2006/12/11

26歳の頃  思い出

私は、26歳の頃東京の銀座で仕事をしていた。
今考えると、ありえないほど仕事をしていた。
体も、あの時ぼろぼろになったような気がする。
そして、仕事至上主義でした。
子供の病気を理由に休む社員を
苦々しい思いで見ていた。。。。。
傲慢だったと思う。

福島に帰って来ても、それはあまり変わらなかった。
仕事で、お金はあっても、母と旅行に行く事も、
自分で一緒に買い物に行ってあげる事もしなかった。
「お小遣いあげるから、行っておいでよ。
年取ったら一緒に行こうね♪」・・・
そうこうしている内に、母は死んでしまった。

母が、最後に教えてくれたことがある。
何者にも変えられない存在があると言うこと。
娘にとっての私は、おそらくそうなのだろう。。。
いえ、私にとっての娘がそうなのだ。
家族がそうなのだ。

最近、素敵な女性と会う事が多い。
彼女だったら、これからどう生きていくのだろう?
興味があります。応援もしたいです。

娘を言い訳に仕事に踏み込むことを避けて来た、
この10年間をなんて説明しよう。
ほんの少し恥ずかしい。
娘や、家族にすべて向いていたわけでも無く、
不満だけを溜め込んで来た様な気がします。


母親に、してもらえなかったことだけを数えてきたのかも
これからは、してあげられることを考えて生きて行きたい。
とりあえず、検査に行ってくるか。。。

クリックすると元のサイズで表示します

(今日までに知り合ったすべての人に・・・CHU♪
嫌って言うな〜〜〜。笑。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/12/11  23:30

 

||<#ffffff' style=';color:#003AEA;font:16pt;' ``千の風||



'''私の墓石の前に立って 涙を流さないでください。'''
'''私はそこにはいません 眠ってなんかいません。'''

[[attached(1,cent... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ