2022/4/6

FRJ 2022 Rd.1富士  フォーミュラリージョナル F3

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 2022 (FIA F3 リージョナル)第1大会 第1-2-3戦
 2022 富士チャンピオンレースシリーズ第1戦に併催
 2022年4月02-03日 富士スピードウェイ

◆ FRJ Rd.1 エントリー 9台

◇ オーバーオールクラス 4台

 #3澤 龍之介    #6片山 義章    #8小山 美姫    #97小川 颯太 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



◇ マスターズクラス 5台

M #4今田 信宏     #11HIROBON    #14田中 優暉    #34三浦勝
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

#45 辻子 依旦
クリックすると元のサイズで表示します



0

2022/4/4

2022 FRJ 第1大会 リザルト  フォーミュラリージョナル F3

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 2022(FIA F3 リージョナル)第1大会 第1-2-3戦 リザルト
 富士チャンピオンレースシリーズ第1戦に併催
 2022年4月02-03日 富士スピードウェイ


◆ FRJ第1戦リザルト
 予選 4月02日 決勝 4月02日
エントリー 9 出走 9 完走 9 周回数 15 (規定周回数10)or30min

予選結果 4月02日 晴れ/ドライ
 #3澤龍之介 #97小川颯太 #8小山美姫 M#11HIROBON M#14田中優暉
 #6片山義章 *M#4今田信宏 M#34三浦勝 M#45辻子依
 以上予選通過
*:大会審査委員会は、#4の車両変更を、PITスタートを条件に認めた。

第1戦決勝スターティンググリッド
 #3 #97 #8 M#11  M#14
 #6 M#34 M#45  *M#4
 *:大会審査委員会は、#4の車両変更を、PITスタートを条件に認めた。

第1戦決勝結果 4月02日 晴れ/ドライ
 #3 #8 #6 #97 M#11
 M#14 M#34 M#4 M#45
 以上規定周回数完走

予選トップタイム   1'38.001 #3 澤 龍之介
決勝ファステスト   1'38.093 #3 澤 龍之介
Masters class ファステスト   1'38.942 #14 田中 優暉
第1戦 優勝 #3 澤龍之介 童夢F111-3/SUTEKINA RACING
マスタークラス優勝  #11 HIROBON 童夢F111-3/Rn-sportsF111-3


◆ FRJ 第2戦リザルト
 予選 4月02日 決勝 4月03日 AM
エントリー 9 出走 9 完走 9 周回数 15 (規定周回数11)or 30min
※ SCスタートとした。
 時間レースの為、周回数 14周(規定周回数10)に変更

予選結果 4月02日 晴れ/ドライ
 #3澤龍之介 #8小山美姫 #97小川颯太 #6片山義章 M#11HIROBON
 M#14田中優暉 M#34三浦勝 M#45辻子依
 以上予選通過
 未出走 *M#4今田信宏
*:大会審査委員会は、#4の決勝レース出場を、最後尾グリッドを条件に認めた。

第2戦決勝スターティンググリッド
 #3 #8 #97 #6 M#11
 M#14 M#34 M#45  *M#4
 *:大会審査委員会は、#4の決勝レース出場を、最後尾グリッドを条件に認めた。

第2戦決勝結果 4月03日 雨/ウエット
 #3 #8 #6 *#97 M#11
 M#4 M#34 M#14 M#45
 以上規定周回数完走
※ SC導入時刻:09:50(スタート)〜09:59(3Laps)
*:H項違反(SC中のスピン)により、訓戒のペナルティを科すす。
  H項違反(SC中の追い越し)により、ドライビングスルーのペナルティを科す。

予選トップタイム  1'36.861 #3 澤 龍之介
決勝ファステスト  1'59.968 #3 澤 龍之介
Masters class ファステスト   2'04.111 #11 HIROBON
第2戦 優勝  #3 澤 龍之介 童夢F111-3/SUTEKINA RACING
マスタークラス優勝  114 HIROBON 童夢 F111-3/Rn-sports F111-3

◆ FRJ 第3戦リザルト
 予選 4月02日 決勝 4月03日 PM
エントリー 9 出走 9 完走 9 周回数 15 (規定周回数11)or 30min
※ SCスタートとした。
 時間レースの為、周回数 13周(規定周回数9)に変更

予選結果(Q1予選セカンドベスト)  4月02日 晴れ/ドライ
 #3澤龍之介 #97小川颯太 #8小山美姫 M#11HIROBON
 *M#14田中優暉
 #6片山義章 **M#4今田信宏 M#34三浦勝 M#45辻子依
 以上予選通過
*:統一規則第28条8.(黄旗表示区間走行)により、当該周回タイムは採択されない。
**:大会審査委員会は、#4の車両変更を、最後尾グリッドを条件に認めた。

第3戦決勝スターティンググリッド
 #3 #97 #8 M#11  M#14
 #6 M#34 M#45  *M#4
 *:大会審査委員会は、#4の車両変更を、最後尾グリッドを条件に認めた。

第3戦決勝結果 4月03日 雨/ウエット
 #3 #97 #8 #6 M#11
 M#14 M#4 M#34 M#45
 以上規定周回数完走
※ SC導入時刻:13:45(スタート)〜13:57(3Laps)

予選トップタイム  1'36.861 #3 澤 龍之介
決勝ファステスト   1'57.170 #3 澤 龍之介
Masters class ファステスト   2'02.526 #11 HIROBON
第3戦 優勝  #3 澤 龍之介 童夢F111-3/SUTEKINA RACING
マスタークラス優勝  #11 HIROBON 童夢 F111-3/Rn-sports F111-3

クリックすると元のサイズで表示します


※ マシン/DOMUF111/3 エンジン/アルファロメオ タイヤ/DUNLOP のワンメイク
0

2022/4/2

FRJ 2022 Rd.1エントリ  フォーミュラリージョナル F3

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 2022 (FIA F3 リージョナル)第1大会 第1-2-3戦
 2022 富士チャンピオンレースシリーズ第1戦に併催
 2022年4月02-03日 富士スピードウェイ

◆ FRJ Rd.1 エントリー 9台

◇ オーバーオールクラス 4台

 #3 澤 龍之介 童夢F111-3/SUTEKINA RACING TEAM/PSCJ・ FIA F4

 #6 片山 義章 童夢F111-3/Team LeMans with OIRC OIRC/GT300・全日本F3

 #8 小山 美姫 童夢F111-3/Super License/W series・FIA F4

 #97 小川 颯太 童夢F111-3/Bionic Jack Racing/ FRJ・FIA F4

◇ マスターズクラス 5台

M #4 今田 信宏 童夢F111-3/ B-MAX RACING TEAM/FRJ・SFL・FIA f4

M #11 HIROBON 童夢F111-3/ Rn-sports/FIA F4・TCR

M #14 田中 優暉 童夢F111-3/Aイーグルスポーツ/FRJ・S耐・GT300

M #34 三浦 勝 童夢F111-3/C.M.S motor sport's project/FRJ・全日本F3・JAFF4

M #45 辻子 依旦 童夢F111-3/TOM'S FORMULA/FRJ・FIA F4


0

2022/4/1

2022 FRJ Rd.1専有走行結果  フォーミュラリージョナル F3

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 2022 (FIA F3 リージョナル)第1大会 前日専有走行 総合結果
 2022年4月01日 富士スピードウェイ

◆ タイムスケジュール 4月01日
 @ 11:30 〜 12:30  曇り/ セミウエット
 A 14:50 〜 16:50  曇り/ドライ

◆ 合同テスト結果
  Best Time  1st.ses  2nd.ses

1、 #3 澤 龍之介 Sutekina Racing SUTEKINA RACING TEAM/PSCJ・ FIA F4
  1'36.525/s2   1'.38.322/3   1'36.525/1

2、 #7 三浦 愛 F111/3 Super License/FRJ・全日本F3
  1'37.260/s2   1'.37.769/1   1'37.260/2

3、 #97 小川 颯太 Bionic Jack Racing Scholarship FRJ Bionic Jack Racing/ FRJ・FIA F4
  1'37.495/s2   1'.38.153/2   1'37.495/3

4、 #6 片山 義章 Team LeMans F111/3
 Team LeMans with OIRC OIRC/GT300・全日本F3
  1'37.761/s2   1'.38.50/6   1'37.761/4

5、 #45 C 安田 裕信 PONOS Racing TOM'S FORMULA/GT300
  1'38.354/s1   1'.38.354/4   ー   /-

6、 #8 小山 美姫 F111/3 Super License/W series・FIA F4
  1'38.421/s1   1'.38.421/5   1'38.452/5

7、M #4 今田 信宏 JMS RACING whit B-MAX  B-MAX RACING TEAM/FRJ・SFL・FIA F4
  1'38.539/s2   1'.39.650/7   1'38.539/6

8、M #11 HIROBON Rn-sports F111/3  Rn-sports/FIA F4・TCR
  1'38.663/s2   1'.40.063/10   1'38.663/7

9、M #14 田中 優暉 アスクレイ☆イーグルスポーツ イーグルスポーツ/FRJ・S耐・GT300
  1'39.061/s2   1'.39.650/8   1'39.061/8

10、M #34 三浦 勝 F111/3 C.M.S motor sport's project/FRJ・全日本F3・JAFF4
  1'39.390/s2   1'.40.013/9   1'39.390/9

11、M #45  辻子 依旦 PONOS Racing TOM'S FORMULA/FRJ・FIA F4
  1'44.478/s2   ー    /-   1'44.478/10
    

※ 参考 FRJ富士コースレコード: 1'36.080 阪口晴南 / Stekina#3
     2020.08.01 / ザ・ワンメイクレース祭り 2020 富士
※ 車両:童夢F111/3
  エンジン:アルファロメオ・ターボ
  ギアボックス:6速パドルシフト
  タイヤ:ダンロップ
0

2022/3/17

2022 FRJ 公式合同テスト 結果  フォーミュラリージョナル F3

FORMURA REGIONAL JAPANESE championship
 2022年 公式合同テスト結果
 2022年3月16日  富士スピードウェイ

◆ タイムスケジュール
  11:00〜12:00  13:00〜14:00 晴れ/ドライ

◆ 公式合同テストリザルト

1、1'37.470 #8小山美姫/Team Super License

2、1'37.543 #97A 小川颯太/ Bionic Jack Racing

3、1'37.586 #6片山義章/Team LeMans with OIRC

4、1'37.749 #4今田信宏/B-MAX RACING TEAM

5、1'37.912 #7岩崎有矢斗/Team Super License

6、1'37.994 #11 HIROBON/ Rn-sports

7、1'38.102 #14 田中優暉/イーグルスポーツ14

8、1'38.144 #97 澤龍之介/ Bionic Jack Racing

9、1'38.480 #34 三浦 勝/ CMS MOTOR SPORTS PROJECT

10、1'38.606 #30 内田雄大/ B-MAX RACING TEAM

11、1'39.308 #3佐藤セルゲイビッチ/Sutekina Racing

12、1'39.959 #39 小嶋禎一/ Freccia Rossa 22

13、1'41.235 #29 井出靖司/ RSイディア Eagle

14、1'42.701 #45 辻子依且/ TOM'S FORMULA

15、1'44.268 #23 YUGO/ N-SPEED





0

2022/3/16

2022 FRJ 合同テスト富士 エントリー  フォーミュラリージョナル F3

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP 2022 (FIA F3 リージョナル)合同テスト
 2022年3月16日 富士スピードウェイ

◆ FRJ 合同テストエントリー 14台18名

◇ Sutekina Racing
 #3 佐藤セルゲイビッチ/Sergeyvich SATO S-FJ・FIA F4 JAPAN series
◇ B-MAX RACING TEAM
 #4 今田信宏/Nobuhiro IMADA SFL・FRJ・FIA F4 JAPAN series
 #4A TBN
◇ Team LeMans with OIRC
 #6 片山義章/Yosiaki KATAYAMA FRJ・GT300・JF3
◇ Team Super License
 #7 岩崎有矢斗/Ayato IWASAKI JカートOK
 #7A 松浦孝亮 /kousuke MATSUURA GT300
 #8 小山美姫 /Miki KOYAMA FIA W series・FIA F4 JAPAN series
◇ Rn-sports
 #11 HIROBON/ヒロボン FIA F4・TCR JAPAN series
◇ イーグルスポーツ
 #14 田中優暉/Yuki TANAKA FRJ・S耐・GT300
 #14A 平峰一貴/kazuki HIRAMINE GT300・JF3・FCJ
◇ N-SPEED
 #23 YUGO/YUGO FIA F4 JAPAN series
◇ RSイディア Eagle
 #20 井出靖司/Yasushi IDE FIA F4 JAPAN series
◇ B-MAX RACING TEAM
 #30 内田雄大/Yudai UCHIDA S耐・GT300
◇ CMS MOTOR SPORTS PROJECT
 #34 三浦 勝/Masaru MIURA FRJ・JF3・JAF F4
◇ Freccia Rossa 22
 #39 小嶋禎一/Tadakazu KOJIMA Formula enjoy
◇ TOM'S FORMULA
 #45 辻子依且/Yorikatsu TSUJIKO FRJ・
 #45A 安田裕信/Hironbu YASUDA GT300・FCJ
◇ Bionic Jack Racing
 #97  澤龍之介/Ryunosuke SAWA FRJスポット・PSCJ・FIA F4 JAPAN series
 #97A 小川颯太/Sota OGAWA FRJスポット・FIA F4 JAPAN series


車両:童夢F111-3 / EG :アルファロメオ1750ccターボ / タイヤ:ダンロップ

0

2022/2/9

BJ Racing FRJスカラシップを発表  フォーミュラリージョナル F3

2020年からFIA F4のスカラシップで澤龍之介(2020)や岩澤優吾(2021)など若手の育成を後押しして来たバイオニックジャックレーシングが、2022年はフォーミュラリージョナルジャパン参戦へのスカラシップを発表した。(FIA F4に関しては現在不明)

 Bionic Jack Racing
FORMULA REGIONALスカラシップ

 Super GT2019 GT300シリーズチャンピオンの高木真一が運営するバイオニックジャックレーシングは、2022年よりFIA-F4から次へのステップアップを目指す若手ドライバーのサポートをすることになりました。
 サポート内容は通常費用の約50%の資金援助をさせていただきますので、ご興味のある方はお問い合わせください。
​ やる気のある方、バイオニックジャックレーシングと一緒に戦いましょう。

 Bionic Jack Racing FORMULA REGIONAL スカラシップ
<バイオニックジャックレーシング スカラシップ概要>

https://df473eff-dc87-4831-b0d3-5835fe547262.filesusr.com/ugd/f07406_4e66d9d69b644aa696930f0a82555f70.pdf

■募集要項
スーパーGT2019 年 GT300 シリーズチャンピオンの高木真一が運営するバイオニックジャック レーシングは、2022 年より FIA-F4 から次へのステップアップを目指す若手ドライバーのサポー トをすることになりました。サポート内容は通常費用の約50%の資金援助をさせて頂きます ご興味のある方は、お問い合わせください。
やる気のある方、バイオニックジャックレーシングと一緒に戦いましょう!

<サポート内容>
■2022 年 FORMULA REGIONAL 選手権(フル参戦又はスポット参戦)
・FORMULA REGIONAL 車両レンタル費用(エンジンレンタル費用含む) ・工場およびレースウィークにおける車両メンテナンス費用 ・サーキットへの車両機材の運搬費用 ・走行日数:レースウィーク木曜日~日曜日までの 4 日間と事前テスト1回を予定 ・レースウィークに使用するダンロップタイヤ使用セット数
第 1 大会から第 5 大会(1 大会 3 レース)のレースウィーク(6 セット×5 大会=30 セット) 第 6 大会(第 6 大会のみ 2 レース)のレースウィーク(4 セット×1 大会=4 セット) 事前テスト 1 回(1 セット)
・ガソリン、オイル、ブレーキパッド等の消耗品 ・レースへのエントリー費用(1 レース 55 万円税込)
※新型コロナウイルス等の影響で、テスト予定日数を消化できない場合等、
ご了承、ご理解頂く場合がございます。

<ドライバー本人負担>
・フル参戦の参加費 1500 万円(税別)
・スポット参戦の参加費 例:富士スピードウェイ約 250 万円(サーキットにより変動) ・ドライバー個人の競技ライセンスおよびサーキットライセンス取得費用、保険費用 ・レース参戦に必要なエクイップメント費用(ヘルメット、シューズ、グローブ、
HANS デバイス、アンダーウェア等)
・ドライバー個人経費(交通費、宿泊費等)
・上記以外の練習走行にかかる費用一式 ・車両破損時の修復費用(修復に必要とするパーツ代金を含む)※車両保険加入を強く推奨

■応募資格:
2022 年 FORMULA REGIONAL 選手権への参加可能な競技ライセンスを取得可能なドライバー 未成年者の場合、本プログラムへの応募および 2022 年 FORMULA REGIONAL 選手権シリーズ への参戦に際、親権者の同意が得られること。

クリックすると元のサイズで表示します




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ