2020/9/15

2020 FIA F4 オータムレーニング  FIA F4 JAPAN シリーズ

FIA-F4 選手権 2020 開幕前の合同テスト『オータムトレーニング』
 2020年9月01日 富士スピードウェイ
 
◆エントリー 32台 出走 30台
 ☆印はインデペンデントカップ クラス (10台)
 ◎印は2020年 新規エントリー(16台)

☆#3 佐藤 セルゲイビッチ    ◎#11 岩澤 優吾    ◎#13 藤原 大暉     ◎#14 荒川  麟     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎#16 塚田 海斗     ☆#17 碓井 ツヨシ     ☆#23 YUGO      
 #25 堀尾 風允     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎#28 古谷 悠河      #31 神  晴也     ◎#32 菊池 宥孝     ◎#33 マックス サロ     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎☆#34 慶原 克律     #35 平良  響      #36 野中 誠太     ◎#37 清水 英志郎     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎#38 奥住 慈英     ◎#39 中村 賢明     ☆#43 吉田 基良      #53 池島 実紅
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

☆#56 BIRD        #62 平木 玲次     ◎#70 木下 藍斗     ☆#71 大山 正芳     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 #73 塙  瞬佑     ◎#80 伊東 黎明     ☆#86 大阪 八郎     ☆#96 斎藤 真紀雄     
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎#97 澤 龍之介     ☆#98 IKARI       
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


不出走   ☆#18 堀田  誠  ◎#99 土屋 祐輔
     


0

2020/9/2

FIA F4 オータムトレーニング結果  FIA F4 JAPAN シリーズ

FIA-F4 選手権 2020 合同テスト『オータムトレーニング』結果
 2020年9月01日 富士スピードウェイ 晴れ/ドライ
 
◆エントリー 32台 出走 30台
 ☆印はインデペンデントカップ クラス (10台)
 ◎印は2020年 新規エントリー(16台)

1、1'46.326   #62 平木 玲次/HELM MOTORSPORTS
     
2、1'46.694   #36 野中 誠太/TGR・DC Raciog School
    
3、1'46.597   ◎#38 奥住 慈英/TGR・DC Raciog School
     
4、1'46.614  ◎#14 荒川  麟/ZAP SPEED
     
5、1'46.631   ◎#37 清水 英志郎/TGR・DC Raciog School
     
6、1'46.857   #31 神  晴也/A TEAM Buzz Motorsport
     
7、1'46.915   ◎#11 岩澤 優吾/Rn-sports
     
8、1'46.955   #35 平良  響/TGR・DC Raciog School
     
9、1'47.175   ◎#97 澤 龍之介/Bionic Jack Racing
     
10、1'47.325   #53 池島 実紅/STEKINA RACING TEAM
     
11、1'47.470   #25 堀尾 風允/FUMA HORIO/TEAM SAMURAI
     
12、1'47.481   ◎#28 古谷 悠河/TOM'S YOUTH
     
13、1'47.599   ◎#39 中村 賢明/SACCESS RACING
     
14、1'47.608   ◎#13 藤原 大暉/KRac Motor Sports
     
15、1'47.610   ◎#80 伊東 黎明/OTG MOTER SPORTS
     
16、1'47.620   ◎#32 菊池 宥孝/A TEAM Buzz Motorsport
     
17、1'47.674   ◎#16 塚田 海斗/Media Do Kageyama Racing
     
18、1'47.962   ◎#70 木下 藍斗/LeprixSport
     
19、1'48.013  ◎☆#56 BIRD/BIRD
     
20、1'48.372   ☆#98 IKARI/Bionic Jack Racing
     
21、1'48.385   ☆#86 大阪 八郎/ZAP SPEED
     
22、1'48.392   #73 塙  瞬佑/C.S.I-REON KIDS RACING
     
23、1'48.549   ◎#33 MAX SALO/A TEAM Buzz Motorsport
     
24、1'48.794   ☆#96 斎藤 真紀雄/AKILAND RACING
     
25、1'48.837   ☆#3 佐藤 セルゲイビッチ/FIELD MOTOR SPORT
     
26、1'50.076   ☆#71 大山 正芳/AKILAND RACING
     
27、1'50.163   ☆#23 YUGO /N-SPEED
     
28、1'50.452   ☆#43 吉田 基良/ZAP SPEED
     
29、1'51.000   ☆#17 碓井 ツヨシ/TSUYOSI USUI
     
30、1'52.379   ◎☆#34 慶原 克律//A TEAM Buzz Motorsport
     
ー、不出走    ☆#18 堀田  誠/Rn-sports
     
ー、不出走    ◎#99 土屋 祐輔/ZAP SPEED

     
※ FIA F4 コースレコード: 1'44.733 大湯都史樹/コチラレーシング 2017年
0

2020/4/8

2020 FIA F4 JAPAN 日程変更  FIA F4 JAPAN シリーズ

GTAからのお知らせに連動して、 FIA F4からも開催日程の変更のご案内が出ました。 レース開催数の変更は無い模様ですが、まだ暫定的な日程となっています。
FIA F4 Japanese championship HPより転載
https://fiaf4.jp/news/single/610

新型コロナウイルス感染拡大防止に係る
2020 FIA-F4選手権 大会変更スケジュール案のご案内

 既報のとおり、2020 AUTOBACS SUPER GTシリーズは、新型コロナウイルスにおける政府の対策基本方針および感染の拡大状況等を鑑み、Round 1〜3に関しましては開催を延期することと致しました。
 また、本日SUPER GTはRound 4〜5の海外大会につきましても延期を決定、発表いたしました。
併せまして、現在調整中の変更スケジュール案も発表となっておりますが、FIA-F4選手権につきましては、当初の予定通り変更されました以下日程のSUPER GT各国内大会において、サポート開催となる予定です。

7月11〜12日  岡山国際サーキット
8月8〜9日   富士スピードウェイ
9月12〜13日  スポーツランドSUGO
10月24〜25日 オートポリス
11月7〜8日   ツインリンクもてぎ

※ 日程調整中  鈴鹿サーキット


 なお、上記日程についても今後の新型コロナウイルスの感染拡大状況等により、変更となる可能性があります。また、各大会におけるFIA-F4選手権のレース数につきましては、確定次第ご案内させていただきますので、ご理解を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。
以 上
0

2020/2/16

FIA F4 CHALENGE 2020年ドライバー確定  FIA F4 JAPAN シリーズ

2020『FIA F4 CHALLENGE』4代目のチャレンジドライバーは伊東黎明に!

2020.02.15 / FIA F4 JAPAN シリーズHPより転載
https://fiaf4.jp/news/single/606

 カートやS-FJ、ツーリングカーなどを含めたエントリーカテゴリーを戦っている若い才能の中から、明日の原石を見出しFIA-F4選手権への門戸を拡げるべく、大阪トヨペット株式会社、住友ゴム工業株式会社の賛同を得て、株式会社GTアソシエイションが立ち上げたFIA-F4選手権参戦サポートプログラム、「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」が、早くも4年目のシーズンを迎えることとなった。

 この4年目の「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」のスタートに際し、初代の菅波冬悟、2年目の環優光、そして昨年奮闘を見せた3代目の大竹将光に続く4代目のチャレンジドライバーとして、このほど2019年の本プログラムのサポートを受ける3代目チャレンジドライバーに、2019年のS-FJもてぎシリーズ2位で、昨年のS-FJ日本一決定戦でポールポジションを奪う速さを見せた伊東黎明が決定した。

 書類選考、そして富士スピードウェイでの走行オーデイションを経た結果、2020年の「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」のサポートを受けるチャレンジドライバーの栄冠を射止めた伊東は、兵庫県出身の19歳。
 四輪レースの経験は1年ながらも、大きな期待を背負ってのFIA-F4選手権初参戦となる伊東は、4月11〜12日、岡山国際サーキットでの開幕大会でどのようなデビューレースを見せるか、注目したい。

■ 伊東 黎明
(いとう・れいめい 2000年生まれ 19歳 兵庫県出身 2019年S-FJもてぎシリーズ2位)

クリックすると元のサイズで表示します


■ コメント
「4歳でカートを始め、昨年からル・ボーセモータースポーツでS-FJにチャレンジし、四輪にステップアップしました。四輪レースの経験は1年しかありませんが、なんとしてもFIA-F4選手権にステップアップしたいと考え、FIA-F4 JAPANESE CHALLENGEに応募しました。
 四輪のサーキットの中ではもてぎと鈴鹿、そして岡山くらいしか走行経験がなく、オーディションが行われた富士スピードウェイも、オーディション前にS-FJで2日ほど走りに行っただけで、FIA-F4マシンに乗ったのもオーディションの日が初めてでした。S-FJとは違い、やはりFIA-F4はダウンフォースも多かったのですが、S-FJに比べるとリヤが重い印象で予期せぬ動きをしたりすることもあり、気をつけながらの走行でしたが、合格の連絡をいただいたときは、電話を切った後で部屋の中で嬉しさのあまり叫んでしまいました(笑)。
 僕は幼い頃からずっとテレビでSUPER GTを見ていて、GT500で活躍できるようなドライバーを目標に、ずっとカートを続けてきました。実は、昔初代チャレンジドライバーの菅波冬悟選手と同じカートチームにいたことがあり、FIA-F4選手権で活躍し、昨年からGT300でも頑張っておられる先輩に続いて、自分も……、という気持ちが強かっただけに、このFIA-F4 JAPANESE CHALLENGEというサポートプログラムによるFIA-F4選手権参戦というチャンスをいただけたことを本当に嬉しく思っています。まだまだ四輪経験は少ないですし、シリーズの中でも知らないコースもある中での初参戦ということで、簡単ではないと重々理解していますが、やるからには優勝、そしてシリーズチャンピオンという高い目標を持って、努力していきたいと思います」


0

2020/1/26

2020年のFIA F4 チャレンジ 募集要項  FIA F4 JAPAN シリーズ

GTAの FIA F4 サポートスカラシップ募集要項       2019.11.14 FIA F4 JAPANシリーズHPより転載

https://fiaf4.jp/news/single/602


■「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」募集要項


 佐藤蓮がシリーズを席巻、先日のツインリンクもてぎ大会にて全14戦を終了した2019FIA-F4選手権。その激戦のシリーズで、今季健闘を見せた大竹将光選手同様、菅波冬悟選手、環優光選手に続く逸材を見出し、FIA-F4選手権へのステップアップをサポートするべく、大阪トヨペットグループ様と住友ゴム工業株式会社/ダンロップ様のご賛同を得て、2020年シーズンも「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」プログラムが行われます。



 モータースポーツ入門カテゴリーで活躍する若手ドライバーたちに、さらなるステップアップのチャンスを支援するこの「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」は、2017年にスタート。プログラムにとって4年目となる2020年に向けては、昨年からさらに門戸を解放。クラスを問わずカート経験者、さらには四輪レース経験者(過去のFIA-F4選手権参加経験者含む)であればご応募いただけることとなり、より幅広く選考対象を拡大することとなりました。



 初代チャレンジドライバーの菅波選手は、2019年にはFIA-F4選手権を戦う一方、シリーズ途中からはGT300クラスに見事ステップアップを果たすなど、多彩な活躍を見せており、彼らに続く才能の登場が期待される中、2020年にフルサポートを受けてFIA-F4選手権にステップアップを果たす4代目チャレンジドライバーは一体誰になるのか。2020年シーズンにおける本プログラムに向け、株式会社GTアソシエイションでは以下の要項に従い、2019年度のカートおよび四輪レース経験者から広く挑戦者を募集いたします。


◎サポート内容

2020年FIA-F4選手権へのGTAが指定するチーム(OTG Motorsports)からのフル参戦サポート
(GTAが設定する「OTG F4トレーニング」、「DUNLOP F4 トレーニング」等、レースウィーク付帯走行を含む)
・FIA-F4車両レンタル費用(エンジンレンタル費用含む)
・工場およびレースウィークにおける車両メンテナンス費用
・サーキットへの車両機材の運搬費用
・レースウィークに使用する指定ダンロップタイヤ(3セット/1大会)
・ガソリン・オイル・ブレーキパッド等の消耗品
・レースへのエントリー費用
・レース参戦用レーシングスーツ費用半額サポート(スーツメーカー自由。指定デザインあり、パーソナルスポンサーロゴ掲示応相談)


◎ドライバー本人の負担内容

・ドライバー個人の競技ライセンスおよびサーキットライセンス取得費用、保険費用
・レース参戦に必要なエクイップメント費用(ヘルメット、シューズ、グローブ、HANSデバイス、アンダーウェア等一式、レーシングスーツ費用半額)
・ドライバー個人経費(交通費、宿泊費等)
・レースウィーク(GTAが設定するトレーニング走行含む)以外の練習走行にかかる費用一式
・車両破損時の修復費用(修復に要するパーツ代金を含む)


1)「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」選考対象者

・2019年度に開催された「各カートレース、ならびに四輪レース」出場経験者であること
・2020年FIA-F4選手権へのフル参戦が可能な競技許可証(ライセンス)を取得可能なドライバー
(※国内競技運転者許可証A以上。ただし限定国内競技許可証Aを含む)
・未成年者の場合、本プログラムへの応募および2019年FIA-F4選手権シリーズへの参戦に際し、親権者の同意が得られること


2)応募手順

@:
以下のリンク先にある、「2020年度FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」募集要項をご参照の上、当該ページより「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」応募用紙をA4サイズにプリントアウト、必要事項をご記入、写真貼付の上、12月27日(金)必着にて、下記宛先の株式会社GTアソシエイションFIA-F4事務局まで郵送、またはメール添付にてご応募ください。

A:
ご応募いただいた書面にて1次書類選考審査を行ない、1月中旬に下記2次選考進出者を決定し、各応募者への合否通知を行います。

B:
2次選考進出者への面談およびサーキットでの実走テストを行なった上で、最終選考を行います。サーキットでの実走テストは2月中旬を予定。

以下略


0

2019/11/6

2019 FIA F4 シリーズランキング  FIA F4 JAPAN シリーズ

2019 FIA フォーミュラ4 (FIA-F4) 日本選手権シリーズ ポイントランキング
 全14戦終了時点のポイントランキング
 シリーズチャンピオンは #7 佐藤 蓮 選手に確定しました。

◆ 開催日程
1、4月12-14日 第1大会 第1-2戦 岡山国際サーキット SGT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE
2、5月02-04日 第2大会 第3-4戦 富士スピードウェイ SGT 第2戦 FUJI GT 500km RACE
3、5月24-26日 第3大会 第5-6戦 鈴鹿サーキット SGT 第3戦 SUZUK GT 300km RACE
4、8月02-04日 第4大会 第7-8戦 富士スピードウェイ SGT第4戦 FUJI GT 500mileRACE
5、9月06-08日 第5大会 第9-10戦 オートポリス SGT第6戦 SURER GT in KYUSHU 300kmRACE
6、9月20-22日 第6大会 第11-12戦 スポーツランドSUGO SGT第7戦 SUGO GT 300kmRACE
7、11月01-03日 第7大会 第13-14戦 ツインリンクもてぎ SGT第8戦 MOTEGI GT GRAND FINAL


◆ 2019 FIA-F4 ポイントランキング
 全大会第14戦終了時点でのエントリートータル  55台
 ☆印はインデペンデントカップ クラス (18台)

順位 /ゼッケン/ドライバー/車名
 決勝レース順位/ 獲得ポイント 

1、#7 佐藤  蓮/2001神奈川 SRS/コチラレーシング//Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
   1/25 20/ 1/25 1/25 2/18 2/18 1/25 1/25 1/25 1/25 1/25 1/25 1/25 1/25    P311/11勝
2、#5 三宅 淳詞/1990三重 HFDP/SRS/コチラレーシング/ Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト18
   14/ 1/25 11/0 10/01 3/15 3/15 9/02 R/ 2/18 2/18 2/18 2/18 9/02 3/15    P147/1勝
3、#63 川合 孝汰/1994東京 DENSO ルボーセ JPG F4/Le Beausset Motorsports
   18/ 5/10 5/10 3/15 7/06 6/08 6/08 6/08 5/10 3/15 3/15 4/12 R/ 2/18    P131
4、#24 平木 玲次/1998茨城 Media Do.ADVICS影山 F110/Media Do Kageyama Racing
   5/10 7/06 10/01 2/18 8/04 8/04 R/ 2/18 8/04 4/12 4/12 5/10 2/18 4/12    P129
5、#60 菅波 冬悟/1995兵庫 OTG DL F110/OTG MOTER SPORTS
   3/15 2/18 8/04 6/08 4/12 4/12 2/18 3/15 7/06 7/06 6/08 7/06 R/ R/    P128
6、#6 太田 格之進/1999京都 SRS/コチラレーシング//Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
   R/ R/ 2/18 5/10 1/25 1/25 4/12 9/02 3/15 6/08 18/ 27/ 8/04 7/06    P125/2勝
7、#37 平良  響/2000沖縄 FTRS スカラシップ F4/TOM'S SPIRIT
   4/12 8/04 7/06 4/12 5/10 5/10 23/ 4/12 12/ 32/ 5/10 3/15 5/10 R/    P101
8、#36 野中 誠太/2000埼玉 FTRS スカラシップ F4/TOM'S SPIRIT
   2/18 3/15 4/12 8/04 35/ 7/06 29/ 11/ 10/01 10/01 7/06 4/12 7/06 6/08    P89
9、#20 木村 偉織/1999東京 SilverStar Racing/Silver Star Racing
   7/06 4/12 13/ 12/ 13/ 9/02 R/ 7/06 6/08 5/10 R/ 23/ 3/15 5/10    P69
10、#39 岡本 大地/1999高地 SACCESS RACING F4/SAccess Racing
   6/08 6/08 3/15 9/02 6/08 R/ 5/10 8/04 14/ 13/ 12/ 14/ 6/08 9/02    P65
11、#97/98 石坂 瑞基/1995埼玉 TOEI BJRacing F110/Bionic Jack Racing
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 3/15 5/10 9/02 8/04 14/ 12/ R/ 8/04    P35
12、#62 神  晴也/2000東京 DENSO ルボーセ JPM F4/Le Beausset Motorsports
   R/ -/ 9/02 7/06 9/02 R/ 7/06 10/01 11/ 9/02 8/04 30/ R/ 10/01    P24
13、#77 小川 颯太/1999東京 WARMTECH SkillSpeed/Skill Speed
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 12/ R/ 4/12 31/ 10/01 10/01 R/ R/    P14
14、#14/99 桜井 孝太郎/1994東京 ZAP SPEED スカラシップ/ザップスピード
   -/ -/ R/ R/ 15/ 13/ R/ 14/ 18/ 11/ R/ 11/ 4/12 25/    P12
15、#9 塩津 佑介/1995香川 ATEAM Buzz Racing/ATEAM Buzz Motorsport
   8/04 9/02 R/ -/ 11/ 10/01 11/ 12/ 16/ 17/ 9/02 13/ 11/ 14/    P09
16、#15 篠原 拓朗 /1994神奈川 Media DoADVICS影山F110/Media Do Kageyama Racing
   -/ -/ 6/08 17/ 12/ 12/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P08
17、#8 小山 美姫/1997神奈川 #USLETE Honda Racing//Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
   -/ -/ -/ -/ 17/ R/ 8/04 13/ 13/ 14/ 13/ 9/02 10/01 11/    P07
18、#80 大竹 将光/1994埼玉 OTG DL F4CHALLENGE/OTG MOTER SPORTS
   10/01 11/ 15/ 15/ 14/ R/ R/ 15/ 15/ 12/ 11/ 8/04 R/ 13/    P05
19、#77 大井 偉史/1997大阪 WARMTECH SkillSpeed/Skill Speed
   9/02 10/01 15/ 15/ 14/ R/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P03
20、#11 石崎 竜一朗/1997北海道 Rn-sports 制動屋 F110/Rn-sports
   28/ 12/ 20/ 13/ 10/01 11/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P01
20、#16 渡辺 大祐/1992静岡 Media Do.ADVICS影山 F1109-Media Do Kageyama Racing
   R/ R/ 14/ 23/ 27/ R/ 10/01 16/ R/ 15/ 16/ 31/ 13/ 24/    P01

ー、☆#2 中尾 恵史/1959奈良 TCS Racing Team/TEAM RIGHT WAY
   27/ 18/ 18/ R/ 27/ 21/ 17/ 29/ 19/ 28/ 22/ 28/ 18/ 19/    P
ー、☆#3 佐藤 セルゲイビッチ/1989東京 結婚の学校 フィールドモータースポーツ/FIELD MOTOR SPORT
   12/ 15/ 21/ 25/ 119/ 17/ 20/ 219/ 17/ 20/ 21/ 21/ 18/ 17/ 19/ 17/ 32/    P
ー、☆#4 佐々木 祐一/1964宮城 Day Dream Sendai F110/DAYDREAM RACING
   -/ -/ 26/ 20/ -/ -/ 22/ 25/ -/ -/ 19/ 18/ 19/ 21/    P
ー、☆#10 堀田  誠/1967愛知 アドヴィックスムータレーシング/Rn-sports
   18/ 21/ 29/ 22/ 24/ 20/ 19/ 24/ 28/ 29/ 26/ 21/ 22/ 27/    P
ー、#11/12 植田 正幸/1960和歌山 Rn-sports制動屋F110/Rn-sports
   -/ -/ 22/ R/ 20/ 14/ 18/ 20/ 34/ 19/ 21/ R/ 20/ 22/    P

ー、☆#21 RYO/1973ー M2 HDR Racing /M2 engineering
   -/ -/ -/ -/ 25/ R/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、☆#23 YUGO/1958神奈川 S2R Racing/N-SPEED
   25/ 26/ 32/ R/ 34/ 27/ 33/ 32/ 33/ 27/ 30/ 29/ 25/ 31/    P
ー、#25 堀尾 風允/1997愛知 SAMURAIサポーターズF4/TEAM SAMURAI
   13/ 24/ 33/ 14/ 18/ R/ 13/ 17/ 17/ 16/ 15/ 15/ 16/ 18/    P
ー、☆#27 SYUJI/1966神奈川 B-MAX ENGINEERING F4/B-MAX ENGINEERING
   26/ 25/ 30/ 21/ 31/ 25/ 27/ 33/ 30/ 26/ R/ 25/ 26/ 29/    P
ー、☆#28 斎藤 真紀雄/1973大阪 CS Marketing ES/イーグルスポーツ
   23/ 30/ 24/ 19/ 22/ 18/ 21/ 34/ 24/ 22/ 23/ 20/ 23/ 26/    P
ー、☆#29 井出 靖司/1965大阪 RSイディア イーグル/ イーグルスポーツ
   -/ -/ -/ -/ 29/ 23/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、☆#30DRAGON/1967神奈川 TEAM DRAGON F4/B-MAX ENGINEERING
   11/ 14/ -/ -/ -/ -/ 15/ 35/ 20/ 23/ 24/ 17/ R/ 17/    P
ー、#31 三枝 拓己/1997埼玉 RiNoA Racing project/NRS
   17/ 23/ 23/ 16/ 23/ 19/ 16/ 19/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、☆#34 菊池 博憲/1971東京 RT.WORLD/ー
   -/ -/ 31/ 28/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、#40 プッピブーン ティラウェート/1997タイ SACCESS RACING F4/SAccess Racing
   15/ 16/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、☆#43 吉田 基良/1956東京 ZAP SPEED F110/ZAP SPEED
   21/ 18/ 28/ 29/ 32/ 26/ 30/ 26/ 26/ R/ 27/ 26/ R/ 28/    P
ー、#44 小野寺 匠/1999群馬 SiGMA IMS F110/IMS
   -/ -/ 17/ 28/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、☆#71 大山 正芳/1965大阪 ダイワ通商/NAGISA AUTO/NAGISA AUTO MOTER SPORTS
   22/ 22./ 34./ 30/ 33/ 24/ 31/ 30/ 29/ 24/ 28/ 24/ 24/ 30/    P
ー、#73 塙  瞬佑1998 カローラ新茨城レオンキッズレーシング/C.S.I-REON KIDS RACING
   16/ 27/ 16/ 18/ 30/ 16/ 14/ 18/ -/ -/ 20/ 16/ 15/ 16/    P
ー、☆#86 大阪 八郎/1960大阪 Dr.Dry F110/ZAP SPEED
   24/ 19/ 27/ R/ 26/ 22/ 25/ 28/ 25/ 30/ 29/ 22/ 21/ 19/    P
ー、☆#98 IKARI/1961東京 26/ 22/ 25/ 28TOEI BJRacing F110/Bionic Jack Racing
   19/ 17/ 25/ 24/ 21/ 15/ -/ -/ 23/ 20/ 25/ 32/ 27/ 23/    P
ー、#15 高津 正勝/1983千葉 Media DoADVICS影山F110/Media Do Kageyama Racing
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 32/ 31/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、#18 馬場 優輝/ 北海道  Ambitious Racing/ATEAM Buzz Motorsport
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 26/ 22/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、#19 小見門 僚/1996東京  SilverStar Racing/SilverStar Racing
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 28/ 23/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
ー、#26 柴田 隆之介/1985三重 Biska RCOM SACCESS/サクセスレーシング
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ 24/ 27/ -/ -/ -/ -/ -/ -/    P
、#18 廣田 秀機/1966京都 ATEAM Buzz Racing/ATEAM Buzz Motorsport
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 22/ R/ -/ -/ -/ -/    P
、#22 DON LUCIANO/   L.B.ジャパンレーシング/ティ・エム・アール
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 32/ 25/ -/ -/ -/ -/    P
、#31 甲野 将也/1997埼玉 NRS F110/NRS
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 31/ 21/ -/ -/ -/ -/    P
、#33 稲垣 光司/ ASHIDA MFG Co.,Ltd/コウゲレーシング
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 27/ R/ -/ -/ -/ -/    P
ー、#15 塚田 海斗/2002東京 Media DoADVICS影山F110/Media Do Kageyama Racing
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ R/ R/ -/ -/    P
ー、☆#88 重森 芳文/ TCS Racing Team/TEAM RIGHT WAY
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 31/ R/ -/ -/    P
ー、#26 澤  龍之介/Ryunosuke SAWA/2002千葉 S-FJ鈴鹿・JKOK
     SACCESS RACING TPS サクセス レーシング
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 12/ 12/    P
ー、#96 荒川  麟/Rin ARAKAWA/1999埼玉 S-FJ鈴鹿
     ARAKAWASETUBI F110 アキランドレーシング 
   -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ -/ 14/ 15/    P

0

2019/11/5

2019 FIA F4 Rd.13-14 もてぎ リザルト  FIA F4 JAPAN シリーズ

2019 F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP(FIA-F4) 第8大会 もてぎ Rd.13-14
 2019 AUTOBACS SUPER GT Round.8 もてぎ GT250km RACE に併催
 2019年11月02-03日 ツインリンクもてぎ

◆ 2019 FIA-F4 第13戦
 予選:11月02日 決勝:11月02日
 エントリー35 出走35 完走27
 周回数13(規定周回数11)
※ S字コーナーでの停止車両回収のため、SC導入 3周回

予選結果 11月02日 晴れ/ドライ
 #7佐藤蓮 #24平木玲次 #37平良響 #5三宅淳詞 #14桜井孝太郎
 #6太田格之進 #63川合孝汰 #97石坂瑞基 #20木村偉織 #62神晴也
 #77小川颯太 #8小山美姫 #39岡本大地 #60菅波冬悟 #36野中誠太
 #9塩津佑介 #26澤龍之介 #16渡辺大祐 #25堀尾風允 #30DRAGON
 #80大竹将光 #96荒川麟 #73塙瞬佑 #3佐藤セルゲイビッチ #2中尾恵史
 #98IKARI #86大阪八郎 #11植田正幸 #10堀田誠 #4佐々木祐一
 #28斎藤真紀雄 #43吉田基良 #27SYUJI #71大山正芳 #23YUGO 以上予選通過
 
第13戦 決勝結果 11月02日 晴れ/ドライ
 #7 #24 #20 #14 #37
 #39 #36 #6 #5 #8
 #9 #26 #16 #96 #73
 #25 #3 #2 #4 #11
 #86 #10 #28 #71 #23
 *#27 **#98 以上規定周回数完走
 #43 #30 #60 #63 #97
 #62 ***#77 #80
※ S字コーナーでの停止車両回収のため、1周目から 3周回 セーフティーカーを導入した。
*:2019 FIA F4 Spr 第30条7.違反(反則スタート)により、ドライビングスルーのペナルティを課した。
**:国際モータースポーツ競技規則 付則H項第2章2-10-12違反(SC中の追い越し)により、最終競技結果に対しペナルティストップ10秒相当を含む50秒加算の罰則を課した。
***:2019FIA F4 Spr 第15条-1.2)(コースアウトを強いるもの)により、最終競技結果に対しドライビングスルーペナルティ相当を含む40秒加算の罰則を課したがリタイアのため執行を留保した。

予選トップタイム   1'57.438 #7 佐藤  蓮
決勝ファステスト   1'58.206 #24 平木 玲次
第13戦 優勝 #7 佐藤  蓮 SRS/コチラレーシング Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト


◆ 2019 FIA-F4 第14戦
 予選:11月02日 決勝:11月03日
 エントリー 35 出走 35 完走 32 周回数13規定周回数11)
※ T4-5間での停止車両回収のため、SC導入 3周回

予選結果 11月02日 晴れ/ドライ
 #7佐藤蓮 #5三宅淳詞 #63川合孝汰 #24平木玲次 #14桜井孝太郎
 #97石坂瑞基 #6太田格之進 #20木村偉織 #37平良響 #77小川颯太
 #39岡本大地 #60菅波冬悟 #62神晴也 #8小山美姫 #36野中誠太
 #9塩津佑介 #16渡辺大祐 #26澤龍之介 #25堀尾風允 #30DRAGON
 #80大竹将光 #96荒川麟 #73塙瞬佑 #3佐藤セルゲイビッチ #98IKARI
 #86大阪八郎 #2中尾恵史 #11植田正幸 #4佐々木祐一 #10堀田誠
 #28斎藤真紀雄 #43吉田基良 #27SYUJ #71大山正芳 #23YUGO
 以上予選通過

第14戦 決勝スターティンググリッド
 #7 #5 #63 #24 #14
 #97 #6 #20 #37 #77
 #39 #60 #62 #8 #36
 #9 #16 #26 #25 #30
 #80 #96 #73 #3 #98
 #86 #2 #11 #4 #10
 #28 #27 #71 #23 *#43
*:2019FIA F4 Spr 第23条 1(2本以上のタイヤ交換)により最後尾グリッドとする。

第14戦 決勝結果 11月03日 晴れ/ドライ
 #7 #63 #5 #24 #20
 #36 #6 #97 #39 #62
 #8 #26 #80 #9 #96
 #73 #30 #25 #2 #86
 #4 #11 #98 #16 *#14
 #28 #10 #43 #27 #71
 #23 *#3 以上規定周回数完走
 #37 #77 #60
※ T4-5間の停止車両回収のため、1周終了時から3周回セーフティーカーを導入した。
※ SC解除時のオーバーランのためNo.63に対して黒白旗を提示した。
*:2019FIA F4 SpR.第15条1.5) 危険なドライブ行為(衝突行為)により最終競技結果に対しドライビングスルー相当を含む40秒加算の罰則を課した。
**:国際モータースポーツ競技規則 付則H項2章2-5-5-1b 違反(黄旗区間の追い越し)により、最終競技結果に対しペナルティストップ10秒相当を含む50秒加算の罰則を課した。

予選トップタイム  1'57.531  #7 佐藤  蓮
決勝ファステスト  1'58.084  #63 川合 孝汰
第14戦 優勝 #7 佐藤  蓮 SRS/コチラレーシング Hondaフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ