網に混乱は少なかったものの、各地で色々と支障もあった模様で。皆さん無事にお過ごしですか。
予想していた富士スピードウェイのテスト走行も雪で中止になったようです。今年は1月中にサーキットへ行かなかったので、行く気満々だったのですが、見事に肩透かし、笑
例年なら、助っ人外人選手を始めチラホラと参戦発表が聞こえてくる時期ですが、今年はGT500クラスとFNはそこそこ分かったものの、現段階で全く情報の出て来ていないF3ドライバーやFCJルーキーの走りを見たかったのですが。当分お預けでしょうか、残念です。

FCJからF3へのステップアップはどれだけあるだろう。昨年はホンダの三浦和樹、ニッサン佐々木大樹、トヨタ蒲生尚弥をはじめ、銘苅翼中山雄一等2年目組が多数活躍したが、彼らは全てF3に上がれるのかどうか。大変に厳しい時期だと思うが頑張って欲しい。

さて、これまでに掲載したカレンダーに、若干の追加修正をしました。

SGTテストデイ追加、
  1/19(火)〜21(木) 鈴鹿サーキット
  2/16(火)〜18(木) 鈴鹿サーキット
  3/01(月)〜02(火) 岡山国際サーキット
 公式合同テスト
  3/05(金)〜06(土) 鈴鹿サーキット
FNテストデイの追加、
  3/08(月)〜09(火) 鈴鹿サーキット
  3/25(木)〜26(金) 富士スピードウェイ
S耐テストデイの追加
  3/14(日) ツインリンクもてぎ
F4東西統一・日本一決定戦日程 の追加
  12/19(日) ツインリンクもてぎ
SFJ日本一決定戦日程 の追加
  12/19(日) ツインリンクもてぎ

以上、追加しました。
掲載した日程は、まだ暫定の予定などもありますので、各カテゴリーの公式HPや各サーキットにて、ご確認下さい。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ