2011/7/14

富士FN第3戦  富士スピードウェイ

今週末は富士でFNが開催されますね。サポートレースはF3のほか、Vitz関東にGTアジア。スーパー耐久ST-Xクラスに参戦しているヒトツヤマ・レーシングのアウディR8 LMSがスポット参戦するそうです。
F3は先の富士ワンメイク祭で見たけど、FNは前戦APから一ヶ月以上ぶりの関東初開催です。今回は、FN開幕前の富士での合同テストが、震災の影響でキャンセルされたことを受けて、金曜の占有走行日の午後にFNの特別走行枠があるそうです。どんな感じか、ちょっと気になりますね。

今年のFNは開幕から2戦各々、山本尚貴・塚越広大の初ポール獲得とちょっとワクワクしましたが、決勝はTOMsのロッテラーにF1浪人から復活の中嶋一貴の優勝でした。
FNのポイントランキングは、トップが中嶋一貴、ル・マン参戦で1戦欠場のロッテラーが3位、2位大島4位塚越、小暮・オリベイラ・伊沢が同点で5位と、なかなか新展開の予感です。中堅どころの平手や石浦の活躍はあるのか、ルーキーの進捗は期待出来るのか、第3戦の富士はどうなるか、楽しみです。

F3の方もだいぶん混戦状態で。当初4台エントリーでチャンピオンクラス不成立かと思われた開幕戦、KCMGから参戦するルーキー西本直樹がエンジンを載せ換えてチャンピオンクラスに昇格。さらに第3戦からは、関口雄飛がF4・B-MAXチームからチャンピオンクラスへ参戦、いきなりの1勝を上げて強さをアピール。5戦終了で4人のウィナーが誕生しています。ナショナルクラスも、FCJからステップアップしたルーキー野尻智紀が2勝してトップ、続く千代勝正が2勝、ルーキー中山雄一も1勝して3位となっています。
真夏の富士、どんな展開になるのか、今のところ雨の予報は無し。

◆FN ポイントランキング
1、#37 中嶋 一貴
 06 10 16
2、#7 大嶋和也
 04 08 12
3、#36 A.ロッテラー
 10 00 10
4、#41 塚越広大
 02 07 09
5、#32 小暮卓史
 08 00 08
5、#40 伊沢拓也
 05 03 08
5、#1 J.P・デ・オリベイラ
 03 05 08
8、#16 山本尚貴
 01 04 05
9、#18 A.インペラトーリ
 00 02 02
10、#2 平手晃平
 00 01 01
10、#8 石浦宏明
 01 00 01
‐、#10 小林崇志
‐、#33 国本雄資
‐、#36 井口卓人
‐、#3 A.カルダレッリ
‐、#31 中嶋大祐
‐、#62 嵯峨宏樹

◇FN選手権ポイントシステム
1大会 1レースの場合
・1位-10点、2位-8点、3位-6点、
 4位-5点、5位-4点、6位-3点
 7位-2点、8位-1点、9位以下-0点
・予選ポールポジション-1点
1大会 2レースの場合
・1位-5点+3点※、2位-4点、3位-3点、
 4位-2.5点、5位-2点、6位-1.5点、
 7位-1点、8位-0.5点、9位以下-0点、
・予選ポールポジション-1点
※2レース制に限り第1レース、第2レースの勝者に通常ポイントとは別に3ポイントが与えられる。


◆F3 ポイントランキング
◇チャンピオンクラス 6台
1、#12安田 裕信
 03 10 08 11 08 40
2、#5山内 英輝
 11 09 03 07 05 35
3、#1蒲生 尚弥
 07 05 05 03 10 30
4、#50関口 雄飛
 ‐ ‐ 11 06 01 18
5、#36 Richard BRADLEY
 05 03 02 02 03 15
6、#19西本 直樹
 03 02 01 01 02 09

◇ナショナルクラス 8台
1、#8野尻 智紀
 10 08 08 08 10 44
2、#23千代 勝正
 02 10 05 11 05 33
3、#20G.THOMPSON
 07 02 01 05 08 23
4、#37中山 雄一
 03 02 11 02 03 21
5、#22佐々木 大樹
 05 05 02 01 02 15
6、#7三浦 和樹
 02 03 03 03 01 12
7、#6石川 資章
 01 00 00 00 00 01
8、#77野呂 立
 ‐ ‐ 00 00 00 00

◇F3得点基準
・1位-10点、2位-7点、3位-5点、
 4位-3点、5位-2点、6位-1点
・予選ポールポジション-1点
・決勝レースベストタイム-1点
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ